人生は成果を出すためにはあまりにも短い

クレド5. 時間の有限性を理解する。

限りある時間を有意義に活用するために、準備を徹底していきます。自分の時間を大切にしなければ、他者の時間も大切にすることはできません。他者(顧客・提携先・メンバー)の時間を尊重することで、自分の時間も尊重されます。

不誠実な行動は相手の時間を奪う行為

まず初めに、私が考える「誠実な行動」について言及したいと思います。

誠実とは、

  • 相手との約束を守ること
  • 自分の責任をしっかり果たすこと
  • 自分の気持ち・感情を素直に共有すること

だと考えています。

しかし、私は所属するキャリア支援団体で活動するメンバーに対して不誠実な行動をしてしまいました。その経験について少し触れてゆきたいと思います。

先述した団体で採用・組織設計を統括する長として活動する私は、採用チームの責任者と今後の採用戦略について話し合う機会がありました。私はその打ち合わせまでに、採用戦略の叩きを作成するという約束をしていました。

しかし当日の打ち合わせまでにその資料を全て完成させることができず、中途半端なまま打ち合わせに参加してしまいました。

当日、資料を完成できなかったことを素直に伝え謝罪をしましたが、相手との約束を守ることができなかったことに変わりはなく、メンバーにとても不誠実なことをしてしまったのだと大変反省しました。

その日の打ち合わせはなかなかスムーズにいかず、結果として再度時間をとることになってしまいました。

私が約束を守らなかったこと、準備を怠ったことにより本来取らずに済んだ時間をメンバーから奪ってしまいました。また、採用の進捗を遅らせる原因にもなってしまいました。

この経験から私は、自分の時間と相手の時間には限りがあり、お互いの時間をどれだけ目的を持って有意義に過ごせるかは社会人になっても非常に重要なことだと改めて気づくことができました。

まずは自分の時間を大事にする

それでは、なぜ私はその資料を作成できなかったのか。

その根本的な原因は自分の時間を管理できていなかったからだと考えています。

つまり、自分の時間を大事にできていなかったのです。

具体的な行動で例えると、以下のようになります。

  • 物事の優先順位を頭の中でなんとなくつけていた
  • 1日にやることをざっくりとしか決めずに行っていた
  • ○○の本をよみ、知識をつけたいと思ってもいつかやろうと後回しにしていた

このようなセルフマネジメントでは、自分の限りある時間を大切にできておらず、自分に余裕を生み出すことは到底できませんね。

事前に、その資料を完成できるようなスケジュールを組み、実行できていたら上記のような事は起きなかったかもしれません。

そこで物事・人に誠実に向き合い、相手の時間を大切にできるようになるためにまずは自分の時間を大事にできるようになりたいと改めて考えるようになりました。

そこで、自分の時間を大切にできていない課題は『7つの習慣』によると

  1. 優先順位をつけることができない。
  2. その優先課題を中心に計画することができない。
  3. 計画に基づき行動するように自分自身を律することができない。

とありました。まさに私は上記3つの課題に非常に当てはまっていました。

そこで私は、自分の取るべき行動・とりたい行動を全てスケジュール帳に落としこむことを目標に設定し、6つの行動を現在徹底しています。

  1. 自分が取るべき習慣を整理する
  2. To doや習慣を「重要」・「緊急」のマトリクスを使って整理し、優先順位をつける
  3. 自分がやるべきアクションを細分化し、かかる時間を予測する
  4. 1.2.3を踏まえ週に1回、中長期的なスケジュールについて検討の上、スケジュール帳に落とし込み時間を抑える
  5. 毎晩翌日の行動を再調整し改めて明確化し、実行を徹底する
  6. 毎日、数時間のアイドルタイムを設ける

以上の行動を徹底してから、気づいたことが1つあります。

それは人生は何かを成し遂げるにはあまりにも短いのではないかということです。

なぜならば、今までやるべきこと・やりたいことをなんとなく考えてた私が、それらの行動をより明確にするようになってから、1日1日が非常に短く感じるようになったからです。

実際のスケジュールの写真です!

そのため、より一時一時を大切にかつ、有意義にしなければならないと強く思うようになりました。また相手の時間も同様に大切にし尊重しなければならないのだと気づきました。

社会人になっても仕事やプライベートで様々なタスクやプロジェクトを抱える機会があると思います。

ゆえにその時、相手との約束は徹底して守り、時間をより有意義なものにするために、私ができる準備を最大限できるように徹底してゆきたいと思います。

そして、相手や物事に誠実に向き合い成果を出すことができる余裕のある大人へと成長してゆきたいです。

この記事の著者/編集者

野村修史  早稲田大学 法学部 

大学・学部:早稲田大学 法学部
部活:ソフトテニス部(中学・高校)
サークル:テニス・法律サークル
趣味:キャッシュレス決済の学習、ビールを飲むこと
アルバイト:マクドナルド、法律事務所、試飲試食販売
その他の活動:ロンドン留学、キャリア支援団体(大学3年生のキャリア支援、21卒同期採用、22卒採用・組織設計統括)

最新記事・ニュース

more

周囲への感謝の気持ちを伝えることは、人間関係を豊かにし続けます。本記事では特に私が大切にする3つの考え方をお伝えします。読み終わった後にはつい照れてしまって感謝を大事な人に伝えきれていない人も「ありがとう」と周りに言いたくなるような記事です。

須賀渉大 羽田 優作 香山 渉 3Picks

感謝は大事だと分かっているけれど、感謝を後回しにしてしまう。そんな方に、感謝の価値を改めて実感していただき、実践するための準備となるメッセージになればと思います。

「ありがとう」と人に感謝を伝えるとき、皆さんはどのようなことを意識していますか。形骸化した「ありがとう」では、お互いに実りのあるコミュニケーションをとることができません。価値のある「ありがとう」を伝え、自分自身や相手、そして組織全体にプラスの影響を生み出していきましょう。

松本 康士朗 香山 渉 2Picks

プロジェクトマネジメントを機能させる土台となるのが『理念のマネジメント』 プロのリーダーは、「権威のマネジメント」を避け、「理念のマネジメント」を構築し、維持し続ける。 「好き・嫌い」や「多数決」ではなく、説得力ある提案を互いに尊重する文化を構築したいリーダーのための研修です。

須賀渉大 髙橋開 川村杏 久野 滉大 本田花 13Picks

今月の研修:マナー・ホスピタリティ・おもてなし 突然ですが、皆さんはAさんとBさん、どちらの人と話したいですか? きっと、ほぼ全員がAさんを選ん…

今月の研修:災害時・緊急時の対応 以前、部下に信頼されるには、部下に相談するべきという記事を書きました。(部下から信頼されるリーダーになりたい)…

今月の研修:プロジェクトマネジメント(基礎1) 多くの企業、もしくは個人単位でも、ニーズを把握するために様々な取り組みが行われています。顧客のニ…

非常に重要な内容にも関わらず、なかなか記憶に定着しない、周囲のメンバーが覚えてくれない。そのような経験をはありますか。効果的に記憶を定着させるためには、「記憶のメカニズム」を理解し、活用することが重要です。

リーダーシップゼミやビジネス基礎研修で学んだことを、机上の空論とせずに実践し続けることが重要。プロジェクト年間計画をもとに毎月、リーダー同士でチ…

須賀渉大 本田花 谷口 宗郁 吉田 美結 犬山 聖存 17Picks

ずっと思い出せる経験とすぐ忘れてしまう経験。この違いはどうして生まれてしまうのでしょうか。記憶のメカニズムを学び、この違いを一緒に解明してみましょう。

組織における尊敬とは、どのようなものなのか。尊敬を大切にする組織は何を実現することが出来るのか。尊敬と組織の関係性について、紐解いていきます。

互いに尊敬し合えるチームであるためには、「尊敬する努力」と「尊敬される努力」が必要です。仲間の尊敬できる部分に目を向け、発信していくこと。この重要性を記事を通してご説明します。