人のため、組織のため、何よりも自分のために誠実でありたい

研修を通じて気づいたこと・今後に役立てられること

自分がどのような人の話に心を動かされ、信頼してついていきたいと思えるかを考えてみると、自身の実体験をもとに試行錯誤し、常に高みを目指しているという共通点があります。私のマインドやスタンスを広げていってくれた先生たちがそうでした。人を導けるようになるよりもまず、いつでもどこを見られても誠実な人であろうと強く感じました。

コミュニケーションはただ対話することではないことを学び、これは自分の普段の生活にも応用できることを知りました。たとえば私は現在、サイクルショップでアルバイトをしています。この仕事も心の持ち方によっては自転車を並べる、店内整理をするなどの単純な作業でさえ、お客様に価値を提供するために何ができるかというコミットメントに発展させることができることに気づきました。今後はコミュニケーションの質を意識しながら取り入れていきたいです。これまで損得勘定で動きがちでしたが、3日間のワークショップを通じて人生を豊かにするヒントを得ることができました。

以前、部活の部長や探究活動のリーダーとして話し合いをした時、議論が上手くいかなかったことがありました。改めて振り返ると、グチの言い合い、つまり同情でストレス発散をするという、本質からかけ離れた方法を取っていたことに気づけました。共感という前向きなアプローチで共通ポイントを発見することを今後のプロジェクトや友人関係に応用していきたいです。

心境の変化

研修参加前は知らない場所とメンバーで、しかも無料の研修ということに対する不安や怖さが正直ありました。そのような一見、居心地の悪そうな場所に自ら踏み出して自分のスキルを磨こうと奮い立たせて良かったと思います。研修が進むにつれて不安や怖さが消えていき、徐々にのめり込んでいく自分に気づきました。見かけ上は馴染みのないことでも自分の可能性の芽を生かすために挑戦、努力し続けることが大切だと感じられました。

これまでの人生で学びたかったけれど機会がなかった“コミュニケーション”や“コーチング”を私のために使える形で教えてくださった森口先生、学ぶのに最適な環境を用意してくださった大庭さん、ここに参加するきっかけをくださった山中さんに感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

3日間の実践記録

研修で学べたこと・感じたこと

  • 人を導くためには自分が誠実である必要がある
  • ノルマをコミットメントに変えて主体的に考える
  • コーチングで一人の人生を変えることができる
  • 作業も誰かのための行動に変えられるほど、コミュニケーションは人生を豊かにする
  • 辛い過去は心に閉ざす必要はなく、自分の未来につながる
  • メカニズムを知り、適切な手法を持つことが必要
  • ヘルプよりもサポートの方が再現性がある
  • 表面的な優しさよりも内面的な強さや本質に着目
  • お金をもらうということは、価値を提供し続けるということ
  • 自分を変えたければ、居心地の悪い環境に自らを置くこと
  • 正しく伝えている“つもり”ではなく、正しく伝わっているか常に確認
  • 対面であるからこそ、メンバーに合わせた世界に1つだけの研修を受けることができた

これから研修を受ける方々へ

これまでリーダーをやったことがあって、なんとなく上手くいかなかったけれど、具体的に何を改善すれば良いのかが分からない人、改善のヒントを得たい人におすすめしたいです。今後、グループで活動する時のリーダーとしてあるべき姿や、メンバーとしてどのようなマインドで貢献するべきかの道標になると思います。
私にとっては「大学1年生で学べて良かった!」という感動が詰まった3日間になりました。他の皆さんも同様の感動が得られると思うので、意欲があるならチャレンジしてほしいです!

A&PROより

損得勘定で動くということは私も身に覚えがあります。自分にとって損か得かに重きを置いて、多くの物事を打算的に判断していました。「損はしたくない、できることなら得をしたい」と思うのは人の常でしょう。しかし、そこをぐっと堪えて一歩引いた位置から俯瞰してみると、実は損得勘定で動く方が損をしているということが多々あります。どんなことでも積極的に関わって密にコミュニケーションを取り、誠実でいることこそが人生を豊かにする近道なのです。

時にはそれによって傷つくことも、辛い思いをすることもあるかもしれません。ですが、その経験は未来のあなたを支える糧になるはずです。誠実さを貫きながら、まっすぐ前を向いて強く歩んでいってください。

(リーダーズカレッジ:久保井)

この記事の著者/編集者

M.U. さん 東京大学 理科2類  

最新記事・ニュース

more

皆さんがリーダーを務める組織にはMVVやスローガンと言ったメンバー全員が認識している「共通目標」はありますか? そして、今その「共通目標」を何も見ずに口ずさむことができますか? もし、一度決めたことがある共通目標が形骸化してあまり浸透していない場合は私と同じ苦悩を経験するかもしれません。

大庭彩 1Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1~3を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「自分と仕事をしたいか」と思われているかどうかは他者の言動を大きく変化させます。相手方の時間を頂いているという認識があなたの評価を変えるでしょう。適切な準備を行うことで周囲と豊かな関係性を築きたい方に必見の記事です。

大庭彩 香山 渉 谷口 宗郁 3Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「周りの声を意識して思っていることを伝えられず、自分だけが辛い思いをしている...。」「それもあって、周りに対して愚痴が溜まっている...。」この悪循環を引き起こすコミュニケーションを、A&PROではPassive(受身的)なコミュニケーションと捉えます。そして悪循環を解決させるには、「Passive(受身的)」を「Assertive(自己主張的)」へ変容させていくことが重要です。

矢後慶樹 前田佳祐 大庭彩 3Picks

「メラビアンの法則」や「真実の瞬間」と向合い、各メンバー自身がブランド形成の重要要素であることを自覚していきます。 「目配り」「気配り」「心配り」の各段階を理解し、「マナー」「サービス」「ホスピタリティ」「おもてなし」の違いについて研究。 「マニュアル」「サービス」を理解・実践するのは当然。 「ホスピタリティ」「おもてなし」を顧客・メンバーに提供したいリーダーのための研修です。

メンバーに尊敬されるリーダーは当たり前ですが、メンバーを尊敬できるリーダーは少ないのではないでしょうか? 今回の記事ではメンバーを尊敬することで得られるメリットについてご紹介していきます。

大庭彩 1Picks

知識として体系化されているプロジェクトマネジメント。 ただし、頭で理解していても習慣化できていないと、顧客やステークホルダーの期待値とは程遠い『自己満足なプロジェクト』となってしまう。 各種マネジメントツールにもてあそばれず、プロジェクトマネジメントの本質を理解し、やるべきことを実践し続ける。 そんな責任あるリーダーを対象とした研修です。