目標を明確化し、発信することの効果とは?

話を聞くだけでなく、実際に経験もできた

 世の中には様々な教育の形があってよいが、自分たちは生徒のターゲットを絞っているからこそ、生徒1人1人に多くのエネルギーを注ぐことができるというメッセージが印象に残っています。だからこそ、生徒とのディープな関係を築くことができるのだと感じ、さらには具体的なターゲット・目標を明確化することが大切であると気づかされました。

 また本プログラムでの自分自身の経験として、目標を周囲に宣言することにより、就業体験に一層真剣に向き合うようになり、自分自身がその約束に対して誠実でなければならない、という意識が芽生えることにも気づきました。また、目標を言語化して発言することで自分の考えが一旦整理されるということを、話を聞くだけでなく実際に身をもって経験できました。明確な目標を設定・発信して、積極的・主体的に動けるように努めます。

研修講師へのメッセージ

 3時間を通して、我々のことを”お客様”ではなく”エイ・アンド・プロで働く仲間”として捉えて真剣に向き合ってくださり、本当にありがとうございました。プロジェクトマネジメントにおいて大切な様々なことを、ユニクロやケーキ屋などの身近な例えで説明してくださったので、とても分かりやすかったです。また発言の機会をたくさん与えてくださったおかげで、自分が成長するきっかけとなりました。

これから研修を受ける方々へ

 3時間のプログラムを経験したことにより、プロジェクトマネジメントに関する考え方がガラッと変わり、主体的に行動しようという意欲が生まれました。このプログラム参加後には、確実に人間としての成長が実感できます。

 単なる就業体験とは全然違いますので、生半可な気持ちでは絶対申し込みしない方がいいです(笑)

就業体験で学んだこと・感じたこと

【教室見学】

  • 3時間経っても、講師・生徒が共に活き活きとしていて、集中力が途切れていなかった
  • 生徒が主体的に講師に質問していた
  • 異なる科目を複数の生徒に対して同時に指導していた

【教室見学以外】

  • MTGの中でしっかりとした発言がされていて、講師の方々が、深いところまで考えながら行動していること・責任をもって権限を活用していることを実感した
  • 研修講師から頻繁に投げかけられる質問に答えることにより、まずは自分の考えをしっかり持つことの大切さを学んび、自分を見つめ直すことができた

A&PROより

 何かしらの問題に対して寡黙に取り組む姿勢は、それ自体素晴らしいことだと思います。ですがそれ以上に、積極的に自らの目標を外部に発信し、達成に向かって努力することの意義を、私自身も感じさせていただきました。今回の経験が今後のご自身の成長につながることを願っております!(人財開発担当 萩原)

この記事の著者/編集者

R.F. さん 早稲田大学 先進理工学部  

最新記事・ニュース

more

皆さんがリーダーを務める組織にはMVVやスローガンと言ったメンバー全員が認識している「共通目標」はありますか? そして、今その「共通目標」を何も見ずに口ずさむことができますか? もし、一度決めたことがある共通目標が形骸化してあまり浸透していない場合は私と同じ苦悩を経験するかもしれません。

大庭彩 1Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1~3を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「自分と仕事をしたいか」と思われているかどうかは他者の言動を大きく変化させます。相手方の時間を頂いているという認識があなたの評価を変えるでしょう。適切な準備を行うことで周囲と豊かな関係性を築きたい方に必見の記事です。

大庭彩 香山 渉 谷口 宗郁 3Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「周りの声を意識して思っていることを伝えられず、自分だけが辛い思いをしている...。」「それもあって、周りに対して愚痴が溜まっている...。」この悪循環を引き起こすコミュニケーションを、A&PROではPassive(受身的)なコミュニケーションと捉えます。そして悪循環を解決させるには、「Passive(受身的)」を「Assertive(自己主張的)」へ変容させていくことが重要です。

矢後慶樹 前田佳祐 大庭彩 3Picks

「メラビアンの法則」や「真実の瞬間」と向合い、各メンバー自身がブランド形成の重要要素であることを自覚していきます。 「目配り」「気配り」「心配り」の各段階を理解し、「マナー」「サービス」「ホスピタリティ」「おもてなし」の違いについて研究。 「マニュアル」「サービス」を理解・実践するのは当然。 「ホスピタリティ」「おもてなし」を顧客・メンバーに提供したいリーダーのための研修です。

メンバーに尊敬されるリーダーは当たり前ですが、メンバーを尊敬できるリーダーは少ないのではないでしょうか? 今回の記事ではメンバーを尊敬することで得られるメリットについてご紹介していきます。

大庭彩 1Picks

知識として体系化されているプロジェクトマネジメント。 ただし、頭で理解していても習慣化できていないと、顧客やステークホルダーの期待値とは程遠い『自己満足なプロジェクト』となってしまう。 各種マネジメントツールにもてあそばれず、プロジェクトマネジメントの本質を理解し、やるべきことを実践し続ける。 そんな責任あるリーダーを対象とした研修です。