その行動、自分を守るため?生徒の成長のため?

クレド8.「人のせいにせず、常に自分ができること・できたことを考え、最善を尽くす」

 組織はフラットであり、常に全メンバーが危機意識を持ち、自分にできること・できたことを考え、改善。自分に都合の悪いことが起きても、人のせいにせず、自分にも原因を求め、サービスの質を高めます。

クレドにまつわる私のエピソード

 学習塾へウレーカで勤務させていただく中で、『人のせいにせず、最善を尽くすこと』は私自身とても重要だと考えています。

 なぜならば、私たちの活動は、生徒の人生を預かる責任ある仕事。他のメンバーのせいにしている間は、生徒の成長のためではなく、結局は自分自身にエネルギーを注いでいる状態ではないでしょうか。本当に生徒の成長のために責任を持って活動するのであれば、人のせいにしている暇はありません。

 例えば、サポートルームメンバーが、講師から託されたプリントを生徒に渡したとしましょう。そのプリントの印刷状態が薄くなっていたり、欠けていたりした場合、生徒は当然困ります。その場合、サポートルームメンバーは、講師のせいにするでしょうか?

 もちろん、ヘウレーカではそのようなサポートルームメンバーはいません。万が一、そのような事態が起こったら、我が事として対処しますし、そもそも、託された時点で、サポートルームでも責任をもって事前チェックを行うことが基本です。『人のせいにせず』というのは生徒のため、つまり顧客のため。つい、人のせいにしたくなってしまったときは、顧客のために全力を注いでいるか、自身を振り返ることが大切だと考えています。

生徒指導、そして将来医師としてどう活かすべきか

  医療現場においてミスが生じた際に、他の医師や看護師のせいにするのは無責任でもってのほか。「患者のため」を意識できていなければ、自分を守るためについ人のせいにしてしまうことは十分にあり得るでしょう。顧客の前では『人のせいにせず』を大切にし、チームでの反省会では、建設的にミスをお互いに指摘しあえる学習塾ヘウレーカの環境は将来に必ず活きると考えています。自分1人という単位ではなく、チームで動いていることを意識し、患者のために自分ができること・できたことを追究していくことでチームに貢献していきたいと思います。

この記事の著者/編集者

松崎 佑希乃 埼玉医科大学 医学部  

最新記事・ニュース

more

単なる就業体験では意味がない。 単なる発表会でも意味がない。参加者の能力開発にこだわった3日間の集中プログラム。 今のうちに自身の限界にチャレン…

嶋田 夏生 草野柾樹 原 駿介 星野 歩華 齋藤祐太 17Picks

復習回数を闇雲に増やしたり、ノートいっぱいに何度も書かせる記憶法は、社会に出てから通用しない。 多忙なリーダーは、重要事項を一発で覚える。 たとえそれができなくても、復習回数を最小限にし、効果的・効率的に記憶することが大切。

今や社会人に必須のスキルとされている報連相。その重要性は誰もが知るところですが、時が経つにつれて報告・連絡・相談の目的や意図が本来のものから逸れてしまい、意味を勘違いしている社会人が増えてきました。 この記事では報連相の正しい意味と活用方法について分かりやすくご紹介します。

社会は常に変化し続けています。立ち止まればどんどん遅れていくことになります。

大きな課題に怖気付いたり、ミスに落ち込んでしまう方がほとんどではないでしょうか。私も前者に近い状態です。しかし、そのような状態ながらも、大変なことに対してプラスに捉えることができるようにと心がけていることがあります。

私は正直、2日間で自分の考えがここまで大きく変わるとは参加前は思っていませんでした。 これはこの研修が、ただただ新しい知識を先生から学ぶのではなく、納得できるまで本質を考え、自分と向き合うことができるからこそだと思います。そして、何より大学生の自分に、ここまで真剣に向き合い、厳しく指導してくださる大人に出会えたからです。こんな機会滅多にないので、迷っている方はぜひ参加をおすすめします。

田村稔行 藤原穫 信宗碧 3Picks

そんな「短期間で簡単に過去の自分を変えることなんて不可能だ」と感じる方が大多数だと思います。しかしながら、自身が徹底的に弱みと向き合い続け、目標とするリーダー像に成長したいと思う意思を持っていれば、必ず変われます。この研修には、それを応援してくれる森口さんと仲間がいます。

藤原穫 田村稔行 信宗碧 3Picks

これまでにリーダーシップの研修やインターンに参加したことがある人でも、必ず新しい発見が得られる研修です。私自身、2日間という短い時間の中でひたすら考え、そして行動する習慣を身につけることができました。また、自分自身としっかりと向き合い、自分の弱さを誠実に受け止めることができるようになりました。それは、「本気で変わりたい」という気持ちを真剣に持つことができるようになったからです。

藤原穫 田村稔行 信宗碧 3Picks

この研修の中で誠実という言葉が1つ重要であった研修であったと思います。ただの事実を述べる”正直”とは違い、”誠実”は本来あるべき姿に事象を持っていくことです。リーダーは自分と向き合い、弱さに向き合い、成長していく自分に対しての誠実さはもちろん、チームのメンバー・顧客等々、あらゆる立場の人に対して誠実でなければなりません。

田村稔行 藤原穫 信宗碧 3Picks