「困ったら黙る」はもうやめにしよう!困ったときの対処法

今月の研修:アサーティブコミュニケーション

「困ったときに黙ってしまう」ということ、みなさん一度は経験ありませんか?

でも実はその対応は、相手を困らせています。
「なんで黙っているの?」「黙っていたらわからないよ」などと言われてしまうでしょう。

本当はどうしたらよかったのでしょうか?

今回は、そういうときの対処法について、研修で学んだDESC法をもとに考えてみました。

こんなことありませんか?

「困ったら黙ってしまう」のよくある2つの状況について、実際何が起きているのか考えてみました。

①質問をされたとき、どう答えていいかわからず黙ってしまう。「わかりません」とだけ言う。

実は、質問をされたときに困ってしまう状況は、下記のように色々考えられます。

  • 単に勉強不足で答えがわからない
  • 考えはあるが自信がもてない
  • 考えを整理するのに時間がかかる
  • 質問を聞き取れない
  • 質問の意図がわからない
  • 相手の要求する答えがわからない
  • 答えたくない質問だった
  • 緊張して頭が真っ白になっている

②怒られたとき、なにも言えずに黙ってしまう。「ごめんなさい」とだけ言う。

このときも、様々な状況が考えられます。

  • 言い訳をしていると思われたくない
  • ただただ怖くて頭が働かない
  • これ以上怒られたくないから下手なことは言えない
  • 理不尽に感じているが、この場をとにかく収めたい
  • 相手がなぜ怒っているのか理解できない

どちらのパターンも、実は様々な状況があり得ますよね。
黙ったままで、相手にこの状況を察してもらうことはできません。

では、どのように伝えたらよいのか考えていきましょう。

DESC法

まずここでは、研修で学んだDESC法を簡単に以下に示します。

  • Describe:事実の描写。状況を客観的に簡潔な言葉で伝えます。
  • Express:感情の表現。言葉で冷静に伝えましょう。
  • Specify:提案をする。責任をもって具体的な提案をします。
  • Consequences:結果を伝える。「助かる」「嬉しい」など提案の効果を端的に伝えます。

困ったときこそDESC法が活用できる

では、先ほどDESC法を応用して、困ったときの対処法を考えてみましょう。

まだ解決できていない課題について、なにか打開策はないか意見を求められたが、考えがまとまっていないとき、みなさんならどう対応しますか?

あくまでも1例ですが、私ならこのように対応するというものを以下に示します。

〇〇は重要な課題ですよね。様々考えていることはあるのですが、考えがまとまっておらず、今すぐ的確に述べることは難しいです。

私に意見があるか聞いていただいたのに、期待に応えられず申し訳ありません。重要な課題についてだからこそ、今はすごく緊張してしまっていて、いきなりだったので動揺もしています。

考えをまとめ、伝える準備をする時間をいただきたいです。順番を最後にしてください。

お時間いただけると助かります。価値を与えられるよう準備したいと思います。

話を聞いていただきありがとうございました。

次からは、DESC法を用いてどのようにこのような対応法を導き出したのかを、説明していきます。

みなさんも、自分ならどのように対応するかを考えながら読み進めてみてください。

Describe:事実の描写

「黙っていたら、考えがまとまっていないからだと、相手に伝わるはず」はNG。
「聞こえていなかったのかな」「聞き方が悪かったかな」「やる気がないのか?」などと、相手を悩ませてしまいます。

まずは、端的に状況を伝えることが必要になります。相手が困る前に、すぐ説明をしましょう。

「〇〇は重要な課題ですよね。それに対して今すぐ自分の考えを的確に述べることは難しいです。考えがまとまっていません。」

Express:感情の表現

「黙っていても、申し訳なく思っていることは、相手に伝わるだろう」はNG。
状況は説明した後だとしても、「やる気がないのか?」「熱意が伝わっていないのかも」と相手は不信感を抱くでしょう。

相手を思いやり、誠実に感情を伝えましょう。

「私に意見があるか聞いていただいたのに、期待に応えられなくて申し訳ありません。重要な課題についてだからこそ、今はすごく緊張してしまっていて、いきなりだったので動揺もしています。

Specify:提案をする

「黙っていれば、順番を飛ばしてくれるだろう、今度また聞いてくれるだろう」はNG。
信頼を無くし、チャンスを逃してしまいます。

相手に解決策を考えてもらおうと甘えず、責任をもってこちらから提案しましょう。

「考えをまとめ、伝える準備をする時間をいただきたいです。順番を最後にしてください。/3分ください。/次回までに準備してきます。」

時間をもらう場合は、状況に応じて自分で期限を設けましょう。

Consequences:結果を伝える

提案の効果を示しましょう。

「お時間いただけると助かります。価値を与えられるよう準備したいと思います。」

ピンチをチャンスに変えられるように、「自分が助かる」ということだけでなく、「価値を与えられる準備をしたい」などと、相手に対する効果も、付け加えるとよいでしょう。

+α:感謝を伝える

研修で学んだDESCにプラスして、感謝を最後に伝えるとよいのでは?と考えました。

「話を聞いていただきありがとうございました。」

相手への感謝を常に忘れず、コミュニケーションをとっていきたいものですね。

これから研修を受ける方々へ

コミュニケーションがうまくいかないとき、相手や、立場、状況のせいにしてしまうのは簡単です。

しかし、この記事を読んでくださっている皆さんは、そんな時に、「本当は自分に何かできることがあったかもしれない」と考える誠実な方ではないでしょうか。

そんな方に受けてほしい研修です。コミュニケーションを考えるうえで、大切なことを学べます。

自分に何ができるのか、ぜひ考えてみてください。

研修で学んだこと

  • コミュニケーションの取り方は3つある
    →アサーティブ・パッシブ・アグレッシブ
  • 相手に認められたいと思ってコミュニケーションをとることは相手にも自分にも不誠実
  • DESC法

この記事の著者/編集者

上野美叡   

歯科クリニック開業を目指す歯科大学生。
予防歯科の考え方を浸透させ、健康に長生きできる社会づくりをしたい。
学生のうちにできる準備はしたいと考えA&PROに参加。
歯科学生プロジェクトのリーダーを務める。

するとコメントすることができます。

新着コメント

最新記事・ニュース

more

周囲への感謝の気持ちを伝えることは、人間関係を豊かにし続けます。本記事では特に私が大切にする3つの考え方をお伝えします。読み終わった後にはつい照れてしまって感謝を大事な人に伝えきれていない人も「ありがとう」と周りに言いたくなるような記事です。

須賀渉大 羽田 優作 香山 渉 3Picks

感謝は大事だと分かっているけれど、感謝を後回しにしてしまう。そんな方に、感謝の価値を改めて実感していただき、実践するための準備となるメッセージになればと思います。

「ありがとう」と人に感謝を伝えるとき、皆さんはどのようなことを意識していますか。形骸化した「ありがとう」では、お互いに実りのあるコミュニケーションをとることができません。価値のある「ありがとう」を伝え、自分自身や相手、そして組織全体にプラスの影響を生み出していきましょう。

松本 康士朗 香山 渉 2Picks

プロジェクトマネジメントを機能させる土台となるのが『理念のマネジメント』 プロのリーダーは、「権威のマネジメント」を避け、「理念のマネジメント」を構築し、維持し続ける。 「好き・嫌い」や「多数決」ではなく、説得力ある提案を互いに尊重する文化を構築したいリーダーのための研修です。

須賀渉大 髙橋開 川村杏 久野 滉大 本田花 13Picks

今月の研修:マナー・ホスピタリティ・おもてなし 突然ですが、皆さんはAさんとBさん、どちらの人と話したいですか? きっと、ほぼ全員がAさんを選ん…

今月の研修:災害時・緊急時の対応 以前、部下に信頼されるには、部下に相談するべきという記事を書きました。(部下から信頼されるリーダーになりたい)…

今月の研修:プロジェクトマネジメント(基礎1) 多くの企業、もしくは個人単位でも、ニーズを把握するために様々な取り組みが行われています。顧客のニ…

非常に重要な内容にも関わらず、なかなか記憶に定着しない、周囲のメンバーが覚えてくれない。そのような経験をはありますか。効果的に記憶を定着させるためには、「記憶のメカニズム」を理解し、活用することが重要です。

リーダーシップゼミやビジネス基礎研修で学んだことを、机上の空論とせずに実践し続けることが重要。プロジェクト年間計画をもとに毎月、リーダー同士でチ…

須賀渉大 本田花 谷口 宗郁 吉田 美結 犬山 聖存 17Picks

ずっと思い出せる経験とすぐ忘れてしまう経験。この違いはどうして生まれてしまうのでしょうか。記憶のメカニズムを学び、この違いを一緒に解明してみましょう。

組織における尊敬とは、どのようなものなのか。尊敬を大切にする組織は何を実現することが出来るのか。尊敬と組織の関係性について、紐解いていきます。

互いに尊敬し合えるチームであるためには、「尊敬する努力」と「尊敬される努力」が必要です。仲間の尊敬できる部分に目を向け、発信していくこと。この重要性を記事を通してご説明します。