地に足付けることは、泥臭いが格好良い

今回参加した研修:記憶のメカニズム
1DAY体験について⇨https://apro-c.co.jp/category/1day/

信念が確固たるものとなった

約束を守ることの大切さ、先生の態度の生徒への波及、恥をかいても誠実であること、基礎を怠らないこと......。

私は今回学んだこれらのような人格面での高潔さというのが、不変の重要事項であるという信念を持っていました。そして今回の研修で、それが実際に生徒へ良い影響を与えること、やはり最も重要であるということが再認識でき、とても嬉しく感じました。

昨今では、不誠実でも成功しているように見える人が多く、そうした中でこれらの信念が揺らぎそうになることもありましたが、今回の研修で確固たる信念となりました。

研修講師・A&PROメンバーへのメッセージ

森羅万象、包括的な指導に驚きました。

研修というと「ハウツー」や外見だけのものが大半であると感じますが、本研修では、地に足の付けること、内面から整えることが最終的には重要であると学べました。

そして地に足を付けることはある意味泥臭いですが、それこそが格好良いことであると学べました。

これから研修を受ける方々へ

自己の成長、それから自らの影響力の輪を広げたいと願う人、自らの可能性を最大限に広げたいと考えている人、マニュアル人間ではなく開拓者となりたい人にお勧めします。

他社のインターンシップは何かしら社の利益を目的とする雰囲気がありますが、A&PROにはそれがありませんでした。

本当に本気でクライアントを成長させたいという思いを感じました。

研修で学べたこと・感じたこと

  • 意味記憶、エピソード記憶、手続き記憶
  • 忘却曲線
  • 約束を守ることの大切さ
  • 先生の態度の生徒への影響
  • 恥をかいても誠実であること
  • 地に足をつけること
  • 実践主義
  • 信頼残高
  • 基礎を愚直に

A&PROより

実践できないなら学んでも仕方がありません。

地に足付けるとは、まさに、実践してこそ学ぶことに価値があるとする姿勢ではないでしょうか。

地道に実践を重ねること、泥臭いかもしれませんが、最も重要ですね。

(リーダーズカレッジ:藤原)

この記事の著者/編集者

H.I. さん 慶應義塾大学  

最新記事・ニュース

more

今月の研修:コーチング理論(基礎1) マズローの欲求5段階説について、聞いたことはあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?人間の欲求を5…

単なる就業体験では意味がない。 単なる発表会でも意味がない。参加者の能力開発にこだわった3日間の集中プログラム。 今のうちに自身の限界にチャレン…

嶋田 夏生 草野柾樹 原 駿介 星野 歩華 齋藤祐太 20Picks

知識として体系化されているプロジェクトマネジメント。 ただし、頭で理解していても習慣化できていないと、顧客やステークホルダーの期待値とは程遠い『自己満足なプロジェクト』となってしまう。

川瀬 響 信宗碧 藤原穫 久保井美愛 小川勇 13Picks

あなたにとって忘れられない出来事は何ですか? 何年経ってもずっと覚えていられるほど強い記憶を深掘りすることは、記憶のメカニズムを理解するうえでとても役に立ちます。 一緒に記憶の糸を辿りながら、人間が記憶する方法について考えていきましょう。

勉強しているのに成績が上がらない、練習しているのに上手くならない、などの状態になったことはないでしょうか。 そのような状態に陥っても解決策が見つからず、やる気が無くなりダラダラと過ごしてしまった経験のある方もいるでしょう。 この記事ではそのような状態に陥ってしまう原因を私の経験を交えて考察します。

上野 美叡 1Picks

One to one マーケティングという言葉を聞くと何か難しい話をするのではないかと感じる方もいるでしょう。この記事ではそのような方にも活用できる形でOne to one マーケティングを紹介します。

リーダーとして人を率いる中で大切なこと以外にも、各個人に合わせた、生きていく中で本当に大切なことに気付かせてくれる研修です。

藤原穫 信宗碧 2Picks