謙虚さは成長角度を上げる

クレド4.誠実・謙虚であれ

周りの人たちに対して、損得ではなく誠実・謙虚に行動していきます。小さな約束もきちんと守り、信頼を積み重ねていきます。

初めに

「自分なら大抵のことは上手くいく」

このような考え方を持っている人は傲慢な人のサインです。

私自身も以前はこのような考え方を持っていました。しかし、それは自身の成長機会を損なっていると気づいたのです。

では、「傲慢」と「謙虚」にはどのような違いがあるのでしょうか。

傲慢と謙虚の違い

「傲慢」と「謙虚」は対になる言葉で、辞書で調べると次のように出てきます。

傲慢:驕り高ぶって人を侮ること。見下して礼を欠くこと。
謙虚:謙遜で心にわだかまりのないこと。控えめで素直なこと。

私は、謙虚な人であればあるほど成長できると考えます。この二つは単なる「性格の差」だけではなく、あなたの成長角度に関わるのです。

なぜこの性格の差が成長角度と関係があるのか、下の章で考察していきます。

傲慢な人

傲慢な人の特徴は以下の通りだと考えます。

・他人の悪いところに対して:自分が勝っていると思う
・他人の良いところに対して:自分が負けていると感じて自己嫌悪になる

つまり、傲慢な人は他人を比較対象として見ているのです。

ここで以前私が傲慢だった例を紹介します。

ビジネススクールに通っていた頃、事業内容を発表する場面で私の傲慢さは発揮されました。
他人の事業がうまくいってない際に勝っていると考え、自分だったらどうするかを考えませんでした。
一方、自分よりうまくいっている事業があれば負けていると感じ、他人よりもできると思っていた変な自信から落ち込んでいました。また、他人からのアドバイスも斜に構えて素直に受け止めていなかったことも覚えています。

このように傲慢な人は他人と自分を比較するため、ナンセンスな勝ち負けに意識がいき、そこから先にある学ぶべきことに目が向かないのです。その結果、自身の成長機会を作ることができず、成長角度が下がります

謙虚な人

一方で謙虚な人の特徴は以下の通りだと考えます。

・他人の悪いところに対して:自分も気をつけようと心がける
・他人の良いところに対して:自分もより頑張ろうと思う

つまり、謙虚な人は他人を観察対象として見て、そこから学ぼうとするのです。

以前私が謙虚になれた例を紹介します。

私がA&PROで記事を書き始めた頃、メンバーからのフィードバックに圧倒されました。当時はまだ私が傲慢だったため、変な自信を失ったことで、「自分はフィードバックのセンスがないのだ」と落ち込んでばかりいました。しかし、メンバーに追いつきたいという思いから、他人のフィードバックを観察し、良いところを一般化し、メモにまとめるようにしました。加えて次回の活動ではそれを取り入れてフィードバックをし続けたところ、自身のフィードバックの能力も上がったと実感しています。

このように謙虚な人は他人を観察対象として見て、悪いところも良いところも学ぼうとします。その結果、周囲のあらゆることから成長する機会を見出し、成長角度が上がります

謙虚な人になるには

謙虚な人になるには、まず他人の良いところをたくさん探してみてください。

私が謙虚になれたきっかけであるA&PROのフィードバックのエピソードでは、とにかくメンバーのフィードバックの良かったところを見つけるところから始めました。注意深く観察すると「否定せずなぜを繰り返しているな」「伝えたいメッセージに繋がる問いを投げて気づかせているな」と気づくことができました。

他人の良いところを見つける癖がついたらきっと他人を観察できている証拠です。それを自身に生かすように心がければ、あなたは謙虚に学べるような素晴らしい人間になっているはずです。

最後に

今回はクレドである”誠実・謙虚であれ”の謙虚であることに注目して、成長という観点と紐付けて記事を執筆しました。傲慢な人ほど、まずは他人の良いところを見つけ、斜に構えることなく自身に生かすことを心がけてみてはいかがでしょうか。

この記事の著者/編集者

中都智仁 早稲田大学 教育学部数学科 

早稲田大学在籍。サークルとバイトだけの大学生生活を送っていたが、コロナ禍になり自分のキャリアを見つめ直し、ビジネススクールに入校。
『もっと早くからキャリアを考えればよかった』という後悔からキャリア支援団体のen-courageで早稲田生のキャリア支援をしている。1、2年生向けのイベントを企画する部署のリーダーを務めたり、メンバー採用の最終フェーズの担当者を務めたりしていた。
メンバーの成長を促進する一流のリーダーになるべく、リーダーズカレッジに参画。

するとコメントすることができます。

新着コメント

最新記事・ニュース

more

早稲田大学商学部の4年生。 "新たな価値観を知りたい"という思いのもと、幼少期から多くの挑戦を重ねてきた。 大学時代は様々な方法で将来の進路に悩む中高生のサポートに力を入れてきた。大学四年時は自らができる価値提供先を増やしたいと考え、キャリア支援団体にて就活生の自立支援をおこなっている。団体においては人事部署のリーダーを務め、組織力の向上を目指している。

報告・連絡・相談。 言葉だけを知っていても意味がない。 報告・連絡・相談の違いと「判断力・決断力」の関係 報告・連絡・相談のタイミングと「マネジメント・人材育成」の関係 これらを理解し、効果的に使い分けることが重要。 理屈と機能を理解することでチームワークが大きく向上したいリーダーのための研修です。

荒 諒理 川瀬 響 本田花 須賀渉大 上野美叡 19Picks

リーダーシップゼミやビジネス基礎研修で学んだことを、机上の空論とせずに実践し続けることが重要。プロジェクト年間計画をもとに毎月、リーダー同士でチ…

本田花 西本 明希 谷口 宗郁 香山 渉 古屋大和 15Picks

単なる就業体験では意味がない。 単なる発表会でも意味がない。参加者の能力開発にこだわった集中プログラム。 今のうちに自身の限界にチャレンジし、社…

嶋田 夏生 草野柾樹 原駿介 星野歩華 伊藤純希 65Picks

今回の研修で弱みを初めて言葉にし、弱みが単に触れたくないものから、本気で克服したいものへと変わっていきました。自分の弱さと向き合うことはその瞬間は苦しいですが、本気で自己変革をしたいと思う原動力になります。今後は自身の弱さから目を背けず、向き合って準備をやりきり、自分にも相手にも約束を積極的にして守り続けられる人になりたいと強く思っています。

須賀渉大 古屋大和 2Picks

世の中の商材は有形商材と無形商材に大別されます。それぞれの長所を理解し、活かすことで生産性の高いサービスを作り上げましょう。

研修前の自分は正直、リーダーの経験はこれまでたくさんやってきたし、ノウハウなんてどうせ知っているものだろうと思っていました。しかし、この研修をしてみて自分のリーダー力はまだまだだなと心の底から思うことができました。

研修講師の森口様は、私を学生扱いして甘やかすことなく、社会人としてできているところは褒め、できていないところはしっかりできるように宣言させてくださった。2日間で学生としての甘えについて顧みて向き合うことができた。学生だから」という理由で社会人に甘やかされてきたり、時間が有り余っていることが当然であると感じたりしている人がほとんどだと思う。そのような人にこそ研修を受けてほしい。

田村稔行 1Picks

メンバーの主体性を引き出すためには戦略的にメンバーを育成する必要があります。メンバーの主体性を引き出したいリーダーにはぜひ読んでほしい記事となっています。

星野歩華 信宗碧 原駿介 3Picks