自分らしいリーダー像を追い求める

プロフィール

大学・学部:早稲田大学  文化構想学部

部活:中高ともにバスケットボール部キャプテン
中学時代は公式戦で一度も勝てなかったほどの弱小校でした。

サークル:バスケサークル幹事長
学外の大会で優勝経験があります。

アルバイト:カフェ、居酒屋、コールセンター、広告代理店事務

その他の活動:キャリア支援団体

家族構成:起業している母と修行している父。プロアメフト選手の兄。

サークルメンバーと出場した大会で優勝しMVPを獲得

私の夢

一番身近で一番遠い、家族という憧れの存在

私の夢は、自分の母や父、兄のような存在になることです。

私の家族はみな、自分の人生に使命感を持ってやりたいと思えることに熱量高く取り組んでいます。起業して母としてだけでなく一人の女性としてイキイキと生き、人に活力を与え感謝される母の姿。夫婦関係における自分の失敗から内省し子育て学協会の理事をする父の姿。小さい頃からの夢を追いかけ努力し続けるプロアメフト選手の兄の姿。一番身近でいつも支えてくれる家族の人生のあり方に子供の頃からずっと憧れてきました。

今の自分にはまだ使命と言えるべきやりたいことは見つかっていませんが、自分の経験を自分の言葉で話せる人になって、母や父、兄のように自分の人生のあり方で人に勇気や希望を与えられる人になりたいです。

兄の試合観戦時の家族写真(左から父:祖母:私:兄:母)

夢があるからこその苦悩

絶対的な存在になる。と気を張っていたサークル時代

私は大学時代、100人規模のバスケットボールサークルで幹事長をしていました。その中で、私は全てを自分が補い行動するべきだと一人仕事を抱え込んでいました。

そうなってしまったのは、憧れの存在になるためには自分が圧倒的な価値を出さなければならないと感じていたからです。会計や体育館係などの役職と違って、幹事長は明確に仕事内容が決まっておらず、自分は何もできていないと思い込んでいました。そのため、自分が頑張らなきゃ、と全てのタイミングで代表として指示を出そうと気を張って活動していました。そして、自分のやらなければならないことを勝手に形成し、一人で考え込み、うまくいかない自分に失望し、自分自身を追い込んでいました。

自分が頑張りすぎないで良いんだ。私はみんなと一緒に前に進んでいきたい。

しばらく上記の状態が続いた中、私は体調を崩し胃潰瘍になってしまいました。その時初めて、自分が予想以上にその現状にストレスを感じていたことに気がつきました。そこで自分自身が本当に大事にしたいことは何かを見直した結果、私は役割や他人に縛られず自分の意思をもった上で行動することが大切だとわかりました。

そのため、私はメンバーに期待を伝えながら仕事を渡していくことにしました。すると、予想以上に責任持ってしっかり仕事をこなしてくれること、ひいては嬉しそうに仕事を受け入れてくれることを知り、そこで私は自分が引っ張るだけではないチームの団結感を感じることができました。

この経験を通して自分が頑張りすぎることが正義ではないということ、私は自分軸を持ちながら全員で前に進んでいきたいのだと気がつけたことは自分にとってとても大きな変化でした。

サークルの引退合宿での全体写真。最後なのでみんな派手髪です

本当の意味で憧れの存在に近づくために

目の前にあるチャンスに飛び込んでみる

私はまだ、憧れの家族のように使命感を感じられる・夢中になれることには出会えていません。しかし、自分がやりたいことを見つけるためには新しいことに挑戦しなければなりません。

完璧主義でビビリ症の自分が、自分に何ができるのだろうと怯えながらも挑戦したのが、今活動しているキャリア支援団体でした。平坦な道のりを歩んで行ったとしてもそこに物語は生まれません。自分なりに挑戦し全てを感じ経験値にしていける人ほど、言葉に深みがあり魅力的に映ります。

完璧な人はいない。完璧にできなければならないわけでもない。やってみなければわからない。経験が自分を豊かにする。もっと自分を知りたい。その思いで勇気を出して目の前に来ているチャンスに飛び込むことに決めました。

自分が背中を見せメンバーを引っ張る

私はこのキャリア支援団体の活動で、就活生に対して自己分析などを行う面談制度を提供しています。そして、6人のチームのリーダーとして①企業イベント紹介数(年間目標2000件程度)、②新規学生獲得目標(年間目標200人程度)、③メンバーマネジメント の3点に対して責任を負っています。

私はその中で、チームを鼓舞するために自分が一番動くこと・自分が一番成果を出すことを通して、背中を見せてメンバーを引っ張ることを意識してきました。その結果、②の新規学生獲得の部分において自分自身が100人以上の獲得を達成し、全国2500人の運営メンバーの中でトップの成績を残しました。さらに、チーム全体としても300人以上の獲得に成功し、15チーム中No.1の成果を出しました。

初回チームミーティングでの一枚

しかし、人一倍チーム・メンバーのために何ができるのかを考えてしまうからこそ、自分ができる最大限を尽くしたいと思うからこそ、どうしたら一人ではなく全員で補い合っていけるのか方法がわからず迷走しています。個人の努力ももちろん大事ですが、自分の思いを鑑みると、まだ今の状況は理想的ではありません。

自分が頑張るだけではない、その先にある世界へ

うまくいかないことも多く自分にはまだ足りないところだらけですが、私は本気で全員で前に進んでいきたいと考えています。チームで一体感を持ちながら支え合いたい。それが自分のやりがいでもあり、チーム全体の最大幸福につながる組織のあり方だと信じています。

その中で、全員で前に進むために今取り組んでいることが二つあります。

一つ目は、お互いが納得した共通目標の策定です。自分自身が何を目指したらいいのかわからず、どんなに頑張ってもそれが何に繋がるのかが見えなかった迷走時代は本当に苦しかったです。今までも目標を決めようと何度も挑戦してきたものの、自分が本当に大事にしたいことがわからなかったりメンバーとのコミュニケーションが足りなかったり、「これ」といった目標が決められませんでした。今現在は、自分が魅力的なビジョンを語れるようになること、メンバーそれぞれが望むチームの姿を明確にすることが大切だと考え、メンバーや他のリーダーに相談を仰いだり知識をインプットしたりと試行錯誤しながら努力を続けています。

二つ目は、メンバー間の信頼関係の構築です。自分自身、組織貢献と成果への意識が強いあまり、これまではチームのソフト面を重要視していませんでした。一緒にやっていれば信頼は自然と生まれるとさえ思っていました。しかし、お互いのことがよくわからない状態では協力関係を作り上げることができません。そのため、現在はメンバー同士を知れるコンテンツを作ったり、オンラインオフライン含めコミュニケーションの量を増やしています。

これからも、できることに対して全力で向き合いその経験をしっかりと深めることで、成功も失敗もあるような蛇行道を進んでいきます。その中で自分のこと・周りの人のことを知り、自分が使命感を持って熱中できることを見つけていきたいです。

この記事の著者/編集者

河本のぞみ  早稲田大学 文化構想学部 

キャリア支援団体においてチームリーダーを務める。自分に足りないところに向き合いながら憧れの存在に近づくために日々試行錯誤している。
部活:バスケットボール部キャプテン(中学時代は公式戦で一度も勝てなかったほどの弱小校。)
サークル:バスケサークル幹事長(学外の大会で優勝経験があり)
家族構成:起業している母と修行している父。プロアメフト選手の兄。

最新記事・ニュース

more

今月の研修:プロジェクトマネジメント(基礎1) 多くの企業、もしくは個人単位でも、ニーズを把握するために様々な取り組みが行われています。顧客のニ…

非常に重要な内容にも関わらず、なかなか記憶に定着しない、周囲のメンバーが覚えてくれない。そのような経験をはありますか。効果的に記憶を定着させるためには、「記憶のメカニズム」を理解し、活用することが重要です。

リーダーシップゼミやビジネス基礎研修で学んだことを、机上の空論とせずに実践し続けることが重要。プロジェクト年間計画をもとに毎月、リーダー同士でチ…

須賀渉大 本田花 谷口 宗郁 吉田 美結 犬山 聖存 17Picks

ずっと思い出せる経験とすぐ忘れてしまう経験。この違いはどうして生まれてしまうのでしょうか。記憶のメカニズムを学び、この違いを一緒に解明してみましょう。

組織における尊敬とは、どのようなものなのか。尊敬を大切にする組織は何を実現することが出来るのか。尊敬と組織の関係性について、紐解いていきます。

互いに尊敬し合えるチームであるためには、「尊敬する努力」と「尊敬される努力」が必要です。仲間の尊敬できる部分に目を向け、発信していくこと。この重要性を記事を通してご説明します。

研修参加前は、私はリーダーの素質がないと思っていました。しかし研修を通して、私には素質がないのではなく準備ができていないということに気付かされました。

誰しも緊張して力を出しきれなかった経験があるのではないでしょうか?この記事では、緊張に対処する方法と、緊張に関する野球部での実体験を紹介します。

研修中でさえも成長を感じられますが、研修後に努力を継続することで計り知れない学びを得ることができ、自己実現に繋げることができると実感しています。

本田花 川村杏 2Picks

参加後は自分がリーダーとして目指すべき姿やリーダーとして欠けていた部分を理解することができ、今後私がやるべきことを明確にすることができました。

本田花 川村杏 2Picks

研修参加前は、リーダーとしてチームを引っ張ることに不安を抱えていました。しかし参加した後は、リーダーとして働くことに対してポジティブに捉えられるようになりました。なぜなら、「今のチームにはこれが足りないのか」といった気づきや、「リーダーはこれが必要だったのか」というような実践に落とし込めるような内容であったからです。本研修に参加していなかったら、こうした心境の変化はなかったと思います。

本田花 川村杏 2Picks