連載クレドを掘り下げる -価値を提供できる人材に-

その行動、自分を守るため?生徒の成長のため?

クレド8.「人のせいにせず、常に自分ができること・できたことを考え、最善を尽くす」

 組織はフラットであり、常に全メンバーが危機意識を持ち、自分にできること・できたことを考え、改善。自分に都合の悪いことが起きても、人のせいにせず、自分にも原因を求め、サービスの質を高めます。

クレドにまつわる私のエピソード

 学習塾へウレーカで勤務させていただく中で、『人のせいにせず、最善を尽くすこと』は私自身とても重要だと考えています。

 なぜならば、私たちの活動は、生徒の人生を預かる責任ある仕事。他のメンバーのせいにしている間は、生徒の成長のためではなく、結局は自分自身にエネルギーを注いでいる状態ではないでしょうか。本当に生徒の成長のために責任を持って活動するのであれば、人のせいにしている暇はありません。

 例えば、サポートルームメンバーが、講師から託されたプリントを生徒に渡したとしましょう。そのプリントの印刷状態が薄くなっていたり、欠けていたりした場合、生徒は当然困ります。その場合、サポートルームメンバーは、講師のせいにするでしょうか?

 もちろん、ヘウレーカではそのようなサポートルームメンバーはいません。万が一、そのような事態が起こったら、我が事として対処しますし、そもそも、託された時点で、サポートルームでも責任をもって事前チェックを行うことが基本です。『人のせいにせず』というのは生徒のため、つまり顧客のため。つい、人のせいにしたくなってしまったときは、顧客のために全力を注いでいるか、自身を振り返ることが大切だと考えています。

生徒指導、そして将来医師としてどう活かすべきか

  医療現場においてミスが生じた際に、他の医師や看護師のせいにするのは無責任でもってのほか。「患者のため」を意識できていなければ、自分を守るためについ人のせいにしてしまうことは十分にあり得るでしょう。顧客の前では『人のせいにせず』を大切にし、チームでの反省会では、建設的にミスをお互いに指摘しあえる学習塾ヘウレーカの環境は将来に必ず活きると考えています。自分1人という単位ではなく、チームで動いていることを意識し、患者のために自分ができること・できたことを追究していくことでチームに貢献していきたいと思います。

この記事の著者/編集者

松崎 佑希乃 埼玉医科大学 医学部  

この連載について

クレドを掘り下げる -価値を提供できる人材に-

連載の詳細

価値を提供できる人財として重要な10のマインドが凝縮されているクレド。A&PROでは、毎日1つのマインドに焦点を当て、メンバー全員でエピソードの共有を行っています。

話題のニュース

more

目次 プロフィール私の経験談初志は唯一無二の研究者志に対する自問自答を繰り返す研究者志向から、事業家志向へ最後の学生生活1年で為すことリーダーと ...

今月の研修:リーダーシップパワー理論 信頼口座・信頼残高について、皆さん知っていますか?簡単に説明すると、信頼口座・信頼残高とは、相手からの信頼 ...

皆さんこんにちは!! A&PROの長期インターン生として活動をはじめて2年が経過した、早稲田大学4年の萩原佑太です!! 今回の記事は、本 ...

「あなたが尊敬する人は誰ですか?」 面接などの定番質問ですね。一度は聞かれたことがあるのではないでしょうか。 この質問をされたときにパッと思い浮かぶ人物はいますか? もしかしたら、今近くに尊敬できる人がいないと悩んでいる方もいるかもしれませんね。尊敬できる人に出会うことは自らの成長に繋がります。人との出会いが人生を変えることもあるのです。そこで、この記事では尊敬できる人に出会う方法をお伝えしていきます。

今月の研修:リーダーシップパワー理論 人から信頼される人間になりたい、これは誰しもが思うことではないでしょうか。さらにリーダーという立場であれば ...

今月の研修:災害時・緊急時の対応 皆さんは今この瞬間地震が起きたらどう対処しますか?火事だったら?強盗がガラスを割ったらどう行動するでしょうか? ...

他者に説明をしたり指示を出したりした際に「言っていることをなかなか理解してくれない」、「指示した通りに行動してくれない」と思ったことはありませんか? このような場面では、つい相手に非があるように感じてしまいますが、実は自分の取り組み次第でコミュニケーションの質は格段に上がるのです。そこで今回の研修で学んだ、コミュニケーションを図るうえで人の上に立つ人が心得るべきことについてご紹介します。

今月の研修:リーダーシップパワー理論 目次 リーダーシップパワー理論を人材採用へ活用するこれから研修を受ける方々へ研修で学んだことリーダーシップ ...