弱さに向き合ったからこそ、成長できた

研修講師へのメッセージ

 3日間、私という“存在”に真剣に向き合ってくださり本当にありがとうございました。今回の研修に参加する前は、「自分のコミュニケーション能力の低さを何となく直せればいいな」という気持ちでいました。しかしこれでは不十分であること、そして他のメンバーに対して失礼ともとれる態度であったことにすぐに気づかされました。誠実であり続けることの大切さを身をもって実感できた、とても充実した研修でした。また、自分の弱さにきちんと向き合う貴重な機会を与えてくださり、そこを起点にして自分の人間性が成長したという実感があるので、本当に感謝しております。

研修で学んだこと、感じたこと

  • 仕事は作業とは異なり、コミュニケーションと結び付けると豊かになる
  • 具体的な事例を挙げて、ロジックを検証するという能力が自分には欠けていた
  • 相手の言っていることをただ繰り返しただけではほとんど意味をなさない(ダブルチェックの本質、切り口を変えるなど)
  • プロジェクトがうまくいっていない時、コミュニケーションの量・質が低下していないかに留意すべき
  • 誠実さを欠く者には、コーチングをやる資格がない
  • コーチングにおいては、目的・目標とモチベーションを結びつけることが重要である
  • コーチングをする人間は、答えを見つけるパートナーとして、成長しようとしている相手自身に決断させる、という前提を忘れてはならない
  • 相手が言っていることをそのまま鵜呑みにする必要はないが、相手の存在を信じて認めることの重要性

A&PROより

 自分の弱さに正面から向き合う機会というのは、なかなか経験できるものではないからこそ、価値を感じていただけたのではないでしょうか。今回の経験を、ご自身の更なる成長につなげていただきたいと思っております。引き続き応援しています!(人財開発担当:萩原)

この記事の著者/編集者

R.F. さん 早稲田大学 先進理工学部  

最新記事・ニュース

more

感謝は大事だと分かっているけれど、感謝を後回しにしてしまう。そんな方に、感謝の価値を改めて実感していただき、実践するための準備となるメッセージになればと思います。

「ありがとう」と人に感謝を伝えるとき、皆さんはどのようなことを意識していますか。形骸化した「ありがとう」では、お互いに実りのあるコミュニケーションをとることができません。価値のある「ありがとう」を伝え、自分自身や相手、そして組織全体にプラスの影響を生み出していきましょう。

プロジェクトマネジメントを機能させる土台となるのが『理念のマネジメント』 プロのリーダーは、「権威のマネジメント」を避け、「理念のマネジメント」を構築し、維持し続ける。 「好き・嫌い」や「多数決」ではなく、説得力ある提案を互いに尊重する文化を構築したいリーダーのための研修です。

須賀渉大 髙橋開 川村杏 久野 滉大 本田花 13Picks

今月の研修:マナー・ホスピタリティ・おもてなし 突然ですが、皆さんはAさんとBさん、どちらの人と話したいですか? きっと、ほぼ全員がAさんを選ん…

今月の研修:災害時・緊急時の対応 以前、部下に信頼されるには、部下に相談するべきという記事を書きました。(部下から信頼されるリーダーになりたい)…

今月の研修:プロジェクトマネジメント(基礎1) 多くの企業、もしくは個人単位でも、ニーズを把握するために様々な取り組みが行われています。顧客のニ…

非常に重要な内容にも関わらず、なかなか記憶に定着しない、周囲のメンバーが覚えてくれない。そのような経験をはありますか。効果的に記憶を定着させるためには、「記憶のメカニズム」を理解し、活用することが重要です。

リーダーシップゼミやビジネス基礎研修で学んだことを、机上の空論とせずに実践し続けることが重要。プロジェクト年間計画をもとに毎月、リーダー同士でチ…

須賀渉大 本田花 谷口 宗郁 吉田 美結 犬山 聖存 17Picks

ずっと思い出せる経験とすぐ忘れてしまう経験。この違いはどうして生まれてしまうのでしょうか。記憶のメカニズムを学び、この違いを一緒に解明してみましょう。

組織における尊敬とは、どのようなものなのか。尊敬を大切にする組織は何を実現することが出来るのか。尊敬と組織の関係性について、紐解いていきます。

互いに尊敬し合えるチームであるためには、「尊敬する努力」と「尊敬される努力」が必要です。仲間の尊敬できる部分に目を向け、発信していくこと。この重要性を記事を通してご説明します。

研修参加前は、私はリーダーの素質がないと思っていました。しかし研修を通して、私には素質がないのではなく準備ができていないということに気付かされました。