人に伝えることの「重み」を知った。

成長の第一歩は、「メカニズムを理解すること」

 最も大きな気付きだったのは、どんなことにも必ず「メカニズム」が存在するということ。私が大切にしていることの1つとして「相手と対等な関係を築く」という考え方があり、これは今回の研修でも意識していたのですが、そもそも「対等な関係を築く」ことのメカニズムを今まで発見しようとしたことはありませんでした。しかし、本気で科学的に追求しメカニズムを理解できれば、他者との関係構築のための自分の行動を改善することができると気付きました。

 同様に、コミュニケーションやコーチングにもメカニズムがあることを学びました。また、そのメカニズムを理解することで、コミュニケーション力・コーチング力を鍛えられると気付くことができました。

研修講師へのメッセージ

 伝えることの「重み」を意識することができるようになったと思います。初めは、伝えたいことが伝わらなかったり、伝えるべき内容もわからなくなってしまったりという場面がありました。コミュニケーション研修の最初の発表では、話す量ではなく、中身の質に注意するよう指摘を受けました。その指摘をきっかけに、具体的な改善プロセスを学び、それを常に意識することで、成長に繋がったと感じています。

 また、話している時の立ち振る舞いも改善することができました。仕草や手の動きに関してまで指摘していただいたのは初めてで、他者からの見え方を想像することがいかに重要かということに気付きました。 何より、森口先生が一つ一つ丁寧に教えてくださったおかげで、今まで気付くことのできなかった、伝えることの「重み」を意識できるようになりました。

A&PROより

 物事のメカニズムを理解すること、それからコミュニケーションの質の重要性。他の教育機関や研修ではここまで深く学び、 実践することはなかったはずなので、非常に良い気付きと成長を得られたことと思います。今後のご活躍にも期待しております!(人財開発担当:遠藤)

研修で学べた事(キーワード)

  • あらゆる仕事はコミュニケーションと結びつけると豊かになる
  • PREP法
  • 心の地図
  • 言葉遣いの重要性
  • 学んだことを意識的に実践すること
  • ヘウレーカでのコーチングの本気度
  • 自分の頭で考え抜くことの大切さと、A&PROはそれができる環境であること
  • フェアであり、本気であること


この記事の著者/編集者

S.H. さん 東京理科大学 経営学部  

最新記事・ニュース

more

単なる就業体験では意味がない。 単なる発表会でも意味がない。参加者の能力開発にこだわった3日間の集中プログラム。 今のうちに自身の限界にチャレン…

嶋田 夏生 草野柾樹 原 駿介 星野 歩華 伊藤 純希 35Picks

他人とコミュニケーションを取る上で意見を言うことはよくあります。アサーティブなコミュニケーションを磨くことがよい人間関係を築くことの手助けになると今回学ぶことができました。

断れない理不尽なお願いを受けたことは誰しもあるのではないでしょうか。それを引き受けてしまうのは自分を、無下に断るのは相手を大切にしていません。お互いを大切にするアサーティブコミュニケーションを作るにはどうしたらよいでしょう。

考え方の癖はコミュニケーションのくせに繋がります。 自分のつい使ってしまいがちな口癖からコミュニケーションタイプを判断し、理想的なアサーティブコミュニケーションを目指しましょう。

顧客に新しい価値を創造し続けるためには自らの脅威と向き合い、あえて自社の優位性を覆していくようなサービス・プロダクト開発が必要です。

藤原穫 1Picks

「最後まで成し遂げる」とはどういうことでしょうか?「最後まで成し遂げる」ことが大切だと言われるのはなぜでしょうか?「最後まで成し遂げる」ことで自信を持つことができると考え、自身の活動での活用法を示しました。

藤原穫 1Picks

自分を変えたい方に自信を持っておすすめしたい研修です。研修に参加する前の自分には表面を取り繕って満足してた部分がありました。しかし、本研修をきっかけに自分の限界値を更新して成長し続けます。