まずは「自分」からそして「組織」へ

今月の研修:社会人として持つべき習慣(私的成功)

はじめに

チームの理想状態ってどのような状態だと思いますか?

この言葉を聞いて、

  • 組織の目的に向かって、メンバーが同じ方向性を向いて活動している状態
  • メンバー同士でコミュニケーションを取り、相乗効果を生んでいる状態
  • 一人ではできない仕事がチームで実行可能になっている状態

などを思い浮かべた方はいるでしょうか。

あくまで私は上記のような状態が一つのチームの理想の形だと考えており、今回のA&PROの研修で得た学びをこの記事で紹介したいと思います。

3段階の組織フェーズ

では、早速下記の図を参考にして、3段階の組織フェーズについてご紹介します。(今回は依存と自立を扱います。)

3段階の組織フェーズでは①依存の状態②自立の状態③相乗効果の状態です

③のような相乗効果を発揮する理想の組織状態を作るためには、

①依存の状態②自立だけの状態を乗り越えなければならないのです。

依存状態とは

みなさんの身の周りで他人に責任を押し付けている人はいるでしょうか。

具体的に①の依存の状態を改善するには何をすべきでしょうか?

そのためには、まず何故、依存状態になってしまうのかを説明します。

依存状態とは、

  • 他人が〇〇してくれないから、私は〇〇できなかった。
  • 環境が〇〇なので、私は〇〇できなかった。

自分自身の経験を見直した時に思い当たる節はありませんでしょうか?

何かうまくいかないことがあると、ついつい自分以外の責任にしてしまうことは誰にでもよくあることだと思います。これを聞いた時に、自分もグサグサ刺さりました。笑

このように、行動しない自分を正当化する時に、自分の責任を自分以外の何かに押し付けてしまうことを依存状態(他責思考状態)と言います。

依存状態は危険?

上記のような依存状態をそのままにしておくと非常に危険です。実際に私の今の学生団体でも同じような依存状態に陥ったことがあります。

私が所属しているキャリア支援団体のエンカレッジのメンバーの多くは普段学生として、バイトや長期インターン、卒論など様々なプライベートタスクを抱えています。とても働き者ですね。しかし、メンバーからはこのような声が聞こえてきます。

「ごめん。他のタスクが忙しくて、〇〇できなかった。」

一見しょうがないことにも感じます。ちなみに自分も同じ経験をしたことがあり、とても反省しました。

しかし覚えておいてください。

この場合、他のタスクが忙しいことが問題ではないのです。

本当の問題は、たくさんタスクが重なっているのに、自分のスケジュールを管理できなかった自分自身にあるのです。

そして依存状態であると、組織は同じ過ちを繰り返してしまいます。この場合、環境の問題を環境の責任のまま放置しておくと、忙しくなった時にまた同じような問題が起こり、組織に迷惑をかけることになります。

つまり組織課題を解決することができない組織になってしまうということです。

自立状態の思考法

さて、お待たせしました。

いよいよ、このような依存状態を抜け出すための思考方法をご紹介したいと思います。

それはインサイドアウトとアウトサイドインです。

  • インサイドアウト…自分→隣人→チーム→組織全体へと思考する
  • アウトサイドイン…組織全体→チーム→隣人→自分へと思考する
組織の4層構造から、インサイドアウトとアウトサイドインを図解した資料です。

依存状態の人は、自分以外の「隣人」「チーム」「組織全体」「環境」などに責任転嫁する傾向があります。これは典型的なアウトサイドインの考え方です。

一方でインサイドインの考え方はどうでしょうか?

自分が起点として、問題を解決するように思考がされています。

こちらのケースで考えてみましょう。

「ごめん。他のタスクが忙しくて、〇〇できなかった。」

  • 自分自身に何か落ち度がなかったか?
  • 自分のスケジュールをしっかり管理しておけば、この問題は起きなかったのではないか?

など、自然と自責思考ができます。

まずは自分自身の課題に目を向けることで自己成長は最大化できます!

これが自立をしている状態です!

インサイドアウトの応用

さて、問題が発生した時に、まずは「自分」を起点に考えることで自己成長を遂げ、自立した人間になれることを紹介してきました。

ここではインサイドアウトの考え方をフルに活用すれば、組織にいい影響を与えることができるということをご紹介します!

インサイドアウトは自分→隣人→チーム→組織全体へと思考を展開します。

以下のケースをまた扱います。インサイドアウトを発揮すると以下のような思考ができるようになります。

「ごめん。他のタスクが忙しくて、〇〇できなかった。」

  1. 自分…まずは自分のスケジュール管理を徹底しないといけない
  2. 隣人…他の人も同じようなことで悩んでいないかな?
  3. チーム…隣人も同じような問題が起きているなら、チームで改善するべきだ
  4. 組織全体…同じ問題が組織全体で起きているなら、仕組みを変えるべきだ

いかがでしょうか?

得てして、自分だけに問題が発生していることはなかなかありません。

その場合、まずは自分から変えることで自分自信を成長させることができます。

さらに隣人→チーム→組織へと目線を変えることで、環境要因や仕組み、仕事のプロセスの問題点に気づけるようになります。

このようにインサイドアウトの考え方は、自分自身だけでなく、組織全体を良い方向に導くことができます。

まだまだ私も未熟ですが、インサイドアウトの思考法を自分の団体でも活用していきたいと思いました。

これから研修を受ける方々へ

11月の研修のテーマは、「社会人が持つべき習慣」についてでした!今の自分がいかに学生レベルだったのかを見直すとてもいい機会になりました。

社会人に持つべき7つの習慣は、一見当たり前のことに感じるかもしれないですが、その当たり前をできていないこと。当たり前を積み重ねてこそ、信頼は生まれるものだと改めて教わりました。

研修で学んだこと

  • パラダイムシフト…ある結果が出ない課題に対して、考え方を変換させることで大きな変革を起こすこと。
  • 依存から自立・自律、そして相互協力・相乗効果という理想の組織体制へ
  • リーダーシップとマネジメントの違い…リーダーシップは適切な目標を定めることを指し、マネジメントは目標に向かって効率的に物事を進めることを指します。

この記事の著者/編集者

前田佳祐 早稲田大学 教育学部 

2つのキャリア支援団体を経験してきた早大文系の4年生。大学二年生の頃にキャリア教育に疑問を感じ、キャリア支援団体を設立。与える影響力の規模から設立したキャリア支援団体をたたみ、日本最大級のキャリア支援団体にジョイン。将来は世界全体に幸せな未来を築くために、総合商社への入社を決意。現在は早稲田の就活生の1/3に影響を与える組織で4つの部門を統括する部署長として活躍。(新規顧客獲得部門、面談サービス設計部門、メディア部門、組織コンサル部門)

最新記事・ニュース

more

周囲への感謝の気持ちを伝えることは、人間関係を豊かにし続けます。本記事では特に私が大切にする3つの考え方をお伝えします。読み終わった後にはつい照れてしまって感謝を大事な人に伝えきれていない人も「ありがとう」と周りに言いたくなるような記事です。

須賀渉大 羽田 優作 香山 渉 3Picks

感謝は大事だと分かっているけれど、感謝を後回しにしてしまう。そんな方に、感謝の価値を改めて実感していただき、実践するための準備となるメッセージになればと思います。

「ありがとう」と人に感謝を伝えるとき、皆さんはどのようなことを意識していますか。形骸化した「ありがとう」では、お互いに実りのあるコミュニケーションをとることができません。価値のある「ありがとう」を伝え、自分自身や相手、そして組織全体にプラスの影響を生み出していきましょう。

松本 康士朗 香山 渉 2Picks

プロジェクトマネジメントを機能させる土台となるのが『理念のマネジメント』 プロのリーダーは、「権威のマネジメント」を避け、「理念のマネジメント」を構築し、維持し続ける。 「好き・嫌い」や「多数決」ではなく、説得力ある提案を互いに尊重する文化を構築したいリーダーのための研修です。

須賀渉大 髙橋開 川村杏 久野 滉大 本田花 13Picks

今月の研修:マナー・ホスピタリティ・おもてなし 突然ですが、皆さんはAさんとBさん、どちらの人と話したいですか? きっと、ほぼ全員がAさんを選ん…

今月の研修:災害時・緊急時の対応 以前、部下に信頼されるには、部下に相談するべきという記事を書きました。(部下から信頼されるリーダーになりたい)…

今月の研修:プロジェクトマネジメント(基礎1) 多くの企業、もしくは個人単位でも、ニーズを把握するために様々な取り組みが行われています。顧客のニ…

非常に重要な内容にも関わらず、なかなか記憶に定着しない、周囲のメンバーが覚えてくれない。そのような経験をはありますか。効果的に記憶を定着させるためには、「記憶のメカニズム」を理解し、活用することが重要です。

リーダーシップゼミやビジネス基礎研修で学んだことを、机上の空論とせずに実践し続けることが重要。プロジェクト年間計画をもとに毎月、リーダー同士でチ…

須賀渉大 本田花 谷口 宗郁 吉田 美結 犬山 聖存 17Picks

ずっと思い出せる経験とすぐ忘れてしまう経験。この違いはどうして生まれてしまうのでしょうか。記憶のメカニズムを学び、この違いを一緒に解明してみましょう。

組織における尊敬とは、どのようなものなのか。尊敬を大切にする組織は何を実現することが出来るのか。尊敬と組織の関係性について、紐解いていきます。

互いに尊敬し合えるチームであるためには、「尊敬する努力」と「尊敬される努力」が必要です。仲間の尊敬できる部分に目を向け、発信していくこと。この重要性を記事を通してご説明します。