メキシコでお尻に謎の注射を打たれる!?

プロフィール 

大学・学部:東京外国語大学 国際社会学部 スペイン語専攻 
部活:男女バスケットボール部 マネージャー(高校)
趣味:海外旅行(観光よりもサバイバル)、ミュージカル鑑賞
アルバイト:浦安の某有名テーマパーク、大学進学塾での講師
その他の活動:メキシコに短期語学留学(衝撃のサボテン料理を体験)現在お住いの地域:千葉県(総武線沿線)
研究:教育社会学 「将来の夢」についての研究
家族構成:父、母、犬のももさん、私
その他:好きな食べ物は麺類(こだわりはラーメンの海苔を食べるタイミング)苦手な食べ物はパクチーとレーズンです

私の経験談


メキシコも異文化交流も自分自身のことも嫌いになった!!


 大学一年生の春休みに5週間、メキシコに語学留学に行きました。しかし、ホストマザーや現地の友人たちと関係構築がうまくできず、その孤独感とストレスからホームシックになってしまいました。
一緒に行ったメンバーが私以外は2年生以上の先輩で、自分の拙いスペイン語ではコミュニケーションができない、と一人殻に閉じこもってしまったのです。
精神的な寂しさに追い詰められただけでなく、高熱を出しお尻に謎の注射を打たれるなど、肉体的にも辛い経験でした。
結果、メキシコも異文化交流も自分自身のことも嫌いになり、非常に苦しい記憶となりました。


語学力のせいではなかった!!テーマパークで学んだこと。


 帰国してからよくよく振り返ってみると、周囲の人々とうまく関われなかったのは語学力のせいではなく、「人に頼る力」や「自己開示力」であったことに気付きました。
そこで、人とコミュニケーションを取る機会の多い、新しい環境に身を置くことが必要だと考え、某有名テーマパークでのアルバイトを始めました。
先輩にも臆せず協力を頼み、同期や後輩には自分から話しかけて、仕事仲間以上の関係になれるよう努めることで、「人と関わる自分が好きになる」力がついてきたと確信するようになりました。


二年後のリベンジ旅!! 今では第二の故郷。

 上記のアルバイトを始めて丸1年経った大学3年生の9月に、再びメキシコの同じステイ先に滞在させてもらい、10日間の「リベンジ旅」をしてきました。
ホストマザーには素直に甘えたり、腹を割って話したりすることができ、本当の親子のような関係になることができました。また、かつて出会った知人を訪ねて仕事を手伝わせてもらったり、新しい友達を作ったり、以前お世話になった語学学校の先生にご馳走になったりと、1年半前の自分では考えられないほど心を開くコミュニケーションができるようになりました。
おかげでメキシコも異文化交流も大好きになり、第二のふるさとを地球の裏側に持つことができました。
同時に、辛い過去もその後の努力によって「ターニングポイント」に変えることができるということを学びました。

私の夢


宿泊客と高齢者を結びつけるゲストハウス。その狙いは…


 将来は、自宅でゲストハウスを開こうと考えています。その宿泊客や地域の一人暮らしの高齢者たちが一堂に会せる場にしたい。更に子どもたちが加わることで、子供たちにとっては、多様な人々と出会い、新たな文化や価値観を得ることができ、 自分自身の社会貢献について考えるきっかけとなればと思っています。これは単なるビジネスという枠に捕らわれることなく、自分の家族が出来たときに、自分の子供たちにも学びのある場になるに違いないと考えています。


“オペレーターでなくイノベーター” 教育業界やIT業界に興味あり


自分の強い想いはもちろんですが、共感してもらえるような行動を身に着け、人々を巻き込みながらプロジェクトを成功させる経験を積みたいと考えています。
本気の覚悟があればチャレンジさせてくれる、あるいはそうした制度の整っている企業に就職したいです。

この記事の著者/編集者

遠藤 七海 東京外国語大学(国際社会学部)卒  

大学・学部:東京外国語大学 国際社会学部 スペイン語専攻 
部活:男女バスケットボール部 マネージャー(高校) 
趣味:海外旅行(観光よりもサバイバル)、ミュージカル鑑賞 
アルバイト:浦安の某有名テーマパーク、大学進学塾での講師 
その他の活動:メキシコに短期語学留学(衝撃のサボテン料理を体験) 
現在お住いの地域:千葉県(総武線沿線) 
研究:教育社会学 「将来の夢」についての研究 
家族構成:父、母、犬のももさん、私 
その他:好きな食べ物は麺類(こだわりはラーメンの海苔を食べるタイミング)苦手な食べ物はパクチーとレーズンです

最新記事・ニュース

more

復習回数を闇雲に増やしたり、ノートいっぱいに何度も書かせる記憶法は、社会に出てから通用しない。 多忙なリーダーは、重要事項を一発で覚える。 たとえそれができなくても、復習回数を最小限にし、効果的・効率的に記憶することが大切。

「やばい、キャパオーバーしていて仕事を回しきれていない・・・。」成果を生み出すためにリーダーを務め、多くの責任を引き受けたのはいいものの、こうした悩みを抱く方は少なくないと思います。本記事は、リーダーの方の中でも、「仕事を回しきれていない。」と実感している方、経験した方、キャパオーバー対策したい方に届けていくことを想定して進めていきます。キャパオーバーは解決できます!

そもそもプロジェクトとは何か。それを知ることによって、あなたが現在取り組んでいる活動をもっと豊かにすることができるはずです。プロジェクトの基本を学び、そのプロセスについて考えてみましょう。

大庭彩 上野美叡 2Picks

タスクには明確に優先順位が存在し、正しい優先順位でタスクに向き合うことが締め切りへの余裕につながります。緊急度と重要度のマトリックスを用いて改めてタスクへの優先順位をつけることを意識したいです。

大庭彩 1Picks

皆さんがリーダーを務める組織にはMVVやスローガンと言ったメンバー全員が認識している「共通目標」はありますか? そして、今その「共通目標」を何も見ずに口ずさむことができますか? もし、一度決めたことがある共通目標が形骸化してあまり浸透していない場合は私と同じ苦悩を経験するかもしれません。

大庭彩 1Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1~3を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「自分と仕事をしたいか」と思われているかどうかは他者の言動を大きく変化させます。相手方の時間を頂いているという認識があなたの評価を変えるでしょう。適切な準備を行うことで周囲と豊かな関係性を築きたい方に必見の記事です。

大庭彩 香山 渉 谷口 宗郁 3Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。