教え上手は当たり前。学び上手であれ!

■今月の研修■ 理念のマネジメント

人の成長には「深い理解」と「実践の積み重ね」が必要

 今回の研修では、我々講師の評価基準として実際に使用している「STAGE」について、その意義や有用性を確認しました。また、グループに分かれて、各項目の意味やそれに当てはまる具体的な仕事、得られる気付きについて意見を交わしました。

 それぞれの視点を持つ優秀なメンバーと議論することで、自分1人だけでは見えてこない、貴重な気付きを得ることができました。特に大きかった学びは、人の成長というのは「深い理解」と「実践の積み重ね」の2つからくるということです。つまり、学んだことを人に教えられるレベルまで深く理解し、かつ繰り返し実行してみることが、習得のプロセスだということです。これは、生徒指導やSTAGEの活用などあらゆる「成長」の場面で応用することができます。例えばSTAGEの評価項目の1つに「考えさせるヒントを与え、生徒に説明をさせているか」というものがありますが、これは生徒の「深い理解」のためにある項目であり、また講師にとってもこうした指導方法を「実践」し続けているかを振り返るための項目になっています。

これから研修を受ける方々へ

 STAGEという評価基準を深く理解し見直すことを通して、「成長」とは何かを改めて考えさせられる非常に有意義な機会であったと思います。私が成長のために努力するのは、大切にしたい人を大切にできるようになるためです。尊敬する恩師が危機に直面したとき、親友が壁にぶち当たったとき、将来自分の子どもが悩み苦しんだとき、もちろん仕事でクライアント先の企業が問題を抱えているとき、そうした人々を少しでも助けるために自分にできることを増やしておきたいのです。

 他にも、信頼関係を強く築くこと、人に手を差し伸べられる人間になること、逆にうまく人の助けを借りられる人間になること…。お互いを大切にできる誠実な生き方こそが、私の目指す人生です。もちろん仕事での成功は重要かもしれませんが、仕事、家族、友人、自分、全てを大切にできる人こそが本当の「社会人」なのではないでしょうか。本気で成長に向き合うこの組織でなら、そんな真の「社会人」に近付くことができていると思えています。

研修で学べた事(キーワード)

  • STAGEの目的
  • クレド(企業理念)とSTAGEの違い
  • 学習効果に個人差が出る理由
  • 実践のためには具体的に落とし込むこと
  • 実績には報酬、努力にはチャンスで応える
  • 一貫したメッセージを伝え続ける指導の重要性
  • ゲームと勉強の面白さは共通している
  • 耳の痛い話もできる効果的な指導方法
  • 自分の失敗談も指導に活かす
  • 話す力は賢さに直結する
  • 小さなきっかけを与えるだけで脳は活性化する
  • 生徒ごとの性格まで踏まえた指導
  • 約束することで指導を定着させる
  • 進歩は手本を真似することから始まる
  • 慣れを自覚し常に影響の範囲を広げるか深める
  • 健全な不安感こそ持続的成長の秘訣
  • アサーティブコミュニケーション

この記事の著者/編集者

遠藤 七海 東京外国語大学(国際社会学部)卒  

大学・学部:東京外国語大学 国際社会学部 スペイン語専攻 
部活:男女バスケットボール部 マネージャー(高校) 
趣味:海外旅行(観光よりもサバイバル)、ミュージカル鑑賞 
アルバイト:浦安の某有名テーマパーク、大学進学塾での講師 
その他の活動:メキシコに短期語学留学(衝撃のサボテン料理を体験) 
現在お住いの地域:千葉県(総武線沿線) 
研究:教育社会学 「将来の夢」についての研究 
家族構成:父、母、犬のももさん、私 
その他:好きな食べ物は麺類(こだわりはラーメンの海苔を食べるタイミング)苦手な食べ物はパクチーとレーズンです

最新記事・ニュース

more

プロジェクトマネジメントを機能させる土台となるのが『理念のマネジメント』 プロのリーダーは、「権威のマネジメント」を避け、「理念のマネジメント」を構築し、維持し続ける。 「好き・嫌い」や「多数決」ではなく、説得力ある提案を互いに尊重する文化を構築したいリーダーのための研修です。

須賀渉大 髙橋開 川村杏 久野 滉大 本田花 13Picks

今月の研修:マナー・ホスピタリティ・おもてなし 突然ですが、皆さんはAさんとBさん、どちらの人と話したいですか? きっと、ほぼ全員がAさんを選ん…

今月の研修:災害時・緊急時の対応 以前、部下に信頼されるには、部下に相談するべきという記事を書きました。(部下から信頼されるリーダーになりたい)…

今月の研修:プロジェクトマネジメント(基礎1) 多くの企業、もしくは個人単位でも、ニーズを把握するために様々な取り組みが行われています。顧客のニ…

非常に重要な内容にも関わらず、なかなか記憶に定着しない、周囲のメンバーが覚えてくれない。そのような経験をはありますか。効果的に記憶を定着させるためには、「記憶のメカニズム」を理解し、活用することが重要です。

リーダーシップゼミやビジネス基礎研修で学んだことを、机上の空論とせずに実践し続けることが重要。プロジェクト年間計画をもとに毎月、リーダー同士でチ…

須賀渉大 本田花 谷口 宗郁 吉田 美結 犬山 聖存 17Picks

ずっと思い出せる経験とすぐ忘れてしまう経験。この違いはどうして生まれてしまうのでしょうか。記憶のメカニズムを学び、この違いを一緒に解明してみましょう。

組織における尊敬とは、どのようなものなのか。尊敬を大切にする組織は何を実現することが出来るのか。尊敬と組織の関係性について、紐解いていきます。

互いに尊敬し合えるチームであるためには、「尊敬する努力」と「尊敬される努力」が必要です。仲間の尊敬できる部分に目を向け、発信していくこと。この重要性を記事を通してご説明します。

研修参加前は、私はリーダーの素質がないと思っていました。しかし研修を通して、私には素質がないのではなく準備ができていないということに気付かされました。

誰しも緊張して力を出しきれなかった経験があるのではないでしょうか?この記事では、緊張に対処する方法と、緊張に関する野球部での実体験を紹介します。