リピート率を高める対応

今月の研修:サービス理論(基礎2)

今回の研修では、顧客内シェア(顧客満足度)の向上を目標にしているOne To Oneマーケティングについて学びました。

この記事では、私が頻繫に通ってるアパレルブランドの丁寧な接客を例に、顧客内シェアを高める具体的な方法について説明していきます。

皆さんも是非、過去に受けた良い接客やサービスを思い出してみてください。きっと、マーケティングについて理解を深めることが出来ると思います。

私がリピーターになった時

私はショッピングが大好きなので、よく行くのですがその中でも記憶に残った接客を紹介します。

ショッピングをしている際に、あるブランドのお店に家族で訪れた時のことです。とても積極的に話しかけてくれる店員だったため、普段よく着るファッションについて話しました。そのおかげか、より好みを理解してくれ、店頭に展示されていなかった服も何着か持ってきてくれました。そして、その服を試着した際にどれもこれも勧めるわけではなく、体型に似合っている方だけを勧めてくれたのです。その際にデザインやコンセプトについても詳しく話してくれたため、会話がより一層楽しく感じ、「良い買い物ができたね。またあのお店に行こうね」と家族で話したのを覚えています。

この出来事で私がリピーターになったポイントは4つあると考えます。

①積極的なコミュニケーション

積極的に話しかけてくれたという部分から、好みを理解し、似合うものを探してくれようとしている真剣さが伝わってきました。

②特別感を与える

店頭に展示されていない商品も似合いそうだからと言って持って来てくれたため、特別感が味わえました。(また、この店員さんは多くの商品について知っているんだと感じ、商品を紹介してもらいたいと感じました。)

③誠実な行動を取る

体型に似合う方だけを勧めてくれたため、売り上げよりも似合う似合わないを中心に考えてくれていることから誠実さを感じ、信頼感が生まれました。

④自分が所属している組織のファンになる

デザインについて話してくれた際に、説明がとても詳しかったため店員もそのブランドのファンだと伝わってきて、その熱意から商品がさらに魅力的に感じました。

このことから、積極的にコミュニケーションを取る特別感を与える誠実な行動をとる自分が所属している組織のファンになることでリピーターを増やすことができると考えます。

理想の歯科医院

私が将来開業したい理想の歯科医院を例に、具体的に4つのポイントを考えていきます。

①積極的にコミュニケーションを取る

・患者さんが痛いと言っているところだけ直すのではなく、ほかに気になるところがないか細かく聞く

・人によっては質問の仕方を変える(人見知りのひとには一言で答えられるような質問からはじめる)

②特別感を与える

・一人ひとりに合った治療をする(それぞれにあった歯磨き指導など)

・カルテにしっかりと苦手なものなどを細かく記録する(流れ作業化しない)

③誠実な行動をとる

・利益だけを考えるのではなく、治療に対してのリスクを細かい事までしっかりと伝える

・患者に対するホスピタリティを高める(待ち時間を極力短くするなど)

④自分が所属している組織のファンになる

・定期的にミーティングなどをして、従業員間で共通の目標を持つ

・情報に敏感になり最先端治療を取り入れ、サービスを充実させる

将来このようなポイントを重視した歯科医院を開き、顧客内シェア(顧客満足度)を高められるようにしてリピーターを増やしたいです。

これから研修を受ける方々へ

リピーターを増やすには、コミュニケーション、特別感、誠実な行動、組織のファンになるという4つのことが大切になると考えます。ぜひ皆さんも自分がリピーターとなっている飲食店やブランドなどの接客を思い出して、なぜそのお店に何度も訪れているのか理由を考えて、今後の生活に活かしてみてください。

研修で学んだこと

  • マスマーケティングの概念
  • One To Oneマーケティングの概念
  • 顧客識別について
  • カスタマイゼーションについて
  • 学習関係について
  • 生涯価値について
  • LTV
  • COPQ

この記事の著者/編集者

岩田 舞乃   

歯科医師を目指して頑張っています。プロジェクトを通して、将来の歯科医療に貢献したいと考えています。

するとコメントすることができます。

新着コメント

最新記事・ニュース

more

復習回数を闇雲に増やしたり、ノートいっぱいに何度も書かせる記憶法は、社会に出てから通用しない。 多忙なリーダーは、重要事項を一発で覚える。 たとえそれができなくても、復習回数を最小限にし、効果的・効率的に記憶することが大切。

「やばい、キャパオーバーしていて仕事を回しきれていない・・・。」成果を生み出すためにリーダーを務め、多くの責任を引き受けたのはいいものの、こうした悩みを抱く方は少なくないと思います。本記事は、リーダーの方の中でも、「仕事を回しきれていない。」と実感している方、経験した方、キャパオーバー対策したい方に届けていくことを想定して進めていきます。キャパオーバーは解決できます!

そもそもプロジェクトとは何か。それを知ることによって、あなたが現在取り組んでいる活動をもっと豊かにすることができるはずです。プロジェクトの基本を学び、そのプロセスについて考えてみましょう。

大庭彩 上野美叡 2Picks

タスクには明確に優先順位が存在し、正しい優先順位でタスクに向き合うことが締め切りへの余裕につながります。緊急度と重要度のマトリックスを用いて改めてタスクへの優先順位をつけることを意識したいです。

大庭彩 1Picks

皆さんがリーダーを務める組織にはMVVやスローガンと言ったメンバー全員が認識している「共通目標」はありますか? そして、今その「共通目標」を何も見ずに口ずさむことができますか? もし、一度決めたことがある共通目標が形骸化してあまり浸透していない場合は私と同じ苦悩を経験するかもしれません。

大庭彩 1Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1~3を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「自分と仕事をしたいか」と思われているかどうかは他者の言動を大きく変化させます。相手方の時間を頂いているという認識があなたの評価を変えるでしょう。適切な準備を行うことで周囲と豊かな関係性を築きたい方に必見の記事です。

大庭彩 香山 渉 谷口 宗郁 3Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。