弱さに向き合ったからこそ、成長できた

研修講師へのメッセージ

 3日間、私という“存在”に真剣に向き合ってくださり本当にありがとうございました。今回の研修に参加する前は、「自分のコミュニケーション能力の低さを何となく直せればいいな」という気持ちでいました。しかしこれでは不十分であること、そして他のメンバーに対して失礼ともとれる態度であったことにすぐに気づかされました。誠実であり続けることの大切さを身をもって実感できた、とても充実した研修でした。また、自分の弱さにきちんと向き合う貴重な機会を与えてくださり、そこを起点にして自分の人間性が成長したという実感があるので、本当に感謝しております。

研修で学んだこと、感じたこと

  • 仕事は作業とは異なり、コミュニケーションと結び付けると豊かになる
  • 具体的な事例を挙げて、ロジックを検証するという能力が自分には欠けていた
  • 相手の言っていることをただ繰り返しただけではほとんど意味をなさない(ダブルチェックの本質、切り口を変えるなど)
  • プロジェクトがうまくいっていない時、コミュニケーションの量・質が低下していないかに留意すべき
  • 誠実さを欠く者には、コーチングをやる資格がない
  • コーチングにおいては、目的・目標とモチベーションを結びつけることが重要である
  • コーチングをする人間は、答えを見つけるパートナーとして、成長しようとしている相手自身に決断させる、という前提を忘れてはならない
  • 相手が言っていることをそのまま鵜呑みにする必要はないが、相手の存在を信じて認めることの重要性

A&PROより

 自分の弱さに正面から向き合う機会というのは、なかなか経験できるものではないからこそ、価値を感じていただけたのではないでしょうか。今回の経験を、ご自身の更なる成長につなげていただきたいと思っております。引き続き応援しています!(人財開発担当:萩原)

この記事の著者/編集者

R.F. さん 早稲田大学 先進理工学部  

最新記事・ニュース

more

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1~3を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「自分と仕事をしたいか」と思われているかどうかは他者の言動を大きく変化させます。相手方の時間を頂いているという認識があなたの評価を変えるでしょう。適切な準備を行うことで周囲と豊かな関係性を築きたい方に必見の記事です。

大庭彩 香山 渉 谷口 宗郁 3Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「周りの声を意識して思っていることを伝えられず、自分だけが辛い思いをしている...。」「それもあって、周りに対して愚痴が溜まっている...。」この悪循環を引き起こすコミュニケーションを、A&PROではPassive(受身的)なコミュニケーションと捉えます。そして悪循環を解決させるには、「Passive(受身的)」を「Assertive(自己主張的)」へ変容させていくことが重要です。

矢後慶樹 前田佳祐 大庭彩 3Picks

「メラビアンの法則」や「真実の瞬間」と向合い、各メンバー自身がブランド形成の重要要素であることを自覚していきます。 「目配り」「気配り」「心配り」の各段階を理解し、「マナー」「サービス」「ホスピタリティ」「おもてなし」の違いについて研究。 「マニュアル」「サービス」を理解・実践するのは当然。 「ホスピタリティ」「おもてなし」を顧客・メンバーに提供したいリーダーのための研修です。

メンバーに尊敬されるリーダーは当たり前ですが、メンバーを尊敬できるリーダーは少ないのではないでしょうか? 今回の記事ではメンバーを尊敬することで得られるメリットについてご紹介していきます。

大庭彩 1Picks

知識として体系化されているプロジェクトマネジメント。 ただし、頭で理解していても習慣化できていないと、顧客やステークホルダーの期待値とは程遠い『自己満足なプロジェクト』となってしまう。 各種マネジメントツールにもてあそばれず、プロジェクトマネジメントの本質を理解し、やるべきことを実践し続ける。 そんな責任あるリーダーを対象とした研修です。

「大変なこと」を楽しむことは理想だとは分かっているけれど、中々そう上手くはいかない。そんな「大変なこと」との付き合い方に悩んでいる人に贈る、「大変なこと」を味方にするための記事になっています。

大庭彩 1Picks