新型コロナウィルス感染症への安全対策

研修参加者およびスタッフの安全を確保するため、新型コロナウィルス感染症への安全対策として下記の措置を講じています。

なお、⾏政の⽅針を踏まえ必要に応じて適宜改訂を⾏います。

基本は2020年6月1日の案内と同じで、引き続き研修参加者には安全対策のご協力をお願いしています。

※今回は、研修参加者による健康チェックの提出が追加されましたので再度ご案内しております。

■研修会場の取り組み

・毎日、通常清掃およびドアノブなど⾼頻度接触⾯の消毒を実施しています。

・イオン放出およびフィルターろ過による24時間空気清浄、定期的に窓を開放して換気しています。

 ※暑さ・寒さに備えた服装等の準備をお願いします。

・研修会場⼊⼝に消毒液を設置し、⼿指消毒を励⾏しています。

・通常の半分以下の密集度で研修をしています。(レイアウトは適宜改善)

・インフルエンザ対策および咳エチケットを継続しています。

■スタッフの取り組み

・発熱などの⾵邪症状や味覚・嗅覚の障害が過去 2 週間以内にある場合は出勤を禁⽌しています。

・毎出勤時に「健康チェック」の提出を義務付け健康管理を徹底しています。

・通勤・勤務時のマスク着⽤を義務付けています。

・こまめな⼿指消毒を励⾏しています。

■ 研修参加者へのお願い

・症状の有無にかかわらず必ずマスクを着⽤して研修を受けてください。

・発熱などの⾵邪症状や味覚・嗅覚の障害が過去2週間以内にある場合は研修参加をお控えください。

・参加時に「健康チェック」の提出をおこなってください。場合により研修への参加を控えていただきます。

・屋外から研修会場へ⼊った際には、手指消毒を実施してください。

■ 感染が判明した場合

・研修参加者・スタッフに感染(PCR 検査陽性)が判明した場合は、保健所による感染源調査・接触者調査・施設調査、および濃厚接触者の決定と事業者への助⾔・指導にしたがいます。また速やかに関係者へ連絡いたします。

・スタッフ・研修参加者におかれましては、感染者の特定および感染者に対する差別・偏見・誹謗中傷につながる発言・行動がおこらないようご理解とご協力をお願いします。

■無理はしない

重症化しやすいご高齢の方がご家庭にいるなど、研修参加者におかれましては、それぞれのご家庭の事情も判断材料に含め、くれぐれも無理をなさらないよう行動してください。

■重要

当然ではありますが、ニュース・報道等に注意し、公的指示・命令が発せられたときは、それに従って行動してください。

■デマに惑わされず、冷静な行動を

「他力本願にならず自身が出来ることに集中する大切さ」を学ぶチャンスです。

健康的な食事・運動・睡眠や健全で前向きな考え・心は免疫力を高め、有効な予防策とも言えます。

ただ不安になるのではなく、免疫力を高める機会としましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■研修参加者の健康チェック■

次の項目すべてにチェックがついた時のみ研修に参加可能です。

□過去 2 週間以内、次の①~③のいずれも該当しない

 ①息苦しさ、強いだるさ、高熱等の強い症状のいずれかがある

 ②発熱や咳など比較的軽い風邪症状が続いている

 ③味覚・嗅覚に異常がある

□保健所からの指示による所属組織の閉鎖はおこなわれていない(新型コロナウィルス等の理由)

□研修参加前に検温済み(37.5度未満)であり、手指の消毒を済ませ、マスクを着用している。

⇒Gmap-cに反映

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■スタッフの健康チェック■

次の項目すべてにチェックがついた時のみ勤務可能です。

□過去 2 週間以内、次の①~③のいずれも該当しない

 ①息苦しさ、強いだるさ、高熱等の強い症状のいずれかがある

 ②発熱や咳など比較的軽い風邪症状が続いている

 ③味覚・嗅覚に異常がある

□保健所からの指示による所属組織の閉鎖はおこなわれていない(新型コロナウィルス等の理由)

□通勤前に検温済み(37.5度未満)であり、手指の消毒を済ませ、マスクを着用している

⇒勤怠管理システムに反映

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事の著者/編集者

A&PRO    

- 中高生から社会人までを対象とした人財育成 -

最新記事・ニュース

more

単なる就業体験では意味がない。 単なる発表会でも意味がない。参加者の能力開発にこだわった3日間の集中プログラム。 今のうちに自身の限界にチャレン…

嶋田 夏生 草野柾樹 原 駿介 星野 歩華 齋藤祐太 17Picks

復習回数を闇雲に増やしたり、ノートいっぱいに何度も書かせる記憶法は、社会に出てから通用しない。 多忙なリーダーは、重要事項を一発で覚える。 たとえそれができなくても、復習回数を最小限にし、効果的・効率的に記憶することが大切。

今や社会人に必須のスキルとされている報連相。その重要性は誰もが知るところですが、時が経つにつれて報告・連絡・相談の目的や意図が本来のものから逸れてしまい、意味を勘違いしている社会人が増えてきました。 この記事では報連相の正しい意味と活用方法について分かりやすくご紹介します。

社会は常に変化し続けています。立ち止まればどんどん遅れていくことになります。

大きな課題に怖気付いたり、ミスに落ち込んでしまう方がほとんどではないでしょうか。私も前者に近い状態です。しかし、そのような状態ながらも、大変なことに対してプラスに捉えることができるようにと心がけていることがあります。

私は正直、2日間で自分の考えがここまで大きく変わるとは参加前は思っていませんでした。 これはこの研修が、ただただ新しい知識を先生から学ぶのではなく、納得できるまで本質を考え、自分と向き合うことができるからこそだと思います。そして、何より大学生の自分に、ここまで真剣に向き合い、厳しく指導してくださる大人に出会えたからです。こんな機会滅多にないので、迷っている方はぜひ参加をおすすめします。

田村稔行 藤原穫 信宗碧 3Picks

そんな「短期間で簡単に過去の自分を変えることなんて不可能だ」と感じる方が大多数だと思います。しかしながら、自身が徹底的に弱みと向き合い続け、目標とするリーダー像に成長したいと思う意思を持っていれば、必ず変われます。この研修には、それを応援してくれる森口さんと仲間がいます。

藤原穫 田村稔行 信宗碧 3Picks

これまでにリーダーシップの研修やインターンに参加したことがある人でも、必ず新しい発見が得られる研修です。私自身、2日間という短い時間の中でひたすら考え、そして行動する習慣を身につけることができました。また、自分自身としっかりと向き合い、自分の弱さを誠実に受け止めることができるようになりました。それは、「本気で変わりたい」という気持ちを真剣に持つことができるようになったからです。

藤原穫 田村稔行 信宗碧 3Picks

この研修の中で誠実という言葉が1つ重要であった研修であったと思います。ただの事実を述べる”正直”とは違い、”誠実”は本来あるべき姿に事象を持っていくことです。リーダーは自分と向き合い、弱さに向き合い、成長していく自分に対しての誠実さはもちろん、チームのメンバー・顧客等々、あらゆる立場の人に対して誠実でなければなりません。

田村稔行 藤原穫 信宗碧 3Picks