相手を本気で想うからこそ、すべきこと・できることがある

研修を通じて気づいたこと・今後に役立てられること

周りを巻き込んでいけるリーダー

今まで自分のリーダーとしてのスタンスは、ただ仕事ができれば良いと思い込んでいました。

また「部下が使えないのは自分のレベルに追いついていないから」「なんで面倒なことをリーダーがやるのか」という甘い考えを持っていました。

しかし今回、徹底的に3日間自分と向き合うことができたからこそ、今後は周りを巻き込んでいけるリーダーになりたいと思います。

セルフマネジメントを行い、信頼される人材に

私は計画的に物事を進めることができないタイプでした。それはやるべきことをto doリストにまとめただけで、実際いつやるのかわからない状態になっていたからだということを学びました。

加えて自分の約束を自分で守れないと、同時に自信も失うということを知り、今までの自分がどれほどマイナスなことをしていたのか痛感しました。

今後はセルフマネジメントをしっかり行い、周りの人にも信頼されるような人間になりたいと思います。

心境の変化

「誘われたからとりあえず参加しよう」最初はそんな気持ちでした。

ただ実際に参加してみると、森口さんは厳しく、そして本気で私と向き合ってくださいました。人生で一番濃い3日間であったと言っても過言ではないと思います。

早く森口先生のようなコーチングができるようになりたくて仕方がありません。本当にありがとうございました。

3日間の実践記録

研修で学べたこと

  • 想定外に対応する人がリーダー
  • 答えを求めるのではなく、自分で考える
  • 原理・原則が全て
  • あらゆる仕事はコミュニケーションと結びつけると豊かになる
  • コーチング
  • 説得力がある意見を採用できる組織は根回しが要らない
  • タイムマネジメント=セルフマネジメント
  • リーダーとマネージャーの違い
  • 本質を捉える
  • 慣れないことをやってこそ成長

Gmap-c(目標設定・成果と課題の把握)

全体を通した目的:エンターとのより良い関係構築と面談提供。リーダーシップ開発

1日目

  1. 目標Goal(本日の目標と計画の宣言)
    1. 信頼関係を築くためのコミュニケーション手法を実践し、実際に面談で利用できる状態にする
    2. 最低3回は自ら手をあげて発信する
  2. 実施内容Measure(現状・成果の把握)
    1. ごまかすために本心ではないことをいってすぐに気づかれてしまい、本気でぶつかりにいく覚悟が生まれた
    2. 質問・報告1つとっても聞き方を意識することでコミュニケーションの質が数段上がることに気づいた
    3. 質問においては、的を射た発言が何度かできた
  3. 考察Analyze(ギャップの分析・課題の抽出)
    1. まだ先生に指名されてから発言している
    2. 本質をつかめていない
      1. 全力で思考できていない
  4. 対策Plan(今後の対策・計画)
    1. 5回周りに気づきを与えること
    2. 特に自信がない時にあえて質問する回数を3回以上にする
    3. わからないことはわからないと言う

2日目:

  1. 目標Goal(本日の目標と計画の宣言)
    1. エンカレの面談でエンターが「もう時間なの?」「充実した時間だった」と感じてもらえるようなコーチングの技術を学ぶ
    2. 最低5回は気づきを与える
  2. 実施内容Measure(現状・成果の把握)
    1. 今までの自分では考えらないくらい発言ができた
    2. 休憩時間でも自分の考えや知識を共有して気づきを与えることができた
    3. 自信がついた気がします
    4. コーチングの技術だけでなく本質を理解できた
  3. 考察Analyze(ギャップの分析・課題の抽出)
    1. 自信がない時に目をそらさず、考える、発信するという姿勢はまだまだ改善できる
    2. 頭ではわかっていても実際に行動に移すまでにはまだまだ実践が足りない
  4. 対策Plan(今後の対策・計画)
    1. 今月中に最低5回面談行う
    2. 明日の研修では10回気づきを与える

3日目:

  1. 目標Goal(本日の目標と計画の宣言)
    1. 最低10回は気づきを与える
    2. コーチングの実践
    3. 全体を引っ張る意識をもっと強く持つ
  2. 実施内容Measure(現状・成果の把握)
    1. コーチングには問題がありすぎるので、明日から経験を積むことを自分の中で約束しました
    2. コーチングも人との対話であり、対話は最初から最終的な姿が決まっていないはずです
      1. ただポイントを意識するだけではなく、相手のことを深く知りたい、助けになりたいという気持ちで接する必要があると気づきました
  3. 考察Analyze(ギャップの分析・課題の抽出)
    1. まだポイントが頭の中に入っただけですぐに取り出せる状態ではない
    2. 知恵、頭の回転を向上させるためのトレーニングが足りていない
  4. 対策Plan(今後の対策・計画)
    1. まず明日2回面談があるので、そこで意識して実践する
    2. 「こういう事を相談されたらこういう考えもできるな」と頭の中でイメージをするためにケースを5題考えてみる
    3. 研修で学んだ内容の教科書をもう1回作る

これから研修を受ける方々へ

参加すれば最高の経験が積めるということは保証したいと思います。

自分を変えたい、一足踏み出す勇気が欲しいと考えている人はぜひ参加して飛躍してください。

応援しています!

A&PROより

学生のうちは、理想的な組織のリーダーに出会う機会も少なかったと思います。また今までの大学生以下の組織では、「ただ仕事ができれば良い」というリーダー像もあっていいと思います。

しかし、実際の社会で周りから信頼されるリーダーとはどのような存在でしょうか。周りから信頼されるリーダーはきっと誠実な人間なのではないでしょうか。

リーダーが自分自身のセルフマネジメントが完全にできており、メンバーのお手本のような存在であること。さらにメンバーと向き合って誠実に対応をする存在であること。H.H.さんが学んだ誠実なリーダー像をぜひ実践してみてください。

研修で学んでいると思いますが、「本当の学び」とは「ただ知識がある状態」ではなく、「活用できる状態」です。

今回の研修で学んだことをぜひキャリア支援の団体で実践してみてください。きっと違った景色が待っていると思います。応援しています!

(リーダーズカレッジ:前田)

この記事の著者/編集者

H.H. さん 早稲田大学 商学部  

最新記事・ニュース

more

皆さんがリーダーを務める組織にはMVVやスローガンと言ったメンバー全員が認識している「共通目標」はありますか? そして、今その「共通目標」を何も見ずに口ずさむことができますか? もし、一度決めたことがある共通目標が形骸化してあまり浸透していない場合は私と同じ苦悩を経験するかもしれません。

大庭彩 1Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1~3を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「自分と仕事をしたいか」と思われているかどうかは他者の言動を大きく変化させます。相手方の時間を頂いているという認識があなたの評価を変えるでしょう。適切な準備を行うことで周囲と豊かな関係性を築きたい方に必見の記事です。

大庭彩 香山 渉 谷口 宗郁 3Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「周りの声を意識して思っていることを伝えられず、自分だけが辛い思いをしている...。」「それもあって、周りに対して愚痴が溜まっている...。」この悪循環を引き起こすコミュニケーションを、A&PROではPassive(受身的)なコミュニケーションと捉えます。そして悪循環を解決させるには、「Passive(受身的)」を「Assertive(自己主張的)」へ変容させていくことが重要です。

矢後慶樹 前田佳祐 大庭彩 3Picks

「メラビアンの法則」や「真実の瞬間」と向合い、各メンバー自身がブランド形成の重要要素であることを自覚していきます。 「目配り」「気配り」「心配り」の各段階を理解し、「マナー」「サービス」「ホスピタリティ」「おもてなし」の違いについて研究。 「マニュアル」「サービス」を理解・実践するのは当然。 「ホスピタリティ」「おもてなし」を顧客・メンバーに提供したいリーダーのための研修です。

メンバーに尊敬されるリーダーは当たり前ですが、メンバーを尊敬できるリーダーは少ないのではないでしょうか? 今回の記事ではメンバーを尊敬することで得られるメリットについてご紹介していきます。

大庭彩 1Picks

知識として体系化されているプロジェクトマネジメント。 ただし、頭で理解していても習慣化できていないと、顧客やステークホルダーの期待値とは程遠い『自己満足なプロジェクト』となってしまう。 各種マネジメントツールにもてあそばれず、プロジェクトマネジメントの本質を理解し、やるべきことを実践し続ける。 そんな責任あるリーダーを対象とした研修です。