人財、人材、人在、人罪。あなたは?

■今月の研修■ 責任・権限・義務

行動する前に、まずは正しい判断。顧客への責任ある行動が社会人としての最低条件。

 今回の研修では、仕事をする上で基本的かつ非常に重要な「責任・権限・義務」、「報告・連絡・相談」を主に、それぞれの機能や具体例の確認を行い理解を深めました。また、ディスカッションを通じて、それぞれの言葉の関連性や社会人としてのあり方を考えることにより、今後の仕事にどのように生かすかを描き出しました。

 最も大きな気付きは、判断と決断について、判断力がない者が決断をしてしまうのは「罪」であるということです。つまり、目的ややるべきことを正しく理解していない者が、考えずに行動を起こしてしまうということです。サービスとして顧客を持つ場合、たった一人の小さな行動がその顧客、チームメンバー、また会社全体をも左右します。従って、行動よりもまずは正しい判断ができることが、社会人としての最低条件であることを学び、行動の結果が自分に返ってくるだけの学生生活とは違う、影響力の大きさと責任の重さを思い知りました。

 これに加えて、責任を果たすには、やはり知恵が必要であるということも改めて感じました。知恵をうまく使うことができれば、想像力を働かせて対処すべき領域の想定を広げたり、報告・連絡・相談を重要な場面で使い分けたりすることができるとわかりました。

これから研修を受ける方々へ

 研修では多くのことを教わりますが、それ以上に自分から重要なことに気付き、学び取る姿勢が求められます。私は、人が「イキイキしている」「目が輝く」ような瞬間というのは、何かを与えられた時ではなく、そこにある魅力や可能性に自分自身が気付いた時だと思っています。

 例えば誰かを好きになるのは、決してアピールされた時ではなくて、その人の素敵なところを自分から発見した時だと思うのです。よって、常に有意義な「気付き」を得ることのできるこの研修だからこそ、メンバー全員がイキイキと学んでいるのだと思います。優秀で積極的なメンバーに必死に食らいつきながら学ぶこの時間は、私にとってかけがえのないものです。

 必要とされる社会人を目指す方向けの、覚悟の必要な研修だと思います。むしろ、内容としては「社会人向け」で、普通の学生が受けるにはレベルが高いと言った方が適切かもしれません。つまり、普通の学生向けの研修では物足りない成長欲求の高い方にとっては、挑戦してもらいたい価値ある研修です!!

研修で学べた事(キーワード)

  • それぞれの機能、関連性、日々の具体的業務への応用

①責任・権限・義務

②報告・連絡・相談

③判断と決断

④4つのじんざい「人財・人材・人在・人罪」

  • 価値を提供できる人間になるためにあるべき状態や考え方
  • 責任を全うするとは予め想定し対応できる状態であること
  • 学校生活と企業活動との違い
  • ことばが持つ力の強さ
  • 適切な言葉を選ぶことも「知恵」の一つ

この記事の著者/編集者

遠藤 七海 東京外国語大学(国際社会学部)卒  

大学・学部:東京外国語大学 国際社会学部 スペイン語専攻 
部活:男女バスケットボール部 マネージャー(高校) 
趣味:海外旅行(観光よりもサバイバル)、ミュージカル鑑賞 
アルバイト:浦安の某有名テーマパーク、大学進学塾での講師 
その他の活動:メキシコに短期語学留学(衝撃のサボテン料理を体験) 
現在お住いの地域:千葉県(総武線沿線) 
研究:教育社会学 「将来の夢」についての研究 
家族構成:父、母、犬のももさん、私 
その他:好きな食べ物は麺類(こだわりはラーメンの海苔を食べるタイミング)苦手な食べ物はパクチーとレーズンです

最新記事・ニュース

more

周囲への感謝の気持ちを伝えることは、人間関係を豊かにし続けます。本記事では特に私が大切にする3つの考え方をお伝えします。読み終わった後にはつい照れてしまって感謝を大事な人に伝えきれていない人も「ありがとう」と周りに言いたくなるような記事です。

須賀渉大 羽田 優作 香山 渉 3Picks

感謝は大事だと分かっているけれど、感謝を後回しにしてしまう。そんな方に、感謝の価値を改めて実感していただき、実践するための準備となるメッセージになればと思います。

「ありがとう」と人に感謝を伝えるとき、皆さんはどのようなことを意識していますか。形骸化した「ありがとう」では、お互いに実りのあるコミュニケーションをとることができません。価値のある「ありがとう」を伝え、自分自身や相手、そして組織全体にプラスの影響を生み出していきましょう。

松本 康士朗 香山 渉 2Picks

プロジェクトマネジメントを機能させる土台となるのが『理念のマネジメント』 プロのリーダーは、「権威のマネジメント」を避け、「理念のマネジメント」を構築し、維持し続ける。 「好き・嫌い」や「多数決」ではなく、説得力ある提案を互いに尊重する文化を構築したいリーダーのための研修です。

須賀渉大 髙橋開 川村杏 久野 滉大 本田花 13Picks

今月の研修:マナー・ホスピタリティ・おもてなし 突然ですが、皆さんはAさんとBさん、どちらの人と話したいですか? きっと、ほぼ全員がAさんを選ん…

今月の研修:災害時・緊急時の対応 以前、部下に信頼されるには、部下に相談するべきという記事を書きました。(部下から信頼されるリーダーになりたい)…

今月の研修:プロジェクトマネジメント(基礎1) 多くの企業、もしくは個人単位でも、ニーズを把握するために様々な取り組みが行われています。顧客のニ…

非常に重要な内容にも関わらず、なかなか記憶に定着しない、周囲のメンバーが覚えてくれない。そのような経験をはありますか。効果的に記憶を定着させるためには、「記憶のメカニズム」を理解し、活用することが重要です。

リーダーシップゼミやビジネス基礎研修で学んだことを、机上の空論とせずに実践し続けることが重要。プロジェクト年間計画をもとに毎月、リーダー同士でチ…

須賀渉大 本田花 谷口 宗郁 吉田 美結 犬山 聖存 17Picks

ずっと思い出せる経験とすぐ忘れてしまう経験。この違いはどうして生まれてしまうのでしょうか。記憶のメカニズムを学び、この違いを一緒に解明してみましょう。

組織における尊敬とは、どのようなものなのか。尊敬を大切にする組織は何を実現することが出来るのか。尊敬と組織の関係性について、紐解いていきます。

互いに尊敬し合えるチームであるためには、「尊敬する努力」と「尊敬される努力」が必要です。仲間の尊敬できる部分に目を向け、発信していくこと。この重要性を記事を通してご説明します。