サービス理論から見えてくる、「自分に合う企業」とは。

■今月の研修■ サービス理論

無形サービスの特徴からわかる、「腕のある講師」とは?

私は今まで「無形サービス」について詳細に学習したことがなかったため、有形サービスと比較した時の特徴、課題、その対応方法を知ることができたのは、大きな財産となりました。

特に今後活かすことができると感じた知識は、無形サービスの特徴の1つである「非分離性」です。これは、サービスの生産と消費が同時に行われることをいいます。例えば食料品などの有形サービスは生産してから消費されるまでに時間がありますが、授業などの無形サービスは「講師が授業をする」という生産と「生徒が授業を受ける」という消費が同時に起こります。

この時無形サービスには、生産したものを確認・品質管理をしてから消費させることができない、という課題はあるものの、メリットとして「消費の状況を見て生産をその場で改善できる」ことが挙げられます。つまり、講師は生徒の様子や理解度を見ながら、指導内容や方法をその都度調整することができるということです。言い換えれば、生徒の状態を的確に把握し、常に調整しながら授業を行うことができる講師こそが、無形サービスの特徴を活かした「腕のある講師」ということができます。この気付きによって、講師として授業中に生徒を観察することや、生徒に質問したり説明させたりして理解度を確認することの必要性、またその理解度に応じて、どこまで教えるか、何に重点を置いて解説するかなどを修正できる技量を持つことの重要性を、改めて感じました。

これから研修を受ける方々へ

この研修で得られた学びは、就職活動で企業研究をする際に非常に役立つと感じました。というのは、有形・無形サービス、One To One マーケティング・マスマーケティングといった分類とその特徴は、それぞれの企業やその働き方の特徴を理解する上で有効であるため、就職活動において「自分に合う企業」を研究する一つの視点となるからです。

例えば、モノではなく自分を売ることで目の前の相手に影響を与えたいと考える私には、「無形サービス×One To One マーケティング」の形が最もやりがいを感じます。反対に、自分が良いと思う製品やツールを世界中に広めたい、できるだけ多くの人に影響を与えたい、と考える人なら「有形サービス×マスマーケティング」の仕事が向いているでしょう。業界が同じだったり理念が似通っている企業であっても、この特徴・働き方が全く異なっている例は多くあります。 日頃のA&PROでの仕事を見直すだけでなく、社会人になることを見据えた時に役立つ知識を学ぶことができるこの研修は、非常に価値のある機会であると痛感しました。

研修で学べた事(キーワード)

無形サービスの特徴

・無形性

・非分離性

・多様性

・消滅性

One To Oneマーケティングの5つの構成概念

①顧客内シェア

②顧客識別

③カスタマイゼーション

④学習関係

⑤生涯価値

サービス品質の決定要因

この記事の著者/編集者

遠藤 七海 東京外国語大学(国際社会学部)卒  

大学・学部:東京外国語大学 国際社会学部 スペイン語専攻 
部活:男女バスケットボール部 マネージャー(高校) 
趣味:海外旅行(観光よりもサバイバル)、ミュージカル鑑賞 
アルバイト:浦安の某有名テーマパーク、大学進学塾での講師 
その他の活動:メキシコに短期語学留学(衝撃のサボテン料理を体験) 
現在お住いの地域:千葉県(総武線沿線) 
研究:教育社会学 「将来の夢」についての研究 
家族構成:父、母、犬のももさん、私 
その他:好きな食べ物は麺類(こだわりはラーメンの海苔を食べるタイミング)苦手な食べ物はパクチーとレーズンです

最新記事・ニュース

more

周囲への感謝の気持ちを伝えることは、人間関係を豊かにし続けます。本記事では特に私が大切にする3つの考え方をお伝えします。読み終わった後にはつい照れてしまって感謝を大事な人に伝えきれていない人も「ありがとう」と周りに言いたくなるような記事です。

須賀渉大 羽田 優作 香山 渉 3Picks

感謝は大事だと分かっているけれど、感謝を後回しにしてしまう。そんな方に、感謝の価値を改めて実感していただき、実践するための準備となるメッセージになればと思います。

「ありがとう」と人に感謝を伝えるとき、皆さんはどのようなことを意識していますか。形骸化した「ありがとう」では、お互いに実りのあるコミュニケーションをとることができません。価値のある「ありがとう」を伝え、自分自身や相手、そして組織全体にプラスの影響を生み出していきましょう。

松本 康士朗 香山 渉 2Picks

プロジェクトマネジメントを機能させる土台となるのが『理念のマネジメント』 プロのリーダーは、「権威のマネジメント」を避け、「理念のマネジメント」を構築し、維持し続ける。 「好き・嫌い」や「多数決」ではなく、説得力ある提案を互いに尊重する文化を構築したいリーダーのための研修です。

須賀渉大 髙橋開 川村杏 久野 滉大 本田花 13Picks

今月の研修:マナー・ホスピタリティ・おもてなし 突然ですが、皆さんはAさんとBさん、どちらの人と話したいですか? きっと、ほぼ全員がAさんを選ん…

今月の研修:災害時・緊急時の対応 以前、部下に信頼されるには、部下に相談するべきという記事を書きました。(部下から信頼されるリーダーになりたい)…

今月の研修:プロジェクトマネジメント(基礎1) 多くの企業、もしくは個人単位でも、ニーズを把握するために様々な取り組みが行われています。顧客のニ…

非常に重要な内容にも関わらず、なかなか記憶に定着しない、周囲のメンバーが覚えてくれない。そのような経験をはありますか。効果的に記憶を定着させるためには、「記憶のメカニズム」を理解し、活用することが重要です。

リーダーシップゼミやビジネス基礎研修で学んだことを、机上の空論とせずに実践し続けることが重要。プロジェクト年間計画をもとに毎月、リーダー同士でチ…

須賀渉大 本田花 谷口 宗郁 吉田 美結 犬山 聖存 17Picks

ずっと思い出せる経験とすぐ忘れてしまう経験。この違いはどうして生まれてしまうのでしょうか。記憶のメカニズムを学び、この違いを一緒に解明してみましょう。

組織における尊敬とは、どのようなものなのか。尊敬を大切にする組織は何を実現することが出来るのか。尊敬と組織の関係性について、紐解いていきます。

互いに尊敬し合えるチームであるためには、「尊敬する努力」と「尊敬される努力」が必要です。仲間の尊敬できる部分に目を向け、発信していくこと。この重要性を記事を通してご説明します。