メンバーの欲求段階に応じたコーチングを

 今月の研修:コーチング理論(基礎1)

「仕事でメンバーのパフォーマンスがなぜか低下している」

「モチベーションを持って主体的に行動してくれない」

あなたの組織ではこういった悩みを抱えていませんか。

各メンバーがモチベーションを持つことは簡単でなく、忙しい・厳しい状況などでは特に目的や目標を見失う危険性があります。

しかし、そのような状態のままの組織が続いては、メンバーが中途半端に妥協した形で運営されてしまいます。特に顧客がいる場合は、低品質のサービスを提供することになるので、期待に応えることができません。これは誠実な姿とは言えないでしょう。

そのようなことを避けるためにも、メンバーにどのようなモチベーションがあるかを把握した上で、一人ひとりの目的・目標とモチベーションを結びつけることが大切です。

コーチング理論

今回の研修では、コーチング理論について学びました。

A&PROでは、コーチングにおいて

  1. 目的・目標とモチベーションを結びつける
  2. 目標に向かって主体的に取り組むよう導く

ことを大切にしています。

研修で実際のケースを想定してメンバーのパフォーマンスについて考える中で私は、これらを実現するために、メンバー一人ひとりの欲求段階に合わせた適切なアプローチを取ることの重要性に気付きました。

ここでは、今回学んだマズローの欲求5段階説を取り上げて、このアプローチについて説明します。

マズローの欲求5段階説

欲求5段階は低層から順に、生存欲求、安全欲求、社会的欲求、承認の欲求、そして自己実現欲求によって構成されています。

マズローの欲求5段階

では、組織に当てはめるとこれら各段階はどういった状態に対応するでしょうか。

1つ目が生存欲求。こちらは、組織内で短期的ながらも身に危険が及ばずにいられる段階です。

2つ目が安全欲求です。こちらは、組織内で長期的に精神的・肉体的な安全が確保されている段階です。

3つ目が社会的欲求です。所属の欲求とも言われるこの段階は、メンバーが組織に所属している実感を持っている段階です。

4つ目が承認の欲求です。組織の中で周囲に評価されることによって満たされるというのがこの段階です。満たされているのはこの段階まで、という組織も多いのではないでしょうか。

そして5つ目が自己実現の欲求です。周囲に評価されるかどうかに関係なく、自分らしくあったり、自分の成し遂げたいことのために行動したりする段階です。

あなたの所属する組織のメンバーはどの欲求段階まで満たされているでしょうか。

組織のメンバーに合ったアプローチ

更に、メンバーが組織においてどの欲求が満たせているかによって、相手へのアプローチは異なるものとなります。

チームのメンバーがどの欲求段階にいるかによって、適切にアプローチを変えなければならない、ということです。

なぜなら、低い欲求段階しか満たされていないメンバーに対しそれより高度なモチベーションを求めることは、低段階にあるより根本的な問題を無視したアプローチとなるからです。また、メンバーが既に満たされている欲求段階についてしかアプローチしないことも、モチベーションの向上には繋がりません。

various-approach

私は、エンカレッジというキャリア支援団体において、大学1、2年生向けに記事執筆やSNSによる情報発信を行うセクションのリーダーを務めています。

月に3、4本のペースで記事を投稿する活動ですが、私を含めて3人で構成されており、現段階では他のメンバーの力も借りている状況です。

今回の研修を通じて私は、セクションのメンバーの社会的欲求が満たされていないのに、それ以上のモチベーションを期待し、過剰量のタスクを振っていたのではないか、ということに気が付きました。

実際にメンバーからは、「セクションが自分のやりたいことと合っているか不安」という声があがったり、更にはミーティングなどの約束を直前になってキャンセルされてしまったりするという状況が発生していました。

特に私の組織は代替わりが3月であり、現在は現メンバーとしてスタートして間もない時期です。また、メンバーが3人のみであるという今の状況では、一人ひとりの役割が大きいため、セクションとしての一体感や責任感がより重要になります。

そうであるにも関わらずこのような状態になっているのは、メンバーにとってセクションでの関係構築や所属意識が十分でないからだ、と考えました。

自分の得た気付き

メンバーの欲求段階・モチベーションと向き合う

実際に振り返ると、今までセクションでの関係構築の場を設けていなかった上、個々の役割分担とセクション全体の目標達成との繋がりを意識してもらうことができていませんでした。

人数規模としては、大きいセクションより半分以下となっている中で、個々のメンバーがどのようなことにモチベーションを感じていて、それをどのように自分のセクションの活動に結びつけることが出来るかが、大変重要な観点であると考えます。

1on1-meeting

実際のところ、メンバーの一人と話した際に、セクションでどのようなことをしたいか聞くことで、そのメンバーにとってセクションがどうあることができるか共に考え、今後の役割分担をそれに沿って活用できるよう見直すことができました。

今後は、セクションとして関係構築の場を設ける、セクションの目的・目標と各メンバーの役割分担の結びつきについて一緒に考え直すといった行動を通して、改めてメンバーの社会的欲求の段階からアプローチしていきます。

それと同時に、メンバー一人ひとりと話して向き合う機会を定期的に設け、セクションに対する各自の欲求段階とモチベーションを深く確認し、コーチングしていきます。

最後に

このように各メンバーの欲求段階に応じたアプローチを選択し、一段階毎に積み上げていくことは、メンバーが各欲求段階に応じたモチベーションを持ち、それを自身や組織の目的・目標と結びつけることに繋がります。

その上で、より上位の欲求段階が満たされれば、メンバーは更に主体的に行動するようにもなります。

例えば、私たちの組織は学生団体であり賃金報酬がない一方で、年間で達成すべき数値目標を設定しています。このような組織においては、モチベーション管理が難しいだろうと感じる方もいるでしょう。

しかし、この欲求段階を活用すれば、賃金報酬の有無に関わらずモチベーションを引き出すことができます。むしろ「お金のために働いている」といった消極的なモチベーションを生むことがなく、各自が組織内での活動自体に意味を見出し、各自が高いモチベーションで主体的に行動することができると私は考えています。

これから研修に参加する方々へ

この研修では、相手の問題がどのような領域にあるのか考えたり、マズローの欲求5段階に当てはめるなどのアプローチを学び、実際にコーチングのロールプレイを行います。

相手の問題の根本は何にあるのか、一人ひとりと向き合うことは実際にメンバーと向き合う場面でも非常に重要になります。A&PROが「あらゆる仕事はコミュニケーションと結びつけると豊かになる」と考える通り、実際のどのような仕事、活動においても、このようなコーチングが役に立つでしょう。

研修で学んだこと

  • マグレガーのXY理論
  • マズローの欲求5段階
  • コーチングの領域

この記事の著者/編集者

田村稔行 早稲田大学 基幹理工学部 情報通信学科  

高校時代から英語の部活、サークルでの活動を続けており、現在は理工学部生向け英語サークルの代表をしています。
更に、大学1、2年生がキャリアついて考える機会を提供すべく、キャリア支援NPO法人「エンカレッジ」で活動中。他のリーダーは4年生が務める中、唯一3年生として、記事執筆やSNSでの発信を行うセクションのリーダーを務めています。

するとコメントすることができます。

新着コメント

最新記事・ニュース

more

「人は強く望んでいることを容易に信じてしまうものである」噂・偏見・思い込みで、誠実に行動している人を傷つけてはいけない。本質を理解し、誠実に行動…

単なる就業体験では意味がない。 単なる発表会でも意味がない。参加者の能力開発にこだわった集中プログラム。 今のうちに自身の限界にチャレンジし、社…

嶋田 夏生 草野柾樹 原 駿介 星野歩華 伊藤純希 45Picks

研修参加前は、本当に自分はリーダーに向いているのか不安に感じていました。それは、リーダーはセンスや性格で決まるものだ、という考えに基づくものでした。しかし、研修を通じて自分自身も努力次第でリーダーになることができることに気づき、リーダーをやることに対して積極的に考えるようになりました。 また、自分自身の甘さやリーダーになることの大変さにも気付くことができたので、それと真摯に向き合って誠実なリーダーを目指し、継続的な努力を続けていきたいと思います。

まさに想像を超えてくる研修だと思います。 日常では気づけないことにたくさん気づくことができます。当たり前のように使っているコミュニケーションの奥深さに気づくこともできます。 これまで数多くの会社のインターンに行きましたが、ここまで自分と向き合い、実際のビジネスにおける視座でコミュニケーションを取れる機会はありませんでした。間違いなく貴重な経験となるので、自身の弱みは隠さず、全てを吸収するという覚悟を持って臨むことをお勧めします!

クレド2.互いに尊敬し合えるチームであれ 普段、感謝を伝える機会を作れていますか?恩返しとして行動に移すことも素晴らしいことですが、相手に言葉として感謝を伝えることで、より有り難さをお互いに認識することができるのではないでしょうか。

二日間の研修で、表面的な親切心は妥協でしかなく、本当に相手のことを思った言葉ではないと気づきました。リーダーは相手の未来の成長を常に考え、耳の痛いアドバイスも与えることができる人です。私も「いい人」ではなく「嫌われる勇気を有する人」としてコミュニケーションできる人材になろうと、根本から価値観を転換することができました。

台風、大雨、洪水、大雪、地震などたくさんの災害が起こる日本。リーダーとしてメンバーの命を預かる際、これらの災害に対して正しく向き合えていますか?

クレド1.周囲の人、物事全てに感謝 普段、感謝を伝える機会を作れていますか?恩返しとして行動に移すことも素晴らしいことですが、相手に言葉として感謝を伝えることで、より有り難さをお互いに認識することができるのではないでしょうか。

地震が起きた際、コミュニケーションを使い分ける必要性があります。最初は強いコミュニケーションで身の安全を守ることを命令し、その後は大きな声で落ち着いて指示を出すとよいでしょう。いつ起こるかわからないからこそ、準備ができているリーダーになりましょう。

誰しもが受けたことがあるはずの避難訓練。しかし、それも生活様式の変化によって変わってきているはずです。今回の記事では、テレワーク下における避難訓練についてお話します。

早稲田大学の星野歩華と申します。大学生活ではダンスサークルの活動に注力しており、広報部長を務めていました。最後の1年はコロナの影響で普段の活動ができませんでしたが、逆境を成長のチャンスと捉え「今しかできないこと」に取り組み乗り越えました。