「悩みがあり本気で解決したい!」と思っているリーダーへ

研修を通じて気づいたこと・今後に役立てられること

会話の飛躍をなくす

コミュニケーションにおいて相手が言ったことを一言一句逃さずに聞き取ることが今までも苦手でした。飛躍があるため、「あの人は私の話を聞いてくれない」や「話の課題がすり合わない」ということを言われ、損をすることがありました。メモをとったり、相手の話を確認するという方法を使って正確にコミュニケーションするようにしたいです。

課題をシンプルにして取り組む

今までの支部長業務で様々なステークホルダーのことを考えすぎて、簡単な問題も難しく考えていました。「zoomミーティングで顔出しする」といういかに簡単なことでも「出来ない」と研修中に言ってしまい、振り返ると非常に情けない思いをしました。構造や本質は何なのかを積極的に考え、シンプルな解決策を提案する思考習慣を身に付けたいです。

思考をトレード・オンにする

いつもA↔︎Bの法則性で考えており、0か100かで考えすぎる思考癖がありました。それにより、今までの支部長業務でも気付いていない機会損失があったと思います。そのため異なる法則や主張もそれが存在していることを認め、フェアに最も説得力のある意見を通す風土を作りたいです。

心境の変化

一番大きく変わった心境は「リーダー陣を信頼できるようになった」ということです。今まで一人で背負ってきた感覚がありましたが、支部内で本気で信頼できるメンバーが出来、支部の理想を強く求めていくことが許された気分になり、肩の荷がおりて嬉しいかつ、本気度が増してきました。

研修講師へのメッセージ

色々な事情があったにも関わらず、本気で教えていただき心の底から感謝しています。100人以上の組織で再度トップとして頑張る勇気や希望が湧いてきました。この組織(就活支援の学生団体)が経年的に成長するために長く一緒に私はやりたいと思っています。誠実なお付き合いを今後ともよろしくお願いいたします。

3日間の実践記録

研修で学べたこと

  • 短期記憶を研き会話の飛躍をなくす
  • 知ることばかりで何も会得していない
  • 支部長には感覚ではなく知恵がいる
  • 幹部陣を伸ばしきれていない自分の力量不足
  • CredoやRegulationの細かな規定を行う
  • コミュニケーションのオープン化
  • 課題をシンプルにして取り組む
  • 責任・権限・義務の再修正の必要性
  • コーチングでは目的・目標とモチベーションを結びつける
  • 思考をトレードオンにする
  • 目標はSMART+Cで
  • コーチングではリスクをおかす必要はない

Gmap-c(目標設定・成果と課題の把握)

研修全体を通した目的:組織が一皮むけるためにトップとして必要なことを得る

1日目:

  1. 目標Goal(本日の目標と計画の宣言)
    本日中に支部長としてのあり方で自分が潜在的に気づいていない改善点を5つ見つける。(ソフト面のコミュニケーションは把握済み)
  2. 実施内容Measure(現状・成果の把握)
    目標達成度:0%
    正直に言うと自分でも気づけていない改善点を本日は見つけることができませんでした。学びはたくさんありましたが、目標達成度でいうと未達です。
  3. 考察Analyze(ギャップの分析・課題の抽出)
    まず支部長だから研修中に間違ったことを言ってはいけないというスタンスを捨ててもっと発言量を増やし、もっと他の参加者に厳しく言ってもらえるような雰囲気を作り出す。
  4. 対策Plan(今後の対策・計画)
    ・2日目の研修では、「この研修では支部長とか関係ないし同じ仲間だし、まだ気付けていない改善点を指摘して欲しい」と伝える。
    ・全ての研修内容において、目標との紐づきを検討する。

2日目:

  1. 目標Goal(本日の目標と計画の宣言)
    コーチング研修を通して、組織(面談サービス)の不足点を3つ以上見つける。
  2. 実施内容Measure(現状・成果の把握)
    目標達成度:100%
    ・コーチング理論の研修をエントランス段階で科学的に行えていないこと
    ・コーチングの精度を振り返る仕組みがないこと
    ・ティーチングはしてはいけない風潮になっていること
  3. 考察Analyze(ギャップの分析・課題の抽出)
    全ての講義において目標に紐付いている知識や講義を意図的に聞くことができたため。
  4. 対策Plan(今後の対策・計画)
    コーチングの知識を知っている状態では何も意味がないので、エントランス研修や振り返り制度を設けていく。

3日目:

  1. 目標Goal(本日の目標と計画の宣言)
    今日と研修全体を通して発見した気づきをもとに組織で実現可能な施策を5つ生み出す。
  2. 実施内容Measure(現状・成果の把握)
    目標達成度:120%
    施策5つ
    ・クレド作成
    ・実績面談導入
    ・MTGの頻度や種類変更
    ・関係者全員が見れる場所でのコミュニケーション
    ・コーチングペアの作成、練習会
    ・レギュレーション作成
  3. 考察Analyze(ギャップの分析・課題の抽出)
    全ての講義を地に足をつけて、自身の組織ならどうなるかを考えながら受けられていた。ただ、他の参加者にも施策のイメージが浮かぶようにという意識がだんだん薄れてしまった。
  4. 対策Plan(今後の対策・計画)
    コンテンツの後半になっても、そもそもの研修に求める姿勢が目的などを振り返り、今の自分のアクションがそれで満たされているかを確認するようにする。

これから研修を受ける方々へ

大きな団体をまとめていて孤独感を感じるリーダーには「知恵」と「勇気」という両側面で得るものが多い研修内容です。恐らくそういったリーダー陣には「知識」は多くあると思いますがこの研修ではそれを本物の価値にするための「知恵」や「行動」を学ぶ場です。「悩みがあり本気で解決したい!」と思っているリーダー陣には本気の姿勢で受けて欲しい研修です。

A&PROより

「リーダーは孤独である」とよく言われます。
研修を通じて仲間を信頼できるようになった今の戸坂さんは、次のステージへ一歩踏み出したのかもしれません。

人の上に立つリーダーには同じ立場の人こそいないものの、支えてくれる仲間がいます。今の戸坂さんは決して孤独ではありません。むしろ、誰よりも一体感を得られる立場だと思います。

私が思うに、リーダーとは人より抜きんでた能力を持つ人ではありません。頼れる仲間が存在し、それぞれに応じた役割を提供できる人こそがリーダーなのではないでしょうか。リーダーとして成功している人もそうでない人も、大きな違いはありません。違うのは頼れる仲間が存在しているかどうか、みんなで頑張れるかどうかということだけでしょう。

今回得たのは単純な知識やスキルだけではないはずです。リーダーとして心持ちを新たにした戸坂さんが、今後どのように活躍していくのかを楽しみにしています。

(リーダーズカレッジ:久保井)

この記事の著者/編集者

戸坂 太陽 早稲田大学 教育学部  

最新記事・ニュース

more

皆さんがリーダーを務める組織にはMVVやスローガンと言ったメンバー全員が認識している「共通目標」はありますか? そして、今その「共通目標」を何も見ずに口ずさむことができますか? もし、一度決めたことがある共通目標が形骸化してあまり浸透していない場合は私と同じ苦悩を経験するかもしれません。

大庭彩 1Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1~3を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「自分と仕事をしたいか」と思われているかどうかは他者の言動を大きく変化させます。相手方の時間を頂いているという認識があなたの評価を変えるでしょう。適切な準備を行うことで周囲と豊かな関係性を築きたい方に必見の記事です。

大庭彩 香山 渉 谷口 宗郁 3Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「周りの声を意識して思っていることを伝えられず、自分だけが辛い思いをしている...。」「それもあって、周りに対して愚痴が溜まっている...。」この悪循環を引き起こすコミュニケーションを、A&PROではPassive(受身的)なコミュニケーションと捉えます。そして悪循環を解決させるには、「Passive(受身的)」を「Assertive(自己主張的)」へ変容させていくことが重要です。

矢後慶樹 前田佳祐 大庭彩 3Picks

「メラビアンの法則」や「真実の瞬間」と向合い、各メンバー自身がブランド形成の重要要素であることを自覚していきます。 「目配り」「気配り」「心配り」の各段階を理解し、「マナー」「サービス」「ホスピタリティ」「おもてなし」の違いについて研究。 「マニュアル」「サービス」を理解・実践するのは当然。 「ホスピタリティ」「おもてなし」を顧客・メンバーに提供したいリーダーのための研修です。

メンバーに尊敬されるリーダーは当たり前ですが、メンバーを尊敬できるリーダーは少ないのではないでしょうか? 今回の記事ではメンバーを尊敬することで得られるメリットについてご紹介していきます。

大庭彩 1Picks

知識として体系化されているプロジェクトマネジメント。 ただし、頭で理解していても習慣化できていないと、顧客やステークホルダーの期待値とは程遠い『自己満足なプロジェクト』となってしまう。 各種マネジメントツールにもてあそばれず、プロジェクトマネジメントの本質を理解し、やるべきことを実践し続ける。 そんな責任あるリーダーを対象とした研修です。