緊張する場面でのトレーニングこそ、成長へと繋がる

研修講師へのメッセージ

 コミュニケーション・コーチングにおいて重要なことを沢山教えていただき、感謝しています。教えていただいたことを完璧に身に付けるために、これから時間をかけて努力・トレーニングを積み重ねていきます!また、我々に対してとても誠実に接してくださった森口先生が、どのようにトレーニングをされてきたのかということに関して、質・量ともに気になりました...!今後も機会がありましたら、ぜひ教えていただきたいと思っています。

研修で学んだこと・感じたこと

  • 緊張をネガティブに捉えず、自分自身の成長につながる機会としてポジティブに捉えることで、結果的にコミュニケーションが上達する
  • PREP法の有用性(相手がこちらの話を理解しやすく、かつ話す内容の見取り図を描きやすくなる)
  • 誠実であることの重要性
  • 成長するには、自分自身の弱さに向き合う必要がある
  • 視野を広げることと、相手の様子を観察した上で、相手が言葉にしていない隠れたニーズを把握することが自分自身の課題である
  • 抑揚の付け方や相槌の打ち方がしっかりしていると、心地よいコミュニケーションにつながる

A&PROより

 この記事を作成するにあたり、緊張する状況に自分から飛び込むことは勇気の要ることだけれど、そうした状況でこそ、精神的にもスキル的にもレベルアップできるのだなと再認識させていただきました!(人財開発担当:萩原)

この記事の著者/編集者

O.K. さん 早稲田大学 文学部 

最新記事・ニュース

more

そもそもプロジェクトとは何か。それを知ることによって、あなたが現在取り組んでいる活動をもっと豊かにすることができるはずです。プロジェクトの基本を学び、そのプロセスについて考えてみましょう。

大庭彩 上野美叡 2Picks

タスクには明確に優先順位が存在し、正しい優先順位でタスクに向き合うことが締め切りへの余裕につながります。緊急度と重要度のマトリックスを用いて改めてタスクへの優先順位をつけることを意識したいです。

大庭彩 1Picks

皆さんがリーダーを務める組織にはMVVやスローガンと言ったメンバー全員が認識している「共通目標」はありますか? そして、今その「共通目標」を何も見ずに口ずさむことができますか? もし、一度決めたことがある共通目標が形骸化してあまり浸透していない場合は私と同じ苦悩を経験するかもしれません。

大庭彩 1Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1~3を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「自分と仕事をしたいか」と思われているかどうかは他者の言動を大きく変化させます。相手方の時間を頂いているという認識があなたの評価を変えるでしょう。適切な準備を行うことで周囲と豊かな関係性を築きたい方に必見の記事です。

大庭彩 香山 渉 谷口 宗郁 3Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。