ラグビーのパスから学ぶ自責と改善

クレド8.人のせいにせず、常に自分ができること・できたことを考え、最善を尽くす

組織はフラットであり、常に全メンバーが危機意識を持ち、自分にできること・できたことを考え、改善。自分に都合の悪いことが起きても、人のせいにせず、自分にも原因を求め、サービスの質を高めます。

自分にとって都合が悪いことがあったらつい人のせいにしてしまうことってありますよね。人のせいにしたくなる時は誰にでもあると思いますが、人のせいにする人が多いと、いいチームを作ることができません。私はこちらの記事でも書きましたが、できるだけ人のせいにせず、自分ができること・できたことを考えるようにしています。これを考えるようになった経験として、小学校の時にやっていたラグビーの経験があります。

パスの失敗は誰のせいなのか

私は小学校で約5年間ラグビーをやっていました。
ワールドカップで日本代表が活躍したこともあり、試合を見たことがある人も多いと思いますが、ラグビーではパスをすることが多いです。パスに失敗すると相手ボールになってしまうことが多いので、一つ一つのパスが非常に重要です。

当然ですが、パスはパスを投げる人パスを受け取る人がいることで成立します。ボールを落としてしまったときに、投げたパスが悪かった場合と受け取り方が悪かった場合の2パターンに大きく分けられます。

しかし、小学校の時にコーチに言われたのは「パスに失敗したら投げたほうにも受け取ったほうにも非がある。改善できるところを考えろ」ということです。正直、小学生の時は「明らかにあいつのパスが下手だった」や、「俺のパスはうまかったのになんで落とすんだ」と思うこともありました。

しかし、このコーチのメッセージで大切なことは2つあったと思います。

  1. パスをする選択をしたのは自分ということ
  2. 落とした事実はもうどうしようもないからその失敗をどう次のパスへ生かすかということ

の2つです。

1つ目に関しては、いいパスをして受け手がとってくれなかったとしても、パスをする選択をしたのは自分ということです。パスをしないで自分で前に進むなどの選択をせずに、自分からパスという選択を選んでいる。そのためパスをした時点で責任はあるということです。

これは誰かに仕事を頼む際にも同じことがいえると思います。
例えばAさんに仕事を頼んだとして、その仕事が間に合わなかったとしましょう。誰がどう見てもAさん側の事情による失敗だったとしても、Aさんに仕事を頼んでいるのは自分です。

  • 自分の頼み方が悪かったのではないか。
  • 忙しい時期にこなせない量の仕事を頼んでしまったのではないか

など、自分に原因を求めることは可能です。

2つ目に関しては、失敗は過去のことだから、そこから改善し、未来の成功につなげるということです。投げたほうのせいで失敗した、受け手のせいで失敗したということを決めるのは意味がありません。そうではなく、失敗したときには各自が改善できたポイントを考え次に生かすことが重要です。

キャリア支援団体での活動

いま私はキャリア支援団体で大学1年生向けのHPを運用するリーダーをやっています。5人のメンバーで毎週記事を更新しているのですが、あるメンバーの記事の執筆が締め切りまでに間に合わなそうだったことがあります。そのメンバーが忙しかったこと、記事進捗の報告頻度が少なかったことが原因でした。

自分にその時できることとして、自分が考えていた記事を代わりに執筆し、記事の投稿を間に合わせました。

長期的にみると代わりに書くことはいい対策ではないので、同じことが起こらないように、

  1. 記事の進捗報告、確認の徹底
  2. 記事の執筆を任せる際に相手のキャパシティを確認する

の2点を行っています。

また、それでも記事が間に合わなかったときのために、過去に書いた記事をまとめて配信するというルールも作りました。

パスをした責任を取る。次のパスに生かす。
この2つを体現した経験でした。

これからどう生かすか

人のせいにせず、自分ができたこと、できることを考え、実行することはいいチームを作るにあたって非常に大事なことだと思います。自分が記事の中で触れた、次に向けて改善していくという考え方が特に重要だと思います。人のせいにする時間があれば、改善策を考えたほうが有益な時間だと思います。まずは自分がこの考えを常に持ち、実行していくことで周りの人にもそれを伝播させ、失敗を次に生かせるチームを作っていきたいと思います。

この記事の著者/編集者

矢後慶樹 早稲田大学 商学部  

3月からユニクロに入社し世界一を目指す大学4年生。早稲田大学商学部・国際ビジネスマーケティングトラック所属。ゼミではダイバシティマネジメントと日本企業の業績の関連性について研究している。大学1~3年生まで大学受験塾で多くの受験生を合格に導き、4年生では大学3年時の広告会社でのインターンの経験を生かし、日本最大のキャリア支援団体でHPを運営する部署のリーダーを務める。

するとコメントすることができます。

新着コメント

  • 田村稔行

    早稲田大学 基幹理工学部 情報通信学科 2021年06月14日

    タスクのマネジメントを行うリーダにとって、選択をした時点で自分にも責任がある、という考え方は、組織を向上させる姿勢において欠かせないものだと感じました。
    また、当時メンバーとして矢後さんのもとで活動していた私としては、メンバーであろうともちろんこの視点が必要であるということも加えて感じました。
    誰もが互いの約束を果たすことに対して誠実である、そんな組織を目指します。

  • 藤原穫

    東京大学大学院薬学系研究科 リーダーズカレッジ リーダー 2021年02月20日

    パスをする選択をしたのは自分。リーダーとして絶対に忘れてはならない視点ですね。ラグビーの経験から仕事でも大切なことを見出されていて、素敵だと感じました。

最新記事・ニュース

more

研修参加前は、私はリーダーの素質がないと思っていました。しかし研修を通して、私には素質がないのではなく準備ができていないということに気付かされました。

誰しも緊張して力を出しきれなかった経験があるのではないでしょうか?この記事では、緊張に対処する方法と、緊張に関する野球部での実体験を紹介します。

研修中でさえも成長を感じられますが、研修後に努力を継続することで計り知れない学びを得ることができ、自己実現に繋げることができると実感しています。

参加後は自分がリーダーとして目指すべき姿やリーダーとして欠けていた部分を理解することができ、今後私がやるべきことを明確にすることができました。

研修参加前は、リーダーとしてチームを引っ張ることに不安を抱えていました。しかし参加した後は、リーダーとして働くことに対してポジティブに捉えられるようになりました。なぜなら、「今のチームにはこれが足りないのか」といった気づきや、「リーダーはこれが必要だったのか」というような実践に落とし込めるような内容であったからです。本研修に参加していなかったら、こうした心境の変化はなかったと思います。

普段はなかなか感謝を伝えられていない人は多いのではないでしょうか?この記事では、感謝の表し方と私自身が照れ臭さから両親に感謝を伝えられなかった経験を紹介します。

今月の研修:マナー・ホスピタリティ・おもてなし 今回の研修では、マナー・ホスピタリティ・おもてなしについて学びました。 その中でもこの記事では、…

今月の研修:記憶のメカニズム 皆さんは「2×4」の答えを聞かれたとき、答えをどのように導きますか? 2が4個あるからという概念で考えたり、“にし…

リーダーシップゼミやビジネス基礎研修で学んだことを、机上の空論とせずに実践し続けることが重要。プロジェクト年間計画をもとに毎月、リーダー同士でチ…

須賀渉大 本田花 谷 風花 久野 滉大 髙橋開 23Picks

単なる就業体験では意味がない。 単なる発表会でも意味がない。参加者の能力開発にこだわった集中プログラム。 今のうちに自身の限界にチャレンジし、社…

前野 里歩 各務 祐樹 山下 莉奈 松本 康士朗 山本 陽太郎 81Picks

「想定外だったから仕方ないよね」このような言葉に違和感を抱いたことはありませんか。この記事では”リーダーとして組織として、想定外”に誠実に向き合うための戦略についてお話しします。

「報告・連絡・相談」の仕組みを作ることは、リーダーとしてメンバーをマネジメントする上で欠かせない工程です。組織内での連携をスムーズに行い、より確実なアウトプットを出すためにも、まずは「報告・連絡・相談」を正しく理解し、活用できる組織を目指していきましょう。

復習回数を闇雲に増やしたり、ノートいっぱいに何度も書かせる記憶法は、社会に出てから通用しない。 多忙なリーダーは、重要事項を一発で覚える。 たとえそれができなくても、復習回数を最小限にし、効果的・効率的に記憶することが大切。

久野 滉大 本田花 髙橋開 平山 大翔 上野美叡 18Picks

研修参加前、私はリーダーとして、周りの期待以上に頑張りたい、しかし、周りから何を期待されているのかわからない。このようなもどかしい状態が続いていました。しかし研修を通じて、今の私にリーダーとして不足している点が洗い出され、その弱みを克服していくことが出来ました。

本当に弱みに向き合うとはどういうことか、「誠実さ」とは何か、信頼や自信に繋がることは何かなど、多くの気付きを得られる研修でした。そして、その気付きを提供し続けるために必要なことを学び、実行することができました。