メンバーと価値を提供し合うリーダーへ

プロフィール

名前

田村稔行(たむら としゆき)

大学・学部学科

早稲田大学基幹理工学部情報通信学科

サークル

早稲田大学理工英語会という英語サークルで幹事長(代表)を務めています。オンラインながら英語でディスカッション等の活動をし、10以上の他大学の学生とも交流しています。

また、年に1、2回英語でのディスカッションイベントを主催しており、他大学の英語サークルの方を招待して例年130人程の規模で実施しています。昨年は初のオンライン開催となりましたが、100人以上の規模で無事開催することができました。

その他の活動

日本最大のキャリア支援団体で、大学1、2年生向けに記事執筆やSNSによる情報発信をするセクションのリーダーをしています。他のセクションリーダーは大学4年生ですが、唯一大学3年生として先輩もメンバーに迎えながら活動しています。

早稲田支部は最大の支部ですが、大学1、2年生向けのサービスはまだ始まって1年経っていない段階で、スピード感を持って活動しています。

就活を目前にした大学3年生だけでなく、大学1、2年生のうちからキャリアや将来について考える機会を提供するため活動中です。

これまでの就業経験

実家が自営業で黒毛和牛の繁殖と肥育を行っており、長期休みにアルバイトとして手伝っていました。牛舎の清掃や餌やりをするだけでなく、父の出張に同行し、目の前で同業者の方が70万円を超える子牛を購入するせりに参加するなどの経験もさせてもらいました。

小学生の頃にも牛舎の手伝いをさせていただいたことはあるのですが、その当時は与えられた単純作業をこなすだけでした。

しかし、大学生になってからは他の従業員の方と一緒に朝礼に参加し、経営者としての父がどのように指示を出したり全体観を説明したりするかを見させてもらいました。その上、仕事が終わると朝礼で意図していたことについて家族として話してくれたため、実社会においてリーダーがどのように指示をしているか、どのように指示すべきか考えさせられました。

calf

出身地

栃木県南部出身です。とちおとめが名産品であり、父の同級生など、地元でいちご農家をされている方も多く、季節によってはいちごをいただいたり、小さい頃にはいちご狩りの体験をさせていただいたこともあります。

家族構成

三人兄弟で現在は弟と二人暮らしですが、実家には両親と祖母に加え、弟一人が住んでいます。

趣味

英語と歌を歌うことです。英語に関して、TOEICのスコアとしては945点を取得しています。英語が好きになったのは、中学2年生の頃に好きだった同級生がOne Directionというイギリス・アイルランドのグループが好きで、それがきっかけで洋楽を聴くようになったからです。

また、中学生の頃から英語系の部活、サークルでの活動を続けています。中高の部活では主に、英語での45分ほどのミュージカル劇を文化祭で披露しており、洋楽を含めた歌を歌うことも趣味の一つです。

興味・関心

小さい頃から機械などの仕組みについて興味を持つことが多く、小学生の頃からカーナビや家電などの説明書を読んでは操作するといったことをよくしていて、小学生の終わりにはパソコンの部品を購入して自分で組み立てる、いわゆる自作PCを作るなどもしました。

home-built PC

また、身の回りの人とそれぞれの意見について話し、互いの価値観についてより深く知ることに魅力を感じています。

例えば、80代のフランス人の方と英語で半月ほど過ごしたというエピソードがあります。最初は、高校生時代に沖縄県で家族旅行をしていた際、銭湯の券売機の使い方がわからなかった外国人の方に英語で使い方を案内したというものでした。しかし、雑談をしている中でメールアドレスを交換してその後も会話を続けていました。

数年後彼が再び日本に来ることになったので、大学に通いながら同じゲストハウスで半月ほど過ごすことになりました。授業のある平日の日中は別行動しながらも、授業外の時間や休日には一緒に過ごし、彼の出身であるフランスの話や若い頃の仕事の話を聞いたり、他にも訪れた場所で通訳をしたりするなどしていました。

私の経験談

サークルイベントの運営準備の経験

サークルについてでもお話しましたが、私の所属するサークルでは100人超の規模で英語でのディスカッションイベントを例年主催しています。昨年度は、コロナウイルスの影響でこのイベントが初のオンライン開催となった上、中心となり運営する3年生の先輩が6、7人と、例年の半数ほどの状況でした。

2年生ながらイベントの準備を進めなければと考えつつメンバーと自分のモチベーションを維持して練習を続けるにあたっては困難も多くありました。ある日にはサークル以外にも授業やタスクが重なり、それを見ると結果としてやるべきことを何もしたくなくなり、吐き気や脱力感を覚えたり手が震えたりさえしました。

当時は友人や実家の家族に話し相手になってもらい、一人で抱え込まなくて良いと言ってもらうことができたので気分は一時的に改善しました。

自分の反省からメンバーへの還元へ

このようになってしまった根本の理由としては、自分を含めたサークルのメンバーが、一人で多くの役割を担わなくてはと感じ、他のメンバーと仕事や忙しさなどを共有出来ていなかったことがあります。

このディスカッションにおいては、5、6人のグループに分かれて司会進行役が議論を進める形をとります。主催イベントの際は自分のサークルのメンバーが各グループにおいて司会進行を務めるため、多くのメンバーが2ヶ月ほどかけてその練習を行います。

練習は1回につき90分のもので、最初の頃は例年より数割多く週16枠ほど用意していました。これは、オンラインでの練習ならキャンパスに行かずに実施できるため、多くの選択肢を持たせて練習に参加できるように、という理由からでした。

しかし、実際に練習が始まると、3分の1ほどの枠は3人未満しか集まらず練習自体が実施できなかったり、実施自体はできても参加者が分散したりすることとなってしまい本番のように5、6人で練習できることは稀でした。

このとき自分は練習運営の担当ではありませんでしたが、本番のディスカッションにおいて司会進行はする予定だったので、参加者側として練習に行っていました。しかし、このような状況が1、2週間変わらなかったため、何か理由があるのではないかと参加者なりに考えました。

状況を整理すると、練習運営の担当のメンバーは2年生が努めており、更に練習枠に多くの時間を割いていたことが負担となっていて、彼らに代替案を考える余裕がない状態でした。そこで担当外の私が練習運営の担当メンバーに練習案の変更を提案し、週に13あった枠を、多くのメンバーが参加できる時間帯6枠に絞ることにしました。

結果としてその後の練習はほぼ毎回実施されるようになった上、参加者も本番と同じ条件である5、6人が集まることが多くなり、それでいて練習枠を減らしたことから練習運営の担当メンバーの負担も減らすことが出来ました。また、本番でもゲストによるアンケートで、それぞれの司会進行が高評価をいただくことができました。

Waseda Discussion2020

今後のリーダー経験へ

このような経験から、自分のタスクや状態を周りと共有しつつ、更には周りの状況も共有することで全体を俯瞰することの重要性を学びました。

今回であれば、一時的にやることが集中してしまったことにより練習の改善を考え変更するのが難しかった状態に対し、他の担当であり手の空いていた私が手を貸して提案することで、練習自体やその後の負担の改善、更にはそれを通してサークル全体の士気の向上にも繋がりました。

自分のやることが多く苦しんでいた際に他のメンバーと共有することにしたという学びを、今度は他のメンバーに還元できた経験です。

最初にお伝えした通り、現在は、このサークルの代表の他に、キャリア支援団体でのセクションのリーダーも努めています。

他の経験との大きな違いは、年下ながら自分がリーダーで先輩がメンバーであるという状況が生まれるということです。今までは考えることのなかった視点や深さを用いて、リーダーとはどうあるべきか、例えば年の差で評価されるべきなのか、自分は本当に年下なのにリーダーであるべきなのか、などと考えさせられる状況にあります。

そのような中でも、自分やメンバーに対してどのようにタスクを割り振るか、忙しさを共有するかといったことには改めて向き合っており、この経験を通して更にリーダーとしてのマネジメント力を向上させていきます。

私の理想の姿

私が成し遂げたいこととしては「より多くの選択肢を人々に提供すること」が挙げられます。

これは、キャリア支援団体での経験がきっかけとなっています。大学2年生当時、サークルでは積極的に活動しているものの、他に何かするべきだろうか、そもそも何ができるのだろうかと考えつつ踏み出せない状況にありました。そのようなとき、始まりたてであったこのキャリア支援団体の面談サービスについてサークルの先輩が案内してくれました。

この面談で、大学4年生の先輩に何をしたいのか聞いていただきながら、今からどのようなことを始める選択肢があるのかという提案をしていただきました。

私は現在その際の提案もあり、キャリア支援団体に運営メンバーとして参加しています。しかし、結果としてどのような選択を取るにせよ、そもそもどのような選択が存在するかを知らなくては行動に移すことは出来ません。

何か成し遂げたいことがあったり、もしくは漠然とした不安があるような人に、より多くの選択肢を提示し、次の一歩に繋げることのできる存在になりたいと考えています。

この記事の著者/編集者

田村稔行 早稲田大学 基幹理工学部 情報通信学科  

高校時代から英語の部活、サークルでの活動を続けており、現在は理工学部生向け英語サークルの代表をしています。
更に、大学1、2年生がキャリアついて考える機会を提供すべく、キャリア支援NPO法人「エンカレッジ」で活動中。他のリーダーは4年生が務める中、唯一3年生として、記事執筆やSNSでの発信を行うセクションのリーダーを務めています。

するとコメントすることができます。

新着コメント

最新記事・ニュース

more

単なる就業体験では意味がない。 単なる発表会でも意味がない。参加者の能力開発にこだわった3日間の集中プログラム。 今のうちに自身の限界にチャレン…

嶋田 夏生 草野柾樹 原 駿介 星野 歩華 齋藤祐太 17Picks

復習回数を闇雲に増やしたり、ノートいっぱいに何度も書かせる記憶法は、社会に出てから通用しない。 多忙なリーダーは、重要事項を一発で覚える。 たとえそれができなくても、復習回数を最小限にし、効果的・効率的に記憶することが大切。

今や社会人に必須のスキルとされている報連相。その重要性は誰もが知るところですが、時が経つにつれて報告・連絡・相談の目的や意図が本来のものから逸れてしまい、意味を勘違いしている社会人が増えてきました。 この記事では報連相の正しい意味と活用方法について分かりやすくご紹介します。

社会は常に変化し続けています。立ち止まればどんどん遅れていくことになります。

大きな課題に怖気付いたり、ミスに落ち込んでしまう方がほとんどではないでしょうか。私も前者に近い状態です。しかし、そのような状態ながらも、大変なことに対してプラスに捉えることができるようにと心がけていることがあります。

私は正直、2日間で自分の考えがここまで大きく変わるとは参加前は思っていませんでした。 これはこの研修が、ただただ新しい知識を先生から学ぶのではなく、納得できるまで本質を考え、自分と向き合うことができるからこそだと思います。そして、何より大学生の自分に、ここまで真剣に向き合い、厳しく指導してくださる大人に出会えたからです。こんな機会滅多にないので、迷っている方はぜひ参加をおすすめします。

田村稔行 藤原穫 信宗碧 3Picks

そんな「短期間で簡単に過去の自分を変えることなんて不可能だ」と感じる方が大多数だと思います。しかしながら、自身が徹底的に弱みと向き合い続け、目標とするリーダー像に成長したいと思う意思を持っていれば、必ず変われます。この研修には、それを応援してくれる森口さんと仲間がいます。

藤原穫 田村稔行 信宗碧 3Picks

これまでにリーダーシップの研修やインターンに参加したことがある人でも、必ず新しい発見が得られる研修です。私自身、2日間という短い時間の中でひたすら考え、そして行動する習慣を身につけることができました。また、自分自身としっかりと向き合い、自分の弱さを誠実に受け止めることができるようになりました。それは、「本気で変わりたい」という気持ちを真剣に持つことができるようになったからです。

藤原穫 田村稔行 信宗碧 3Picks

この研修の中で誠実という言葉が1つ重要であった研修であったと思います。ただの事実を述べる”正直”とは違い、”誠実”は本来あるべき姿に事象を持っていくことです。リーダーは自分と向き合い、弱さに向き合い、成長していく自分に対しての誠実さはもちろん、チームのメンバー・顧客等々、あらゆる立場の人に対して誠実でなければなりません。

田村稔行 藤原穫 信宗碧 3Picks