成長意欲の高い人に、ぜひ参加してほしい

今までのコミュニケーションを見直すきっかけに

 自分は、もともと不足していると感じていた責任感や論理立てたコミュニケーション能力を磨こうと思い本プログラムに臨み、参加後には多くの学びを得ました。例えば、自分のコミュニケーションは傲慢であったということに気付かされました。自分本位では、コミュニケーションは成り立ちません。言葉のキャッチボールには、お互いが知りたいこと、伝えたいことがある。このことを理解した上で、自分の考えを相手が理解できる言葉で話すことが必要なのだと感じました。

 加えて、教育現場で働く人に限らず社会人全般に言えることとして、正しく認識していないのにも関わらず、分かったつもり・分かった風で話すことは、相手に対して非常に失礼であるということを、自分の失敗経験から学びました。大事なのは、誠実であること。本物であるためには、自分自身に嘘をつかず、現状から逃げないことだということです。自分は高校時代まで、学科教育に本当の意義を見い出せずに逃げてばかりいましたが、こういう現場にくると、そうした意義をきちんと理解して、生徒指導で実践している方々もいるということに気付かされ、とても刺激的でした。

研修講師へのメッセージ

 本プログラム終了後、”成長を感じた”というお言葉を頂き、大変感謝致します。できて当たり前であるはずのコミュニケーションすらできなかった3時間前でしたが、それを認識したこと自体も大きな経験であったことは間違いありません。また、このような初歩的なスキルの不足に気付いた自分に対して、真摯にリアクションをくださり、森口先生の優しさを感じました。

 「成長に貪欲であれ!」と聞くと、一見怖いようにも感じます。しかし直営塾ヘウレーカさんが実際に掲げている理念や目的を聞いてみると、このような方々がいらっしゃるおかげで、人々はこんなにも豊かな暮らしをしていけるんだろうなと思いました。誰しも、成長なしでは生きていけないですね!

これから研修を受ける方々へ

 成長意欲の高い人にとっては、とても刺激的な1日になるはずです。もちろん、この研修に参加する場合は、それなりの責任と義務が生じると思いますが、「本当に成長したい」「教育現場に革命を起こしたい」「将来組織を動かす人財として活躍したい」という方には、おすすめできるプログラムです!

研修で学んだこと・感じたこと

【教室見学】

 自習スペースに仕切りが設けられていない理由や高学年から低学年までが同じ空間で授業を受けるようになっている理由に衝撃を受けました。今までの塾の概念を根底からひっくり返すような環境で、自分もこんな塾で授業を受けてみたかったです!

【教室見学以外】

 論理立てて話すとはどういうことなのか、何を聞かれていて、それに対してどう答えるのが良いコミュニケーションなのかに気付かされました。また学科教育を学校が行う本当の理由を垣間見ることができました。なぜ数学や国語を勉強しなければならないのか、高校時代までの自分は分かりませんでしたが、今となってはそのプロセスを含めた全てが大事な教育だったと感じます。

A&PROより

 論理立てたコミュニケーション能力を鍛えることの大切さは、自分自身も感じることです。日頃から触れているからこそ疎かにしてしまいがちな部分を、ぜひこれからも大切にして頂きたいと思います!  (人材開発担当:萩原)

この記事の著者/編集者

T.M. さん 横浜国立大学 都市科学部  

最新記事・ニュース

more

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1~3を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「自分と仕事をしたいか」と思われているかどうかは他者の言動を大きく変化させます。相手方の時間を頂いているという認識があなたの評価を変えるでしょう。適切な準備を行うことで周囲と豊かな関係性を築きたい方に必見の記事です。

大庭彩 香山 渉 谷口 宗郁 3Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「周りの声を意識して思っていることを伝えられず、自分だけが辛い思いをしている...。」「それもあって、周りに対して愚痴が溜まっている...。」この悪循環を引き起こすコミュニケーションを、A&PROではPassive(受身的)なコミュニケーションと捉えます。そして悪循環を解決させるには、「Passive(受身的)」を「Assertive(自己主張的)」へ変容させていくことが重要です。

矢後慶樹 前田佳祐 大庭彩 3Picks

「メラビアンの法則」や「真実の瞬間」と向合い、各メンバー自身がブランド形成の重要要素であることを自覚していきます。 「目配り」「気配り」「心配り」の各段階を理解し、「マナー」「サービス」「ホスピタリティ」「おもてなし」の違いについて研究。 「マニュアル」「サービス」を理解・実践するのは当然。 「ホスピタリティ」「おもてなし」を顧客・メンバーに提供したいリーダーのための研修です。

メンバーに尊敬されるリーダーは当たり前ですが、メンバーを尊敬できるリーダーは少ないのではないでしょうか? 今回の記事ではメンバーを尊敬することで得られるメリットについてご紹介していきます。

大庭彩 1Picks

知識として体系化されているプロジェクトマネジメント。 ただし、頭で理解していても習慣化できていないと、顧客やステークホルダーの期待値とは程遠い『自己満足なプロジェクト』となってしまう。 各種マネジメントツールにもてあそばれず、プロジェクトマネジメントの本質を理解し、やるべきことを実践し続ける。 そんな責任あるリーダーを対象とした研修です。

「大変なこと」を楽しむことは理想だとは分かっているけれど、中々そう上手くはいかない。そんな「大変なこと」との付き合い方に悩んでいる人に贈る、「大変なこと」を味方にするための記事になっています。

大庭彩 1Picks