身の回りの小さい事に主体的に取り組み、組織を変えていく

今月の研修:社会人の持つべき習慣(私的成功)

なにか現状に不満がある際に、

○○のせいだ!と自分以外の原因を考えてしまう人が多いのではないでしょうか。

例えば

プロジェクトが上手くいかないのは、

  • リーダーが悪い
  • メンバーの仕事が遅い

など、他人のせいにしてしまうことがありますよね。

反対に、

プロジェクトが上手くいかないから、

  • リーダーともっと自分からコミュニケーションを取ろう。
  • メンバーに早く仕事をしてもらうために、自分がまず仕事を早くやろう。

と自分を起点に考える人もいます。素敵ですね。

今回の研修で学んだことの一つに、この後者の考え方である「インサイドアウト」があります。

インサイドアウトの考え方

インサイドアウトとは、

何か現状に不満があった際に、自分が変えられるところから変えていき、自分→隣人→チーム→組織とどんどん影響を大きくしていき、組織を改善していくという考え方です。

その反対に「アウトサイドイン」というアプローチ方法もあります。組織やマネジメントなど外部から組織を変えていく方法です。この方法だと、時間がかかることに加え、組織の中心である個人の行動までは変えることができないため、本質的な課題解決に至らない場合が多いです。

身近な小さいことから変えていく

私は幼少期から集団の中心であることが多かったこともあり、

この「インサイドアウト」の考えを少しですが、実行できている人間だと思っています。

インサイドアウトの考え方は一見当たり前のことに思えますが、一歩を踏み出す勇気が必要だと思います。

つい最近も小さなことですが、インサイドアウトの考え方を実践することがありました。

私はUNIQLOでアルバイトをしています。

先日、「UNIQLO誕生感謝祭」という名前のセールがありました。

その期間中は「いらっしゃいませ」や「ご来店ありがとうございます」といったような「活気だし」を普段よりも力を入れて行います。(来店したことがある人は何となくわかると思います。笑)

多くのお客様のご来店でスタッフが忙しかったことや、初めてシフトに入る人がいたことで、活気出しが不十分な時間帯がありました。

私は、自分が一番大きい声を出して店内を盛り上げようと考え、本気で声を出しました。

私が本気で活気だしを行った事で、初めてシフトに入っていた人も声が出しやすい雰囲気を作ることができ、店舗全体の活気を出すことができました。

社員さんからは、「矢後さんが大きい声を出してくれたおかげで他のアルバイトの人も今までで一番声を出していた、ありがとう」という言葉をいただきました。

本当に小さいことかもしれませんが、インサイドアウトを実感した出来事でした。

自分という一番身近で一番変えやすいところから変えていくことが、何かを改善するにあたって一番の近道だと思います。

これからもUNIQLOの例のような、

身の回りの小さなことからインサイドアウトの考え方で変えていき、隣人、チーム、組織といったように影響力を大きくしていき、所属するすべての組織をプラスの方向に導いていきます。

これから研修を受ける方々へ

今回の研修では7つの習慣の第一の習慣、第二の習慣について学びました。講師の話を聞くインプットだけでなく、第一の習慣、第二の習慣に関して身の回りの例を共有するアウトプットも同時に行うので、効率よく自分のモノにすることができます。

研修で学んだこと

  • インサイドアウト:自分の変えられるところから組織を変えていく
  • アウトサイドイン:組織やマネジメントなど、外側からのアプローチで組織を変えていく
  • リーダーシップ:チームの目的を決めること、決め直すこと
  • マネジメント:決めた目的を早く、正確に達成できるようにチームを導くこと

この記事の著者/編集者

矢後慶樹 早稲田大学 商学部  

3月からユニクロに入社し世界一を目指す大学4年生。早稲田大学商学部・国際ビジネスマーケティングトラック所属。ゼミではダイバシティマネジメントと日本企業の業績の関連性について研究している。大学1~3年生まで大学受験塾で多くの受験生を合格に導き、4年生では大学3年時の広告会社でのインターンの経験を生かし、日本最大のキャリア支援団体でHPを運営する部署のリーダーを務める。

するとコメントすることができます。

新着コメント

  • 萩原佑太

    早稲田大学 基幹理工学部 2021年02月05日

    記事内のUNIQLOの例に限らず、学生団体での活動でもインサイドアウトを実践する矢後の姿勢にはいつも刺激を受けています。これまでは何気なく実践できていたことを、建設的に理解し直したことで、よりインサイドアウトの質も上がってきているのではないでしょうか。「まずは自分が変わること」を引き続きお互いに大事にしていきましょう!!

  • 山口賢人

    早稲田大学 法学部 2021年02月05日

    私自身リーダーをやっていて、自分を変えることなしに他人を変えることはできないと常日頃感じており、大変共感できる内容でした。
    確かに、何か上手くいかない物事があった場合、その原因を他人や環境に求めることは自分自身にとっては「楽」な決断かもしれません。しかし、その先には改善のアクションは生まれません。
    だからこそ、矢後さんのように自分が変えられるところを考えて実行する姿勢が、自分を含めた周囲に変化を与える近道だと改めて感じました。
    社会に出た際にも常に自分が影響を与えられる範囲を考えて、主体的に影響を与えて行こうと思います。

  • 前田佳祐

    早稲田大学教育学部 2021年02月12日

    インサイド・アウトの考えを普段から実践してる矢後らしい良い記事なだとお思いました!!
    何かうまくいかない時があった時についつい人のせいにしてしまう時ってありますよね。今回の記事を経て、改めて何かうまくいかな時には自分に問題がなかったかを考えていきたいと思いました。
    またこのような良い気づきを得たので、普段からインサイド・アウトを実践し、組織の中で目標とされる人物になろうと思いました。お互い頑張っていきましょう!

最新記事・ニュース

more

プロジェクトマネジメントを機能させる土台となるのが『理念のマネジメント』 プロのリーダーは、「権威のマネジメント」を避け、「理念のマネジメント」を構築し、維持し続ける。 「好き・嫌い」や「多数決」ではなく、説得力ある提案を互いに尊重する文化を構築したいリーダーのための研修です。

須賀渉大 髙橋開 川村杏 久野 滉大 本田花 13Picks

今月の研修:マナー・ホスピタリティ・おもてなし 突然ですが、皆さんはAさんとBさん、どちらの人と話したいですか? きっと、ほぼ全員がAさんを選ん…

今月の研修:災害時・緊急時の対応 以前、部下に信頼されるには、部下に相談するべきという記事を書きました。(部下から信頼されるリーダーになりたい)…

今月の研修:プロジェクトマネジメント(基礎1) 多くの企業、もしくは個人単位でも、ニーズを把握するために様々な取り組みが行われています。顧客のニ…

非常に重要な内容にも関わらず、なかなか記憶に定着しない、周囲のメンバーが覚えてくれない。そのような経験をはありますか。効果的に記憶を定着させるためには、「記憶のメカニズム」を理解し、活用することが重要です。

リーダーシップゼミやビジネス基礎研修で学んだことを、机上の空論とせずに実践し続けることが重要。プロジェクト年間計画をもとに毎月、リーダー同士でチ…

須賀渉大 本田花 谷口 宗郁 吉田 美結 犬山 聖存 17Picks

ずっと思い出せる経験とすぐ忘れてしまう経験。この違いはどうして生まれてしまうのでしょうか。記憶のメカニズムを学び、この違いを一緒に解明してみましょう。

組織における尊敬とは、どのようなものなのか。尊敬を大切にする組織は何を実現することが出来るのか。尊敬と組織の関係性について、紐解いていきます。

互いに尊敬し合えるチームであるためには、「尊敬する努力」と「尊敬される努力」が必要です。仲間の尊敬できる部分に目を向け、発信していくこと。この重要性を記事を通してご説明します。

研修参加前は、私はリーダーの素質がないと思っていました。しかし研修を通して、私には素質がないのではなく準備ができていないということに気付かされました。

誰しも緊張して力を出しきれなかった経験があるのではないでしょうか?この記事では、緊張に対処する方法と、緊張に関する野球部での実体験を紹介します。