自分と本気で向き合う刺激的な時間

消費と生産が同時に行われることの利点を活かす

最も印象深かったことは、無形サービスは、有形サービスとは異なり、その場でサービスを相手に最適化できるということです。例えば、講師が生徒に教えるというプロセスでは同時に生産と消費が行われています。この時、話し手が生産者で聞き手が消費者となり、話し手は聞き手の反応に応じて話を最適化することができます。

上記のことを、A&PROでは理論に基づいたノウハウ馴れ合いではなく本質を見極めた議論Gmap-cを通して実践しているということを学びました。自分自身の受験生時代には、計画、実践、振り返りのステップを自己流でやっていましたが、この就業体験でGmap-cを実践している生徒や講師を見て、このやり方を身に付けたいと思いました。

ここで働くことになりましたら、生徒、講師、社員だけでなく、自分とも本気で向き合い、お互いに高め合えるような関係を築いていきたいです。

これから研修を受ける方々へ

マニュアルに沿った仕事をしていて嫌気がさしている人にはピッタリです。自分で考え、意見を伝える機会になるので刺激的だと思います。

研修で学べたこと・感じたこと

教室見学

  • 生徒がGmap-cを実践できている
  • 敢えて自習室と講義室を同じ部屋にする
  • 演習形式の授業で、一人の先生が四人をスムーズに対応している

教室見学以外

  • 理論に基づいた指導
  • 健康な肉体と精神が必要
  • やりたいことを一度に始めるのではなく、まずはチーム/組織のキャパシティを把握する
  • 馴れ合いや多数決ではなく、本質を見極めた議論をする
  • 色々な塾があって良い
  • 一つのターゲットに絞ることの重要性
  • 本心で従業員に向き合う
  • 生産と消費

A&PROより

A&PROがGmap-cと呼んでいる、現状分析や目標設定を適切に行うことで成長に繋げるマネジメントシートと似たような経験をご自身でも行われていたようです。根本の問題を特定し、原因を深掘りして解決策を導くという方法を今後も続けることで、成長スピードがさらに上がるのではないかと思います。応援しています!

(リーダーズカレッジ:向井)

この記事の著者/編集者

U.O. さん 東京大学 教養学部  

最新記事・ニュース

more

そもそもプロジェクトとは何か。それを知ることによって、あなたが現在取り組んでいる活動をもっと豊かにすることができるはずです。プロジェクトの基本を学び、そのプロセスについて考えてみましょう。

大庭彩 上野美叡 2Picks

タスクには明確に優先順位が存在し、正しい優先順位でタスクに向き合うことが締め切りへの余裕につながります。緊急度と重要度のマトリックスを用いて改めてタスクへの優先順位をつけることを意識したいです。

大庭彩 1Picks

皆さんがリーダーを務める組織にはMVVやスローガンと言ったメンバー全員が認識している「共通目標」はありますか? そして、今その「共通目標」を何も見ずに口ずさむことができますか? もし、一度決めたことがある共通目標が形骸化してあまり浸透していない場合は私と同じ苦悩を経験するかもしれません。

大庭彩 1Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1~3を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「自分と仕事をしたいか」と思われているかどうかは他者の言動を大きく変化させます。相手方の時間を頂いているという認識があなたの評価を変えるでしょう。適切な準備を行うことで周囲と豊かな関係性を築きたい方に必見の記事です。

大庭彩 香山 渉 谷口 宗郁 3Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。