メンバーの成長段階からチームの成長段階へ

今月の研修:社会人が持つべき習慣(私的成功)

スタートアップ企業のような少人数のチームを作るとき、他人に依存するような人をチームに入れることはないでしょう。チームの中に他人に依存する人が存在することはチームにとって負担となります。小規模なチームはそのような人を抱える余裕がありません。

そのため、今回は小規模なチームを運営することを考え、自立・自律しているが、相互協力をすることも相乗効果を発揮することもできていないメンバーを相互協力をし相乗効果を発揮できるメンバーに変化させる方法を考えます。

相互協力をし相乗効果を発揮するチームとは

トレードオンの関係を生み出せ

チームは所属するメンバーの質により3段階に分けられます。第1段階はメンバーが他のメンバーに依存している状態。第2段階はそれぞれのメンバーが自立・自律をしている状態。第3段階はメンバー達が相互協力をし相乗効果を発揮する状態です。第1段階から第2段階、第2段階から第3段階へと変化させることで、より良いチームへと改革することが出来ます。

第3段階の状態にある相互協力をし相乗効果を発揮するチームとはどのようなチームでしょうか。相互協力はお互いが自分の詳しい範囲内で協力することです。相乗効果はお互いが相手の詳しい範囲に関心を持ち、自身の影響の及ぶ範囲を超えて協力することで発揮されます。相互協力をし相乗効果を発揮するチームとは、自分の詳しい範囲に留まらず、相手の詳しい範囲に踏み込み、お互いを成長させていく関係を自発的に構築していくチームです。

自立・自律しているだけでは足りない

そのようなチームを作るには一人一人が自立・自律しているだけでは不十分です。

現在、A&PROではビジネス研修で学んだことを実生活に落とし込み、自分自身をブランディングしていくセルフブランディング研修を行っています。この活動では、一人一人が自分自身の責任で次回までの課題を決め、その課題を行ってきます。これは、一人一人が自分に責任を持った、自立・自律している状態であると言えます。

この状態では、毎回の活動を円滑に行うことができ大きな問題は発生しないでしょう。しかし活動がマンネリ化し、より良い活動へは繋がらない可能性があります。

セルフブランディング研修ではこれに留まらず、相互協力をし相乗効果を発揮できるチームを目指しています。そのためにはメンバーが自分に対し責任を持つだけでなく、チームに対し責任を持つことが必要になります。活動をチーム中心で見ることで活動内容の改良など、チーム全体の成長が見込めます。

現在、セルフブランディング研修では毎回A&PROの理念を確認することでチーム全体が目指す姿を確認し、理念に関係する経験を共有しています。これにより、私たちの目指す姿を確認し、他のメンバーにそこに至るための手助けとなる経験を伝えることが出来ます。この活動は数か月前までは習慣化されていませんでしたが、あるメンバーがチーム全体の成長を考え提案してくれました。このようにチームに対し責任を持つことでより良いチームを目指しています。

相互協力をし相乗効果を発揮するチームを作るために

メンバーがお互いの影響の及ぶ範囲を知り、そこに関心を持つ

メンバーが相乗効果を発揮するためには相手と協力できる部分を知る、つまり相手の影響の及ぶ範囲に関心を持つことが必要です。そのためにはメンバーが自分のやるべきことで満足せず、より良くするためにはどうすればいいのか考える姿勢を持つ必要があります。

リーダーの仕事の与え方がカギになる

相乗効果を発揮する関係性を作るには、メンバーを、どこまでやればいいのかとリーダーに確認するような受動的な態度をとるのではなく、自分からここまでやるべきだと判断し行動する能動的なメンバーにする必要があります。

そのためリーダーは、メンバーの育成が必要になります。メンバーにチーム全体の目標を達成するために自分はこれだけの仕事をしようと自発的に感じてもらうべきです。メンバーに与える仕事をノルマ型ではなくコミットメント型のものにすることでメンバーの意識を変えることが出来るでしょう。

その結果、メンバーのモチベーションが自身のノルマを達成することではなく、チーム全体の目標を達成することになったとき、そのチームは相互協力をし相乗効果を発揮できるようになります。

これから研修を受ける方々へ

今回の研修では社会人が持つべき習慣に関して理解を深めました。自分の生活習慣に満足しておらず、生活を変化させたいと感じている人は参加するべきだと思います。また、自分の生活だけでなく自分の所属するチームの習慣に満足していない方にもおすすめです。リーダーだけでなく、チームに所属する一人一人の習慣でチームに大きな変化を及ぼせることが分かると思います。

研修で学んだこと

  • 問題解決の本質はパラダイムの転換
  • 資源を広げることで相乗効果を発揮できる
  • 自分自身が理想的な動きをすることで組織変革が可能になる
  • インサイド・アウト
  • 影響の輪・関心の輪

この記事の著者/編集者

長谷川拓志   

東京都出身。高校時代はハンドボール部に所属していました。大学に入ってからはバドミントンサークルに所属しています。趣味はスノボや山登りなど、自然に触れながら体を動かすことです。毎回の研修で得たものを実践し、価値ある記事を作っていきます。

最新記事・ニュース

more

皆さんがリーダーを務める組織にはMVVやスローガンと言ったメンバー全員が認識している「共通目標」はありますか? そして、今その「共通目標」を何も見ずに口ずさむことができますか? もし、一度決めたことがある共通目標が形骸化してあまり浸透していない場合は私と同じ苦悩を経験するかもしれません。

大庭彩 1Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1~3を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「自分と仕事をしたいか」と思われているかどうかは他者の言動を大きく変化させます。相手方の時間を頂いているという認識があなたの評価を変えるでしょう。適切な準備を行うことで周囲と豊かな関係性を築きたい方に必見の記事です。

大庭彩 香山 渉 谷口 宗郁 3Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「周りの声を意識して思っていることを伝えられず、自分だけが辛い思いをしている...。」「それもあって、周りに対して愚痴が溜まっている...。」この悪循環を引き起こすコミュニケーションを、A&PROではPassive(受身的)なコミュニケーションと捉えます。そして悪循環を解決させるには、「Passive(受身的)」を「Assertive(自己主張的)」へ変容させていくことが重要です。

矢後慶樹 前田佳祐 大庭彩 3Picks

「メラビアンの法則」や「真実の瞬間」と向合い、各メンバー自身がブランド形成の重要要素であることを自覚していきます。 「目配り」「気配り」「心配り」の各段階を理解し、「マナー」「サービス」「ホスピタリティ」「おもてなし」の違いについて研究。 「マニュアル」「サービス」を理解・実践するのは当然。 「ホスピタリティ」「おもてなし」を顧客・メンバーに提供したいリーダーのための研修です。

メンバーに尊敬されるリーダーは当たり前ですが、メンバーを尊敬できるリーダーは少ないのではないでしょうか? 今回の記事ではメンバーを尊敬することで得られるメリットについてご紹介していきます。

大庭彩 1Picks

知識として体系化されているプロジェクトマネジメント。 ただし、頭で理解していても習慣化できていないと、顧客やステークホルダーの期待値とは程遠い『自己満足なプロジェクト』となってしまう。 各種マネジメントツールにもてあそばれず、プロジェクトマネジメントの本質を理解し、やるべきことを実践し続ける。 そんな責任あるリーダーを対象とした研修です。