受動的な「勉強」ではなく、能動的な「学び」で成長する

クレド7.好奇心旺盛・常に学ぶ

我々の活動における身近な事柄に興味を持ち、深く学ぶことを大切にしていきます。教え上手は当たり前、学び上手であれ。仕事を通じて、人生を豊かにする人間へと成長していきます。

「勉強」と「学び」の違い

勉強に対するモチベーションが上がらない経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか?

学び上手な人は学びに対するモチベーションが上がらないことがあまりない人だと思います。

「学び上手」を説明するために、まず「学び」とは何なのかを「勉強」と比べて説明したいと思います。

「勉強」はただ学習することであり、

「学び」は現状と理想の差分を埋めるための知識の吸収や経験のことです。

勉強はmustで取り組むもの
学びはwantで取り組むもの

上の図の通り「勉強」は学校の授業などのやらなければならないことです。

もちろん勉強は社会人になるにあたって必要なことですが、それだけでは不十分です。

社会人として成長していくためには2番目の図の「学び」が必要不可欠です。

この考えを持つようになった経験を書こうと思います。

受動的だった「勉強」

私は高校生まで「勉強」が好きでした。

しかし、それは

  • 他人と順位を競うこと
  • いい点を取って褒められること

等が好きであって「勉強」自体が好きなわけではありませんでした。

それに気づいたのは大学生になってからです。

受験生の時は必死に頑張っていた勉強を、大学に入ってから頑張る人が極端に減ったことを覚えています。1年生の4月頃は「勉強するぞ!」という気持ちもありましたが

  • 勉強をしない周りの友達に流されてしまったこと
  • 大学の勉強は競争ではなく、いい成績をとっても誰にも褒められることがなかったこと

からモチベーションが下がってしまいました。

大学受験は「志望校に合格する」という明確な目標がありました。しかし、大学の授業では目標設定をしておらず、受動的な「勉強」になってしまっていました。

能動的に取り組む「学び」

大学2年時にマーケティングの授業が非常に興味深かったため、実際にマーケティングに取り組みたいと思うようになりました。

そこで、webマーケティングのインターンシップをはじめました。

  • 初めて会社で働かせていただいたこと
  • webマーケティングの知識が授業で少し触れたレベルでしかなかったこと

から、大変苦労しました。

しかし、

目標に向けたアウトプットが求められる「学び」は楽しかったため、能動的に取り組めました。

具体的には、ライティングや、webマーケティングの勉強、普段目にする広告の分析等を行っていました。

この時に身につけたライティング力は今のエンカレッジやリーダーズカレッジの活動で直接役に立っていると感じています。

また、その時に身につけた、

  • 広告を見たら誰がターゲットなのか
  • なぜそのデザインなのか

等を考える癖は、日々の生活を豊かにしていると感じ、思考の手助けになることもあります。

このことから、

  • アウトプットがある「学び」は積極的に取り組めること
  • 「学ぶ」ことで活動のレベルが上がるだけでなく、日常生活が豊かになること

の2点に気づきました。

深く学ぶ事で自らが成長する→組織に更に貢献できるようになる→社会に還元できる価値が大きくなる

上記のように、深く学ぶことで与えられる影響はどんどん大きくなっていくと思います。

今後も自分が行っている活動に関する学びを深め、人生を豊かにしていきます。

この記事の著者/編集者

矢後慶樹 早稲田大学 商学部  

3月からユニクロに入社し世界一を目指す大学4年生。早稲田大学商学部・国際ビジネスマーケティングトラック所属。ゼミではダイバシティマネジメントと日本企業の業績の関連性について研究している。大学1~3年生まで大学受験塾で多くの受験生を合格に導き、4年生では大学3年時の広告会社でのインターンの経験を生かし、日本最大のキャリア支援団体でHPを運営する部署のリーダーを務める。

最新記事・ニュース

more

「人は強く望んでいることを容易に信じてしまうものである」噂・偏見・思い込みで、誠実に行動している人を傷つけてはいけない。本質を理解し、誠実に行動…

単なる就業体験では意味がない。 単なる発表会でも意味がない。参加者の能力開発にこだわった集中プログラム。 今のうちに自身の限界にチャレンジし、社…

嶋田 夏生 草野柾樹 原 駿介 星野歩華 伊藤純希 47Picks

研修参加前は、本当に自分はリーダーに向いているのか不安に感じていました。それは、リーダーはセンスや性格で決まるものだ、という考えに基づくものでした。しかし、研修を通じて自分自身も努力次第でリーダーになることができることに気づき、リーダーをやることに対して積極的に考えるようになりました。 また、自分自身の甘さやリーダーになることの大変さにも気付くことができたので、それと真摯に向き合って誠実なリーダーを目指し、継続的な努力を続けていきたいと思います。

まさに想像を超えてくる研修だと思います。 日常では気づけないことにたくさん気づくことができます。当たり前のように使っているコミュニケーションの奥深さに気づくこともできます。 これまで数多くの会社のインターンに行きましたが、ここまで自分と向き合い、実際のビジネスにおける視座でコミュニケーションを取れる機会はありませんでした。間違いなく貴重な経験となるので、自身の弱みは隠さず、全てを吸収するという覚悟を持って臨むことをお勧めします!

クレド2.互いに尊敬し合えるチームであれ 普段、感謝を伝える機会を作れていますか?恩返しとして行動に移すことも素晴らしいことですが、相手に言葉として感謝を伝えることで、より有り難さをお互いに認識することができるのではないでしょうか。

二日間の研修で、表面的な親切心は妥協でしかなく、本当に相手のことを思った言葉ではないと気づきました。リーダーは相手の未来の成長を常に考え、耳の痛いアドバイスも与えることができる人です。私も「いい人」ではなく「嫌われる勇気を有する人」としてコミュニケーションできる人材になろうと、根本から価値観を転換することができました。

台風、大雨、洪水、大雪、地震などたくさんの災害が起こる日本。リーダーとしてメンバーの命を預かる際、これらの災害に対して正しく向き合えていますか?

クレド1.周囲の人、物事全てに感謝 普段、感謝を伝える機会を作れていますか?恩返しとして行動に移すことも素晴らしいことですが、相手に言葉として感謝を伝えることで、より有り難さをお互いに認識することができるのではないでしょうか。

地震が起きた際、コミュニケーションを使い分ける必要性があります。最初は強いコミュニケーションで身の安全を守ることを命令し、その後は大きな声で落ち着いて指示を出すとよいでしょう。いつ起こるかわからないからこそ、準備ができているリーダーになりましょう。

誰しもが受けたことがあるはずの避難訓練。しかし、それも生活様式の変化によって変わってきているはずです。今回の記事では、テレワーク下における避難訓練についてお話します。

早稲田大学の星野歩華と申します。大学生活ではダンスサークルの活動に注力しており、広報部長を務めていました。最後の1年はコロナの影響で普段の活動ができませんでしたが、逆境を成長のチャンスと捉え「今しかできないこと」に取り組み乗り越えました。