その行動、自分を守るため?生徒の成長のため?

クレド8.「人のせいにせず、常に自分ができること・できたことを考え、最善を尽くす」

 組織はフラットであり、常に全メンバーが危機意識を持ち、自分にできること・できたことを考え、改善。自分に都合の悪いことが起きても、人のせいにせず、自分にも原因を求め、サービスの質を高めます。

クレドにまつわる私のエピソード

 学習塾へウレーカで勤務させていただく中で、『人のせいにせず、最善を尽くすこと』は私自身とても重要だと考えています。

 なぜならば、私たちの活動は、生徒の人生を預かる責任ある仕事。他のメンバーのせいにしている間は、生徒の成長のためではなく、結局は自分自身にエネルギーを注いでいる状態ではないでしょうか。本当に生徒の成長のために責任を持って活動するのであれば、人のせいにしている暇はありません。

 例えば、サポートルームメンバーが、講師から託されたプリントを生徒に渡したとしましょう。そのプリントの印刷状態が薄くなっていたり、欠けていたりした場合、生徒は当然困ります。その場合、サポートルームメンバーは、講師のせいにするでしょうか?

 もちろん、ヘウレーカではそのようなサポートルームメンバーはいません。万が一、そのような事態が起こったら、我が事として対処しますし、そもそも、託された時点で、サポートルームでも責任をもって事前チェックを行うことが基本です。『人のせいにせず』というのは生徒のため、つまり顧客のため。つい、人のせいにしたくなってしまったときは、顧客のために全力を注いでいるか、自身を振り返ることが大切だと考えています。

生徒指導、そして将来医師としてどう活かすべきか

  医療現場においてミスが生じた際に、他の医師や看護師のせいにするのは無責任でもってのほか。「患者のため」を意識できていなければ、自分を守るためについ人のせいにしてしまうことは十分にあり得るでしょう。顧客の前では『人のせいにせず』を大切にし、チームでの反省会では、建設的にミスをお互いに指摘しあえる学習塾ヘウレーカの環境は将来に必ず活きると考えています。自分1人という単位ではなく、チームで動いていることを意識し、患者のために自分ができること・できたことを追究していくことでチームに貢献していきたいと思います。

この記事の著者/編集者

松崎 佑希乃 埼玉医科大学 医学部  

最新記事・ニュース

more

皆さんがリーダーを務める組織にはMVVやスローガンと言ったメンバー全員が認識している「共通目標」はありますか? そして、今その「共通目標」を何も見ずに口ずさむことができますか? もし、一度決めたことがある共通目標が形骸化してあまり浸透していない場合は私と同じ苦悩を経験するかもしれません。

大庭彩 1Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1~3を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「自分と仕事をしたいか」と思われているかどうかは他者の言動を大きく変化させます。相手方の時間を頂いているという認識があなたの評価を変えるでしょう。適切な準備を行うことで周囲と豊かな関係性を築きたい方に必見の記事です。

大庭彩 香山 渉 谷口 宗郁 3Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「周りの声を意識して思っていることを伝えられず、自分だけが辛い思いをしている...。」「それもあって、周りに対して愚痴が溜まっている...。」この悪循環を引き起こすコミュニケーションを、A&PROではPassive(受身的)なコミュニケーションと捉えます。そして悪循環を解決させるには、「Passive(受身的)」を「Assertive(自己主張的)」へ変容させていくことが重要です。

矢後慶樹 前田佳祐 大庭彩 3Picks

「メラビアンの法則」や「真実の瞬間」と向合い、各メンバー自身がブランド形成の重要要素であることを自覚していきます。 「目配り」「気配り」「心配り」の各段階を理解し、「マナー」「サービス」「ホスピタリティ」「おもてなし」の違いについて研究。 「マニュアル」「サービス」を理解・実践するのは当然。 「ホスピタリティ」「おもてなし」を顧客・メンバーに提供したいリーダーのための研修です。

メンバーに尊敬されるリーダーは当たり前ですが、メンバーを尊敬できるリーダーは少ないのではないでしょうか? 今回の記事ではメンバーを尊敬することで得られるメリットについてご紹介していきます。

大庭彩 1Picks

知識として体系化されているプロジェクトマネジメント。 ただし、頭で理解していても習慣化できていないと、顧客やステークホルダーの期待値とは程遠い『自己満足なプロジェクト』となってしまう。 各種マネジメントツールにもてあそばれず、プロジェクトマネジメントの本質を理解し、やるべきことを実践し続ける。 そんな責任あるリーダーを対象とした研修です。