互いの成長を本気で目指す、最高の「おもてなし」とは。

■今月の研修■  マナー・サービス・ホスピタリティ・おもてなし

"15秒間"が、全てを決める。

 今回の研修では、主にグループワークを通してビジネスマナーや応対品質の段階を学び、社会人として・人として素敵な振舞いについて考えを深めました。私にとって最も大きな気付きだったのは、ビジネスにおいて、スタッフがお客様と接する15秒間の対応だけで、そのお客様にとってのサービス全体の満足度が決まってしまうということです。

 例として学習塾を挙げるならば、体験授業で生徒から学習に関する悩みを打ち明けられた際に、担当講師が適切なアドバイスをすぐに提供できたとしたら、たとえ全講師に会っていなくてもその生徒は「この塾の先生方は皆頼れる存在だ」と感じます。一方で、悩みを理解してくれていない、アドバイスに納得できないと感じてしまったら、「この塾の指導力はあまり高くなさそうだ」と思ってしまうはずです。このように、顧客はサービス全体を知らなくても、ほんの一瞬の対応だけで全体を評価するのです。

 ここで重要なのは、この「15秒間」の存在を知っていること、そしてむしろチャンスだと捉え、積極的に活用することだと思います。相手にとって大切な場面をこちらも大切にし、相手のニーズに応える行動を取ることができれば、それが大きなきっかけとなって相手の心をつかむことができるからです。

これから研修を受ける方々へ

 マナーというのは、その人の印象を大きく決めてしまうにもかかわらず、人に指摘しにくい部分でもあります。今回の研修で強く感じたのは、このA&PROという組織には、そうしたマナーや身だしなみ、振舞い方を指摘し合える環境があるということです。それは、メンバー同士の信頼関係と、お互いの成長を本気で目指すという勇気があるからに違いありません。耳の痛い話でも指摘し合う、それこそが我々の「おもてなし」なのです。また、そうした覚悟と思いやりのある組織であってこそ、顧客に対しても価値のある「おもてなし」を提供するため、全力で取り組むことができるのだと思います。

研修で学べた事(キーワード)

  • 挨拶の基本
  • 身だしなみ
  • 「マナー・サービス・ホスピタリティ・おもてなし」の違い
  • 「目配り・気配り・心配り」の違い
  • 社内の環境を作る振舞い
  • 第一印象は6秒間で決まる
  • 満足度は相手と接する15秒間で決まる
  • 指摘し合えるのが思いやりのある環境
  • 多様なニーズを満たす選択肢を持つこと
  •  協力的な姿勢を示すこと

この記事の著者/編集者

遠藤 七海 東京外国語大学(国際社会学部)卒  

大学・学部:東京外国語大学 国際社会学部 スペイン語専攻 
部活:男女バスケットボール部 マネージャー(高校) 
趣味:海外旅行(観光よりもサバイバル)、ミュージカル鑑賞 
アルバイト:浦安の某有名テーマパーク、大学進学塾での講師 
その他の活動:メキシコに短期語学留学(衝撃のサボテン料理を体験) 
現在お住いの地域:千葉県(総武線沿線) 
研究:教育社会学 「将来の夢」についての研究 
家族構成:父、母、犬のももさん、私 
その他:好きな食べ物は麺類(こだわりはラーメンの海苔を食べるタイミング)苦手な食べ物はパクチーとレーズンです

最新記事・ニュース

more

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1~3を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「自分と仕事をしたいか」と思われているかどうかは他者の言動を大きく変化させます。相手方の時間を頂いているという認識があなたの評価を変えるでしょう。適切な準備を行うことで周囲と豊かな関係性を築きたい方に必見の記事です。

大庭彩 香山 渉 谷口 宗郁 3Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「周りの声を意識して思っていることを伝えられず、自分だけが辛い思いをしている...。」「それもあって、周りに対して愚痴が溜まっている...。」この悪循環を引き起こすコミュニケーションを、A&PROではPassive(受身的)なコミュニケーションと捉えます。そして悪循環を解決させるには、「Passive(受身的)」を「Assertive(自己主張的)」へ変容させていくことが重要です。

矢後慶樹 前田佳祐 大庭彩 3Picks

「メラビアンの法則」や「真実の瞬間」と向合い、各メンバー自身がブランド形成の重要要素であることを自覚していきます。 「目配り」「気配り」「心配り」の各段階を理解し、「マナー」「サービス」「ホスピタリティ」「おもてなし」の違いについて研究。 「マニュアル」「サービス」を理解・実践するのは当然。 「ホスピタリティ」「おもてなし」を顧客・メンバーに提供したいリーダーのための研修です。

メンバーに尊敬されるリーダーは当たり前ですが、メンバーを尊敬できるリーダーは少ないのではないでしょうか? 今回の記事ではメンバーを尊敬することで得られるメリットについてご紹介していきます。

大庭彩 1Picks

知識として体系化されているプロジェクトマネジメント。 ただし、頭で理解していても習慣化できていないと、顧客やステークホルダーの期待値とは程遠い『自己満足なプロジェクト』となってしまう。 各種マネジメントツールにもてあそばれず、プロジェクトマネジメントの本質を理解し、やるべきことを実践し続ける。 そんな責任あるリーダーを対象とした研修です。

「大変なこと」を楽しむことは理想だとは分かっているけれど、中々そう上手くはいかない。そんな「大変なこと」との付き合い方に悩んでいる人に贈る、「大変なこと」を味方にするための記事になっています。

大庭彩 1Picks