感謝を伝えることは、なぜ大事なのか?

クレド1. 周囲の人・物事すべてに感謝

 私達が社会で生きていけるのは、周りの人・物事のおかげです。相手から感謝される人は自分自身が周りに感謝している人。すべてに感謝し、豊かな人間関係を構築し、社会貢献していきます。

嫌な気分にならない、「耳の痛い話」

 今回のクレドで最も重要な点は「感謝の気持ちを伝えることで、他者との関係が豊かになっていく」ことだと思います。 なぜなら、些細な事に関してでも感謝の気持ちを表すことで、相手を尊重していることが伝わり、率直で誠実な意見交換が出来る信頼関係に繋がるからです。

 学習塾へウレーカでは年に3回、校長・直属の上司と成長点や課題、今後の目標について話し合う「実績面談」があります。時には自分にとって耳の痛い話がでる事もありますが、嫌な気分にならず、むしろ受け入れることが出来ます。それは校長・直属の上司が日頃、些細なことに対してでも感謝の気持ちを自分に向けてくださっていることで、尊重してくださっていると分かるからです。

 些細な事に関してでも感謝の気持ちを伝えることは、自身を振り返ってみてもなかなか出来ていないことが多いと感じます。へウレーカの上司のように、たとえ部下や後輩に対してでも感謝の気持ちを忘れず尊重できるような存在を目指したいと改めて考えました。

生徒指導、そして将来医師としてどう活かすべきか

 将来、医療現場では看護師・薬剤師・理学療法士など様々な人々とチームで働くこととなります。どの職種であっても、患者の命に関わる大切な仕事を担っています。しかし、チームのメンバーが「仕事をやって当たり前」として感謝の気持ちを自分に向けてくれないとしたら、仮に耳の痛い話をされても受け入れづらいのではないかと感じます。そのため、まずは自分自身がチームのメンバーに日頃から感謝の気持ちを向け、率直で誠実な意見交換ができるよう、心がけていきたいと思います。

この記事の著者/編集者

松崎 佑希乃 埼玉医科大学 医学部  

最新記事・ニュース

more

嘘偽りなく、この三日間を通して変わることができたと私は思う。参加前、私は「研修感覚でこのプログラムを通じて、何かコミュニケーションスキルやリーダーとしてのスキルを得たい」とだけ思っていた。しかし、初日参加しただけで私の意識は一変した。

信宗碧 1Picks

早稲田大学3年生の田村稔行です。英語サークルの代表、キャリア支援団体でのセクションリーダーになどおいて学んだこと、感じていることについて紹介しています。

この3日間は単なるコミュニケーション研修やコーチング研修、リーダー研修ではありません。もちろん学んだ知識などもたくさんあります。しかし、一番の収穫は「自分の変革」でした。こんなにも自分自身の心の奥底まで本気で向き合って変わろうと思い実現できた濃い3日間は今までありませんでした。

信宗碧 草野柾樹 2Picks

研修を受けていくにつれて、これは変われる、そして変わるために自分の意思と実行が必要だと思うようになりました。 口だけでなく本気で自分を出し切る機会くださり、ありがとうございました。自分の限界とは何か、何をより伸ばせるかが見えました。

藤原穫 信宗碧 草野柾樹 3Picks

コーチングにおいて大切なのは... 1.相手が直面している根源的な問題を浮き彫りにすること 2.それに対して直接アプローチをとること

今月の研修:サービス理論(基礎1) 今回の研修では、無形サービスの特徴とサービス品質の主要な決定要因を学びました。そして研修を受け、どんなサービ…