連載ビジネス基礎研修 -実体験に結びつける-

互いの成長を本気で目指す、最高の「おもてなし」とは。

■今月の研修■  マナー・サービス・ホスピタリティ・おもてなし

"15秒間"が、全てを決める。

 今回の研修では、主にグループワークを通してビジネスマナーや応対品質の段階を学び、社会人として・人として素敵な振舞いについて考えを深めました。私にとって最も大きな気付きだったのは、ビジネスにおいて、スタッフがお客様と接する15秒間の対応だけで、そのお客様にとってのサービス全体の満足度が決まってしまうということです。

 例として学習塾を挙げるならば、体験授業で生徒から学習に関する悩みを打ち明けられた際に、担当講師が適切なアドバイスをすぐに提供できたとしたら、たとえ全講師に会っていなくてもその生徒は「この塾の先生方は皆頼れる存在だ」と感じます。一方で、悩みを理解してくれていない、アドバイスに納得できないと感じてしまったら、「この塾の指導力はあまり高くなさそうだ」と思ってしまうはずです。このように、顧客はサービス全体を知らなくても、ほんの一瞬の対応だけで全体を評価するのです。

 ここで重要なのは、この「15秒間」の存在を知っていること、そしてむしろチャンスだと捉え、積極的に活用することだと思います。相手にとって大切な場面をこちらも大切にし、相手のニーズに応える行動を取ることができれば、それが大きなきっかけとなって相手の心をつかむことができるからです。

これから研修を受ける方々へ

 マナーというのは、その人の印象を大きく決めてしまうにもかかわらず、人に指摘しにくい部分でもあります。今回の研修で強く感じたのは、このA&PROという組織には、そうしたマナーや身だしなみ、振舞い方を指摘し合える環境があるということです。それは、メンバー同士の信頼関係と、お互いの成長を本気で目指すという勇気があるからに違いありません。耳の痛い話でも指摘し合う、それこそが我々の「おもてなし」なのです。また、そうした覚悟と思いやりのある組織であってこそ、顧客に対しても価値のある「おもてなし」を提供するため、全力で取り組むことができるのだと思います。

研修で学べた事(キーワード)

  • 挨拶の基本
  • 身だしなみ
  • 「マナー・サービス・ホスピタリティ・おもてなし」の違い
  • 「目配り・気配り・心配り」の違い
  • 社内の環境を作る振舞い
  • 第一印象は6秒間で決まる
  • 満足度は相手と接する15秒間で決まる
  • 指摘し合えるのが思いやりのある環境
  • 多様なニーズを満たす選択肢を持つこと
  •  協力的な姿勢を示すこと

この記事の著者/編集者

遠藤 七海 東京外国語大学 国際社会学部  

大学・学部:東京外国語大学 国際社会学部 スペイン語専攻  部活:男女バスケットボール部 マネージャー(高校)  趣味:海外旅行(観光よりもサバイバル)、ミュージカル鑑賞  アルバイト:浦安の某有名テーマパーク、大学進学塾での講師  その他の活動:メキシコに短期語学留学(衝撃のサボテン料理を体験)  現在お住いの地域:千葉県(総武線沿線)  研究:教育社会学 「将来の夢」についての研究  家族構成:父、母、犬のももさん、私  その他:好きな食べ物は麺類(こだわりはラーメンの海苔を食べるタイミング)苦手な食べ物はパクチーとレーズンです

この連載について

ビジネス基礎研修 -実体験に結びつける-

連載の詳細

頭で理解するだけでは不十分。参加者自ら実践し、習慣化するまで責任を持つ30の研修プログラム。各クライアントの課題・ニーズに合わせて個別に設計。

話題のニュース

more

皆さんこんにちは!! A&PROの長期インターン生として活動をはじめて2年が経過した、早稲田大学4年の萩原佑太です!! 今回の記事は、本 ...

「あなたが尊敬する人は誰ですか?」 面接などの定番質問ですね。一度は聞かれたことがあるのではないでしょうか。 この質問をされたときにパッと思い浮かぶ人物はいますか? もしかしたら、今近くに尊敬できる人がいないと悩んでいる方もいるかもしれませんね。尊敬できる人に出会うことは自らの成長に繋がります。人との出会いが人生を変えることもあるのです。そこで、この記事では尊敬できる人に出会う方法をお伝えしていきます。

今月の研修:リーダーシップパワー理論 人から信頼される人間になりたい、これは誰しもが思うことではないでしょうか。さらにリーダーという立場であれば ...

今月の研修:災害時・緊急時の対応 皆さんは今この瞬間地震が起きたらどう対処しますか?火事だったら?強盗がガラスを割ったらどう行動するでしょうか? ...

他者に説明をしたり指示を出したりした際に「言っていることをなかなか理解してくれない」、「指示した通りに行動してくれない」と思ったことはありませんか? このような場面では、つい相手に非があるように感じてしまいますが、実は自分の取り組み次第でコミュニケーションの質は格段に上がるのです。そこで今回の研修で学んだ、コミュニケーションを図るうえで人の上に立つ人が心得るべきことについてご紹介します。

今月の研修:リーダーシップパワー理論 リーダーシップパワー理論を人材採用へ活用する 影響力とは、相手の心の中に生じる これは、A&PRO ...

研修を通じて気づいたこと・今後に役立てられること ①組織・スタッフは「上」に合わせる「サービスレベルの低いスタッフ」に順応するよりも「サービスレ ...

研修を通じて気づいたこと・今後に役立てられること 現在自身が所属する組織(就活支援の学生団体)のチームリーダーとして自分に不足しており、今後のテ ...

研修を通じて気づいたこと・今後に役立てられること コンフォートゾーンにいるときは成長できない 今の自分に一番大切な考え方だと思いました。 今まで ...

クレド10.顧客に感動を〜高水準のサービスを追求し続ける〜 感謝だけではなく、感動を与えてこそ、顧客に真の満足が生まれます。顕在ニーズに迎合せず ...