リーダーとしての本物の「自信」に向かって

研修を通じて気付けたこと・今後に役立てられること

全ての仕事はコミュニケーションと結びつけると豊かになる

研修前までは、コミュニケーションと結び付けず単なる作業としてやってしまっていた仕事がいくつかありました。しかし、研修の中で自分がこれまでやってきた仕事に関して改めて考えてみると、コミュニケーションをとった方がより質の高い仕事になる作業がたくさんあることに気がつきました。今後、自分が持っているあらゆる仕事をコミュニケーションと結び付け、より質の高い仕事をこなしてけるようにしていきたいです。

信頼と自信のメカニズムとその積み立て方

研修前までは、自信は成功体験によってしか得ることができないと思っていました。しかし、研修中に「自信=自分との約束を守り続けること」だと聞いて、これまで以上に自分自身で決めたこと・発言したことに対して誠実であり続けたいと思いました。今後も、自分自身との約束を守り続けることで自分自身にも、メンバーにも誠実なリーダーでありたいです。

自らの弱みと向きあい続ける

私は、弱みがたくさんあります。そして、できないこともたくさんあります。しかも、人にはその弱みやできないことは見せたくないとこれまで思い、必死でできない自分、弱身を持った自分を隠して生きていました。でも、この研修を通して、弱みと向き合い続けることこそが本質かつ重要で、弱みと向き合い続けている人こそ周りから信頼されるリーダーになっていくと学びました。今後、周りから本当に信頼されるリーダーになっていけるよう自分の弱みから逃げずに向き合い続けていきます。

研修参加前後での心境の変化・研修講師やA&PROメンバーへのメッセージ

この研修の前後で、リーダーとしての考え方が大きく変わっていきました。私は、これまでリーダーの役職に就くことが多く成功体験も多かったので自分のリーダーとしてのコミュニケーションの取り方に自信がありました。しかし、最初の1時間でいかに自分のこれまでのリーダーへの考え方が甘かったかを痛感しました。そこから2日間自分の弱さやできないことと向き合い続けた結果、リーダーとして今後「自分の弱さを向き合うことを大切にしたい」「常に準備ができた状態でいる」「知恵を持つ」など価値観が大きく変わっていきました。今後も、この視点や価値観を忘れず突き進んでいきたいです。

最後に、この研修を通して2日間私に厳しくも愛を持って向き合ってくださった森口さん、そしてこの研修を実施するにあたって準備を進めてくださった皆さん本当にありがとうございました。

これからリーダーシップゼミを受ける人へのメッセージ

これからリーダーを志す人にとってはもちろん、既にリーダーとして活動している人にとっても非常に学びの多い濃い2日間になると思います。

私も、研修参加前までは2日間で変わるわけがないと思っていました。しかし、研修で自分と向き合い続けた結果、大きく姿勢や価値観が変わっていきました。是非、この研修に対して真摯に向き合ってみてください。応援しています。

研修を通じて学んだこと

  • 全ての仕事はコミュニケーションと結びつけると豊かになる
  • より説得力のある方に従う
  • 物事は原理・原則通りに動く
  • 信頼と自信のメカニズムとその積み立て方
  • 人の時間を奪ってるという認識を持つことが大切
  • 目標はSMART+Cに基づいて設定する
  • 自らの弱みと向きあい続ける
  • 知恵を使え
  • 責任を与えるときには権限と義務を必ずセットにして渡す。
  • リーダーは準備できている人がなるべきもの。
  • ノルマをコミットメントにシフトさせる
  • コーチングの方法とその怖さ

この記事の著者/編集者

須藤 紗也香 早稲田大学  

するとコメントすることができます。

新着コメント

  • 田村稔行

    早稲田大学 基幹理工学部 情報通信学科 2021年12月11日

    今までリーダーの経験をされてきた須藤さんだからこそ、メンバーとのコミュニケーションや、周囲との向き合い方、そしてまずは自分との向き合うこと。それぞれについて感じることが多くあったのではないかと感じます。
    根幹の誠実な姿勢を通して、須藤さんが自身との約束を通して自信を付け、更には周囲のメンバーに向き合い信頼あるチームを今後も作っていき、活躍されることを応援しています。

最新記事・ニュース

more

復習回数を闇雲に増やしたり、ノートいっぱいに何度も書かせる記憶法は、社会に出てから通用しない。 多忙なリーダーは、重要事項を一発で覚える。 たとえそれができなくても、復習回数を最小限にし、効果的・効率的に記憶することが大切。

「やばい、キャパオーバーしていて仕事を回しきれていない・・・。」成果を生み出すためにリーダーを務め、多くの責任を引き受けたのはいいものの、こうした悩みを抱く方は少なくないと思います。本記事は、リーダーの方の中でも、「仕事を回しきれていない。」と実感している方、経験した方、キャパオーバー対策したい方に届けていくことを想定して進めていきます。キャパオーバーは解決できます!

そもそもプロジェクトとは何か。それを知ることによって、あなたが現在取り組んでいる活動をもっと豊かにすることができるはずです。プロジェクトの基本を学び、そのプロセスについて考えてみましょう。

大庭彩 上野美叡 2Picks

タスクには明確に優先順位が存在し、正しい優先順位でタスクに向き合うことが締め切りへの余裕につながります。緊急度と重要度のマトリックスを用いて改めてタスクへの優先順位をつけることを意識したいです。

大庭彩 1Picks

皆さんがリーダーを務める組織にはMVVやスローガンと言ったメンバー全員が認識している「共通目標」はありますか? そして、今その「共通目標」を何も見ずに口ずさむことができますか? もし、一度決めたことがある共通目標が形骸化してあまり浸透していない場合は私と同じ苦悩を経験するかもしれません。

大庭彩 1Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1~3を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「自分と仕事をしたいか」と思われているかどうかは他者の言動を大きく変化させます。相手方の時間を頂いているという認識があなたの評価を変えるでしょう。適切な準備を行うことで周囲と豊かな関係性を築きたい方に必見の記事です。

大庭彩 香山 渉 谷口 宗郁 3Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。