自分事として考える姿勢が人を成長させる

クレド8.人のせいにせず、常に自分ができること・できたことを考え、最善を尽くす

組織はフラットであり、常に全メンバーが危機意識を持ち、自分にできること・できたことを考え、改善。自分に都合の悪いことが起きても、人のせいにせず、自分にも原因を求め、サービスの質を高めます。※顧客のせいにするなどもってのほか。

その失敗、「誰」のせい?

皆さん一度は思うような成果を出せず、思い悩んだ経験があると思います。

世の中には、その原因を環境や他人のせいにする人と、自分ができなかった原因を振り返る人がそれぞれ存在します。

あなたはどちらでしょうか?

両者の根本にある考え方の違いから、どんな姿勢で自身の行動に向き合うべきか考えていきましょう。

人を成長させるメカニズム

上記の思考特性はそれぞれ、「他責思考」「自責思考」という言葉で分類されます。

  • 他責思考:自分自身の行動の結果を他人や環境のせいにする考え方
  • 自責思考:自分自身の行動の結果が自らにあるとする考え方

他責思考が染み付いている人は失敗の原因を自分の外に求めます。
原因を自分の外に見出す場合、自分から積極的に改善を起こすアクションは起きません。

一方で自責思考の人は失敗の原因を自分の中から探します。
原因を自身の影響の範疇から考えるため、結果を次の自身の行動の改善に生かすことができます。

もちろん全ての原因を自分のせいにしてしまっていては、自分を苦しめることになってしまいます。
しかし、私は社会人として組織で価値を発揮するためには、環境を言い訳にせずに自身が変えられる部分を探し、受け入れ改善する姿勢が必要不可欠であると考えています。

他責思考は人を受け身にする

私は現在、キャリア支援団体に所属し、約20名の就活生に対して1対1で面談を行い、納得したキャリア選択を支援するために活動しています。

団体では、自身が面談を担当する就活生の数に応じて、企業イベントの紹介数の目標値が一人一人に設定されています。私は4月度の成績が40件というKPIに対し、25件と大きく未達状態でした。

当時の私は未達の原因を、

  • 魅力的な企業のイベントが少ない
  • 相手がまだ就活に対してやる気を感じていない

など、環境と他人のせいにして成果が出なかったことを正当化していました。
当時は本当に「もっと魅力的な企業が来れば、いずれは成績も上がる。」などと考えていました。

自責思考で主体的に取り組む

そして迎えた5月。企業のインターン数の増加・サマーインターンに向けて就活生のモチベーションが向上する時期であったにもかかわらず、私の成績はまたしても未達でした。加えて、5人組のチームの中でも最も低い成績を出してしまったのです。

焦りを感じた私は、大きな原因はむしろ自身にあるのではないかと考え、原因を探りました。

  • 企業の魅力に向き合う機会が少なかった。
  • 相手に信頼されるコミュニケーションが取れていなかった。

こうした課題に対して、「面談の相手に信頼される」ことを目標に、企業研究やコーチング理論を主体的に学びました。

結果、6月度は60件のイベントを紹介し、KPIを達成することができました。面談をしている就活生からも悩みを打ち明けられる機会、感謝される機会も増加しました。

この経験から得たコーチングスキルや、信頼されるためのコミュニケーションは、現在の新規事業のリーダーとして活動する中でも確実に活かされています。

主体性が再現性の高い個人を育む

ここから私は、2つの気づきを得ました。

  • うまくいかない時は、その原因を環境や他人に求めずに、まずは自分で変えられる部分を探す。
  • 目的を持った主体的な学びはその後の経験において再現性の高い学びとなる。

このように、社会ではうまくいかない出来事があった際に、その原因を自分自身に求めるスタンスが、人を成長させ、組織に貢献できる人材として、社会に大きな価値を提供できる人間へと成長させるのです。

皆さんも成果が出ないと、原因を環境に求め、理不尽に感じることがあるかもしれません。しかし、そこで腐らずに自分自身が常に改善できるポイントを探し、改善に励む姿勢を忘れずに活動していきましょう。

この記事の著者/編集者

山口賢人  早稲田大学 法学部 

2つのキャリア支援団体を経験してきた早大法学部の4年生。一つ目のキャリア支援団体で学生の仕事に対する考え方に違和感を覚える。現在は早大生2500人が利用する大規模キャリア支援団体にて、未だ日本社会に浸透していない、1・2年生からのキャリア支援に挑戦する新規事業の責任者として日々活動中。

最新記事・ニュース

more

復習回数を闇雲に増やしたり、ノートいっぱいに何度も書かせる記憶法は、社会に出てから通用しない。 多忙なリーダーは、重要事項を一発で覚える。 たとえそれができなくても、復習回数を最小限にし、効果的・効率的に記憶することが大切。

「やばい、キャパオーバーしていて仕事を回しきれていない・・・。」成果を生み出すためにリーダーを務め、多くの責任を引き受けたのはいいものの、こうした悩みを抱く方は少なくないと思います。本記事は、リーダーの方の中でも、「仕事を回しきれていない。」と実感している方、経験した方、キャパオーバー対策したい方に届けていくことを想定して進めていきます。キャパオーバーは解決できます!

そもそもプロジェクトとは何か。それを知ることによって、あなたが現在取り組んでいる活動をもっと豊かにすることができるはずです。プロジェクトの基本を学び、そのプロセスについて考えてみましょう。

大庭彩 上野美叡 2Picks

タスクには明確に優先順位が存在し、正しい優先順位でタスクに向き合うことが締め切りへの余裕につながります。緊急度と重要度のマトリックスを用いて改めてタスクへの優先順位をつけることを意識したいです。

大庭彩 1Picks

皆さんがリーダーを務める組織にはMVVやスローガンと言ったメンバー全員が認識している「共通目標」はありますか? そして、今その「共通目標」を何も見ずに口ずさむことができますか? もし、一度決めたことがある共通目標が形骸化してあまり浸透していない場合は私と同じ苦悩を経験するかもしれません。

大庭彩 1Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1~3を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「自分と仕事をしたいか」と思われているかどうかは他者の言動を大きく変化させます。相手方の時間を頂いているという認識があなたの評価を変えるでしょう。適切な準備を行うことで周囲と豊かな関係性を築きたい方に必見の記事です。

大庭彩 香山 渉 谷口 宗郁 3Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。